映画『前田建設ファンタジー営業部』特集  vol. 1

Interview

「マジンガーZの格納庫」を現実世界に作るとどうなるの? 高杉真宙&岸井ゆきの、マニア心全開で楽しんだ快作『前田建設ファンタジー営業部』

「マジンガーZの格納庫」を現実世界に作るとどうなるの? 高杉真宙&岸井ゆきの、マニア心全開で楽しんだ快作『前田建設ファンタジー営業部』

アニメやマンガに登場する秘密基地を現実に作ろうとしたら、果たしてどのくらいの予算がかかるのか!? 高度経済成長期にダム、トンネル、発電所など数々のビッグプロジェクトに携わってきた「前田建設工業株式会社」が、そんな素朴な疑問(の見積もり)にガチで挑戦した! 新たな市場=ブルーオーシャンを求めて、二次元の世界へ飛び込んだ実在の企業、その名も『前田建設ファンタジー営業部』の奮闘の日々が、このほど映画化。2020年1月31日(金)より全国公開がスタートする。

当初は冷静かつドライながら、上司や周囲の熱量に影響され感化されていく若きサラリーマン・ドイ役を高杉真宙が、やはり周りにほだされていく広報グループの紅一点・エモト役を岸井ゆきのが、それぞれ“覚醒”していく過程に絶妙なグラデーションをつけながら好演。そんな二人が撮影の日々を振り返りつつ、互いのマニアックな話題で盛り上がった。

取材・文 / 平田真人 構成 / 柳 雄大
撮影 / 松川 忍


「本気で格納庫を作ろうと思っていました」(高杉)
「これは楽しい撮影になりそう、という予感」(岸井)

“『マジンガーZ』の格納庫を実際に作ったらどうなる?”という、奇想天外な発想から出発していつつも、ちゃんと建設業界の「お仕事」を描いていて、見ていてワクワクさせられる映画でした。自分もこの前田建設ファンタジー営業部に入りたいなって思いましたよ(笑)。

高杉真宙 そうですよね、僕も同じふうに思いました(笑)。元々、アニメが好きだということもありますし、英さん(はなぶささん、本作の英勉監督)たちとまたご一緒できるというだけでも「出たい!」という気持ちになりましたし、何より、こういうアツい作品が純粋に好きなので、このキャストの一員になれたことが、本当にうれしくて。

お二方は『マジンガーZ』という作品をどんなふうに認識していたのでしょうか?

高杉 僕は水木一郎さんの歌うオープニングテーマとタイトルバックを、小さい頃にテレビの懐かしのアニメ特集か何かで見て、それで何となく存在を知っていたという感じです。

岸井ゆきの 私も『マジンガーZ』の歌は知っていたんです。ただ、作品そのものに関しては、全く理解していなくて。英さんがたくさんの資料を持っていらっしゃったので、それを見せていただいたりして勉強しました。

衣装合わせの時、「これだよ、これ」って資料を見せてくださるんですよ。ドッグイヤー(折り目を付けること)した関連本をめくりながら「ほら、ここ。これ見て!」って。そうおっしゃる姿がすでにアサガワさん(小木博明が演じる、ファンタジー営業部の熱血上司)そのもので、「これは楽しい撮影になりそう」っていう予感があったんです。実際、その通りになりました(笑)。

自分も、本多力さん演じるチカダが「ブレスト」(ブレインストーミングのこと)というワードに反応して「ブレストファイヤー」(マジンガーZの必殺技)と言ったシーンでは、「キタ~!」と思ったクチです(笑)。

高杉 チカダさん、というか本多さんがまた、チョコチョコとアドリブを入れていらっしゃって(笑)。舞台版の『前田建設ファンタジー営業部』にも出ていらっしゃったから、その辺のネタをブッ込んできて、素で笑いそうになるのが大変でした。

あと、笑ったのが『マジンガーZ』のオープニング映像をみんなで見ながら、「この何秒目のところ。はい、ここで止めて!」と何度も確認するシーンです。

高杉 アニメに関しては、やりがちというか……あれは確かにやらなくはないな、と思います。映画なんかでもDVDやBlu-rayを見ていて、「このシーンのこのカット割りの、ここ!」みたいな見方をすることがあるので。でも、それ以上に……「ファンタジー営業部」の人たちはみなさん、クセが強いですよね。「作画が安定してない」という指摘とか、めちゃめちゃオタク目線ですし(笑)。

その絵の違いを真に受けて、「これ、どうします?」って真剣に悩んでいるのがおかしいですよね(笑)。

高杉 やっている僕たちも、あの瞬間は本当に真剣でしたから。

岸井 だから「ファンタジー営業部」と言いつつ、終盤はリアルに(マジンガーZの格納庫を)つくろうとしてたよね?

