山口洋のSeize the Day/今を生きる  vol. 76

Column

ポール・サイモン / The Concert in Hyde Park

ポール・サイモン / The Concert in Hyde Park

シンガーソングライターは数々いるけれど、これほど知性と創造性を兼ね備え、世界を横断し、時を超えて世に名曲を送り出してきた人は他にいないだろう。
サイモン&ガーファンクルとしてデビューして半世紀以上。その尽きることのない才能は、音楽そのものへの真っ直ぐな情熱に支えられている。
十代の志をいまも持ち続ける山口洋ならではの感性と、尖った筆で書き下ろす連載第76回。


ソニーの担当者氏が、ポール・サイモンが2012年にハイド・パークで行なったコンサートのライヴ・アルバムを送ってくださった。2CDとDVDの3枚組。僕はこのアルバムの存在を知らなかったのだが、以来車の中でずっとヘビー・ローテーション。あらためてポール・サイモンという人の破格の才能にのけぞっている。

サイモン&ガーファンクル時代の美しい旋律とハーモニー。そこに宿るみずみずしい切なさ。ソングライティングの圧倒的な才気。静けさの中に貫かれる芯の強さ。ヴェトナム戦争、アパルトヘイト、世界の情勢にアーティスト個人として静かに呼応すること。世界中のリズムに精通し、新しい形のワールド・ミュージックに僕らを誘ってくれたこと、エトセトラ、エトセトラ。

どの時代の音楽もエヴァーグリーン。決して色褪せることはない。混迷の今を生きる僕らに、音楽を通じてサヴァイヴするためのヒントを与えてくれる。尊大にではなく、とても個人的に。

コンサートは彼の50年に渡るキャリアを網羅する形で進行していく。特筆すべきは南アフリカで録音された名盤『グレイスランド』(1986年)をオリジナルメンバーで披露するあたり。

このアルバムを聴いたときの衝撃は忘れられない。僕は23歳でデビュー前だったが、イントロのアコーディオンから始まるシャッフルのリズム。すべてのミュージシャンのリズムに独特な「訛り」があって、新しく、そして土着的でいてクール。スクエアではなく、たまらなくグルーヴィー。それまでに聴いたことがない類の音楽だった。そこに決して線が太くはないポール・サイモンの声がのっかって、こう歌われる。

The Boy In The Bubble(from “Graceland”) 意訳 : 山口洋

These are the days of miracle and wonder
今や奇跡と驚愕の日々

This is the long distance call
長距離電話

The way the camera follows us in slo-mo
スローモーションで捉えられるカメラ

The way we look to us all
己を見つめる視線

The way we look to a distant constellation
遠い星座を見つめる視線

That’s dying in a corner of the sky
空の片隅で死に瀕している

These are the days of miracle and wonder
今や奇跡と驚愕の日々

And don’t cry baby, don’t cry, Don’t cry
だから泣かないで、ベイビー、泣かないで

僕はパンクロッカー上がりだから、かなりの部分で音楽も見た目から入る。そんな意味で、決してルックスがいいとは言えない(失礼)彼の音楽にノックアウトされるには、随分と遠回りをしたけれど、今を生きるソングライターの中でもっとも知性と創造性を兼ね備えた人物だと思っている。

最近ともだちから1975年の名盤『Still Crazy After All These Years (邦題 : 時の流れに)』をアナログ盤でプレゼントされ、久しぶりに聴いてみたら、以前は気づかなかったその音楽の深さに驚いた。これはリビング・ルームでヘビロテ中。

最初の音。フェンダーローズが鳴った瞬間、部屋の空気が変わる。時空が少し歪む。そして中空にその日の自分の心象が映しだされる。よくも悪くも。そんな音楽なかなかない。それをどう生かすかは自分次第。

さて、Paul Simon / The Concert in Hyde Park。全キャリアを網羅しているゆえ、彼の音楽をこれから深く知りたい人にもこころからお勧めできる。

あなたの感性にひっかかった時代の曲から、深遠な彼の世界に入っていくのはどうだろうか?