高杉 してましたね、ガチで。登場人物みんなの夢が詰まってましたから。

作中のキーポイントになった“エモト、宇宙へいく”の表情はどうやって生まれたのか?

最初はアサガワさんだけの情熱と熱量だったのが、どんどん周りに伝播していくのも面白かったですし、ワクワクしました。

岸井 エモトなんて、意識が“宇宙”に行っていた(=周りのマニアックさについていけず、居眠り状態になってしまう)くらいの興味のなさだったのに、土質のヤマダさん(演:町田啓太/劇団EXILE)の掘削に対する豊富すぎる知識量と熱意に感化されていくという(笑)。

でも、実際にトンネルを掘削している現場にいくシーンがあるんですけど、私自身もすごくテンションが上がったんです。本当にたくさんの従業員の方がいらっしゃったことにも驚いたんですけど、掘削現場で実際に巨大なドリルでガッガッガッと掘っていくのを目の当たりにしたら……衝撃と感動で震えましたし、本当にワクワクして楽しくなってしまって。そのくらい、自分の中でも世界観が変わってしまうような出来事だったんです。

(シナリオでも)当初、やる気のなかったエモトがキラキラしていくタイミングがどこになるか、実はハッキリと決まっていたわけじゃなかったんですよ。でも、私自身の掘削を見る目がキラッキラしていたので、英さんたちとも「ここからだね」っていう話になって。あの日から道路だったり、トンネルに対する見方も変わりました。

前田建設ファンタジー営業部 岸井ゆきの WHAT's IN? tokyoインタビュー

ご自身でも本当に世界観が変わったんですね。そういえば、エモトが“宇宙”に行っちゃう時の、あの印象的な表情や仕草というのは、岸井さんの発明だったんですか? それとも英監督の演出ですか?

岸井 台本上も「寝る」とは書かれていないんですよ。ト書きが「エモト、宇宙へいく」っていう表現になっていて。なので、私なりに“宇宙”へ行った時の顔をしてみたら、英さんから「あ、それがいい、OK!」って言われて。ただ、その時に自分がどんな顔をしていたのかモニターで確認していなかったので、試写を観て初めて、「こんな顔になっていたんだ!」と知ったんですよ(笑)。意識して寄り目をしていたわけじゃなかったんです。

高杉 いやいや、あの表情は素敵でした。僕も試写を観ながら、今日の取材で話すポイントを押さえておこうと思って紙に書き出していたんですけど、「エモトさんの“宇宙”」ってバッチリ書いてました(笑)。

岸井 何かすっごく大きなモノになってる(笑)!

前田建設ファンタジー営業部 高杉真宙 WHAT's IN? tokyoインタビュー

実際、「エモトさんの“宇宙”」は、この映画の大きなトピックの一つですよね。

高杉 本当、そう思います。“宇宙”のシーンは何回かありますけど、どれも絶妙なタイミングで入ってくるんですよね。あと、「ヤマダさんとの出会い:プライスレス」とか(笑)。

岸井 面白かったよね、お芝居していても(笑)。ああいう職場、素敵だなぁ。

あと、何でしたっけ、掘削の時に出る“じり”じゃなくて……(笑)。

高杉 あ、“ずり”(掘削ずり=岩盤)ですね。

岸井 “ずり”が出るんですよ、本当に!?(笑)。しかも、“ずり”を回収するのにも結構な予算がかかりますからね。

高杉 その辺りから六角さん(六角精児=機械グループ部長・フワ役)が出てきて。また、絶妙にかっこいいんですよ。めっちゃ素敵でした。

岸井 六角さん、すごくナチュラルなんです。セリフを覚えて言っているというより、ご自身の知識があふれ出ている感じがあって、単純に「ふむふむ」って聞き入っていました。私は六角さんと絡むのはワンシーンだけだったんですけど、フワさんと(高杉が演じる)ドイくんがダムに行くシーンを試写で観て、「私も行きたかった…」って思ってしまいました(笑)。

高杉 ダム見学のシーン、実際に素で六角さんに説明をしてもらっていたという感じでしたから(笑)。でも、ダムというものの仕組みを知るほどに、すごく精密な機器であると理解できたのも楽しかったです。放流のために開ける時の動作がすごくロボットっぽくて、めちゃめちゃテンションが上がりました。

この『前田建設ファンタジー営業部』が実在するというのも、夢がある話ですよね。

岸井 アサガワさんのモデルになった岩坂さんという方が、いつも現場にいらっしゃって、何か疑問だったり訊きたいことがあると全部教えてくださったんですよ。しかも、一つ訊くと十になって返ってくるぐらい、詳しく答えてくださって。

高杉 それこそヤマダさんっぽかったりもして。

岸井 お話を聞いているのが楽しかったですし、「このお仕事が本当に大好きで、楽しんでいらっしゃるんだなぁ」という気持ちがにじみ出ていて、とても素敵でした。

1 2 >
vol.1
vol.2