僕もまだまだやり残したことがあると、毎日車の中で彼に励まされている。

感謝を込めて、今を生きる。


ポール・サイモン Paul Simon

1941年アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身のシンガーソングライター。小学校時代からの友人、アート・ガーファンクルとのユニット、サイモン&ガーファンクルとして『水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning, 3 A.M)』を1964年にリリース。発売当初は注目されなかったが、ラジオで「The Sound Of Silence」がオンエアされたのをきっかけに65年にシングルとしてリリース。翌年1月ビルボード第1位のヒットに。同曲は映画『卒業』のテーマ曲にもなり、「ミセス・ロビンソン」、「明日に架ける橋」とともに日本でも大ヒット、フォーク・ロック・ミュージシャンとして一世を風靡した。70年からソロ活動を開始。ラテン、レゲエ、アフリカ音楽など第三世界の音楽をいち早く積極的に取り入れた。75年、アルバム『時の流れに (Still Crazy After All These Years)』を発表。グラミー賞の最優秀アルバム賞と男性ポップ・ボーカル部門の2部門を受賞した。86年、新境地ともいえるアフリカの民族音楽を取り入れた『グレイスランド (Graceland)』は世界的なヒットとなり、1600万枚を超えるセールスを記録した。2011年、5年ぶりの新作『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ワット(So beautiful or so what)』を発表。アフリカやブラジルで吸収したサウンドに、ブルーグラス、ゴスペルなども組み合わされた集大成ともいえる作品で、ローリング・ストーン誌、オール・ミュージック・ガイドなど各メディアは総じて『グレイスランド(Graceland)』以来の傑作と絶賛した。2016年、ソロになって13作目となる『Stranger to Stranger』はエレクトロ音楽で有名なイタリアのClap! Clap!とのコラボレーション、現代音楽家のハリー・パーチ自作の楽器などを使い、74歳にして、さらなる新境地を切り開いた。
2006年、米タイム誌(Time magazine)は「世界で最も影響力のある100人」の一人に、政治家や哲学者、科学者らと共に、ポール・サイモンを選んでいる。繊細な比喩と韻を多用した歌詞は、詩人としても高い評価を受けており、ノーベル文学賞受賞者のデレック・ウォルコットも賞賛するほど。ギター・テクニックにも定評がある。
2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第93位。
1968年の「ミセス・ロビンソン(Mrs.Robinson)」(最優秀レコード賞等、計2部門)、1970年の『明日に架ける橋 (Bridge Over Troubled Water)』(最優秀アルバム賞等、計5部門)、1975年の『時の流れに (Still Crazy After All These Years)』(最優秀アルバム賞等、計2部門)、1987年の『グレイスランド (Graceland)』(最優秀アルバム賞等、計2部門)など、史上最多となる13のグラミー賞を受賞している。


『ザ・コンサート・イン・ハイド・パーク/THE CONCERT IN HYDE PARK』

SICP5534-6 ¥4,800+税 ソニー・ミュージックより発売中
CD2枚+DVD 解説・歌詞・対訳付 DVD収録時間:約132分

2012年7月15日、ロンドンで行われたハード・ロック・コーリング・フェスティバルでの最終日。ヘッドライナーとして登場したポール・サイモン&バンドとともにアルバム『グレイスランド』に参加していたミュージシャンとスペシャル・ゲストが参加し、ザ・ガーディアン紙が「彼のキャリア史上に残るコンサートの一つ」と絶賛した3時間に及ぶ歴史的コンサートの記録。

セットリストはグラミー受賞から25周年を迎えた傑作『グレイスランド』からの曲を中心に「僕のコダクローム」「僕とフリオと校庭で」「恋人と別れる50の方法」等全キャリアから選ばれた名曲の数々を網羅。オリジナル・グレイスランド・ミュージシャン(ヒュー・マセケラ、レディスミス・ブラック・マンバーゾら)に加え、サプライズ・ゲストにレゲエの神様ジミー・クリフが登場。オリジナル曲「ハーダー・ゼイ・カム」と「遥かなる河」(この2曲はDVDのみに収録)を演奏し、ポール・サイモンを迎えて「ヴェトナム」、「母と子の絆」を共演した。50年の歳月を越えて旅するミュージシャンの真価が詰まった不朽のソングブック。日本盤はCD2枚にDVDを加えた3枚組に、16ページのカラーブックレット、書き下ろし解説と歌詞・対訳を掲載した日本版ブックレット付き(2017年作品)。

『グレイスランド/GRACELAND』

SICP-30039 ¥1,800+税 ソニー・ミュージックより発売中

レディスミス・ブラック・マンバーゾなど南アフリカのミュージシャンたちと共に制作したソロ8作目。アパルトヘイトの問題に一石を投じ、さまざまな議論を巻き起こすと同時に、ワールド・ミュージックという新たな潮流を生み出した歴史的な一枚 (全米3位・全英1位を記録)。グラミー賞「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。⑥「コール・ミー・アル」、エヴァリー・ブラザーズをフィーチャーした②「グレイスランド」などがシングル・カットされた(1986年作品)。

『時の流れに/Still crazy after all these years』

SICP-30038 ¥1,800+税 ソニー・ミュージックより発売中

スティーヴ・ガッド(ds)、マイケル・ブレッカー(ts)、ボブ・ジェイムス(key)、リチャード・ティー(p)らジャズ系のスタジオ・ミュージシャンを多数起用して制作された5枚目のソロ・アルバム(全米アルバム・チャート第1位)。フィル・ラモーンが共同プロデュース。サイモン&ガーファンクルを解散してから久しぶりにアート・ガーファンクルとデュエットした「マイ・リトル・タウン」が先行シングル・カットされ、全米9位を記録。他にシングル「恋人と別れる50の方法」は全米1位を獲得した。翌年のグラミー賞で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」など2部門を受賞した(1975年作品)。


著者プロフィール:山口洋(HEATWAVE)

1963年福岡県生まれ。1979年にHEATWAVEを結成。90年、アルバム『柱』でメジャー・デビュー。1995年発表のアルバム『1995』に収録された「満月の夕」は阪神・淡路大震災後に作られた楽曲で、25年を経て現在も多くのミュージシャン、幅広い世代に歌い継がれている。“ミュージシャンズ・ミュージシャン”としてその名を挙げるアーティストも多く、近年は野外フェスやR&Rイベントへの出演も多い。バンド結成40周年となる2019年は、40thツアーとして全国6ヵ所を廻り、スタジオ・アルバムとしては2年ぶりとなる新作『Blink』をリリースした(オフィシャルサイト、レコード店、大手通販サイト、配信などにて販売中)。1月28日浜松 窓枠から古市コータロー(コレクターズ)とのユニット“50/50”のfirst tour 2020『俺たちの場所』が、2月16日青森県弘前市 Robbin’s Nest (ロビンズネスト)から山口洋(HEATWAVE) solo tour『Blink 40』が、それぞれスタートする。2月8日には佐野元春の名盤『Café Bohemia』を複数のミュージシャンで演奏するイベントにも出演。

オフィシャルサイト
http://no-regrets.jp/index.html

ライブ情報

50/50 (山口洋&古市コータロー) first tour 2020『俺たちの場所』

1月28日(火)  浜松 窓枠
2月4日(火)  神戸 VARIT.*SOLD OUT
2月14日(金)  仙台 CLUB JUNK BOX *SOLD OUT
2月19日(水)  いわき club SONIC iwaki
3月5日(木)  吉祥寺 STAR PINE’S CAFÉ *SOLD OUT

詳細はこちら

新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS 佐野元春『Café Bohemia』*イベント出演

2020年2月8日(土)  LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)
【出演】佐野元春
GLIM SPANKY、小坂忠、田中和将(GRAPEVINE)、堂島孝平、中村一義、山口洋(HEATWAVE)、山中さわお(the pillows)、RHYMESTER、LOVE PSYCHEDELICO ※五十音順
THE HOBO KING BAND <古田たかし(Dr)、井上富雄(B)、Dr.kyOn(Key)、長田進(G)、山本拓夫(Sax)>

詳細はこちら

山口洋 (HEATWAVE) solo tour『Blink 40』

2月16日(日) 青森県弘前市 Robbin’s Nest (ロビンズネスト)
2月24日(月・祝) 千葉県千葉市 Live House ANGA (アンガ)
2月27日(木) 静岡県静岡市 LIVE HOUSE UHU(ウーフー)
2月29日(土) 岡山県岡山市 BLUE BLUES (ブルーブルース)
3月3日(火) 愛知県名古屋市 TOKUZO
3月14日(土) 茨城県水戸市 Jazz Bar Bluemoods (ブルームーズ)
3月26日(木) 京都府京都市 coffee house 拾得 (Jittoku)
3月28日(土) 高知県高知市 シャララ
3月30日(月) 香川県高松市 Music&Live RUFFHOUSE (ラフハウス)
4月1日(水) 大阪府大阪市 南堀江 knave(ネイブ)
4月3日(金) 愛知県豊橋市 HOUSE of CRAZY (ハウスオブクレイジー)
4月8日(水) 神奈川県横浜市 THUMBS UP (サムズアップ)

詳細はこちら

HEATWAVE OFFICIAL SHOP

vol.75
vol.76
vol.77