Report

秋組が絆を深め挑む舞台。MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~開幕

秋組が絆を深め挑む舞台。MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~開幕

MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~が1月18日(土)より品川プリンスホテル ステラボールにて上演中だ。
原作は配信開始から3周年を迎えたイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』。様々なコラボ展開やイベント開催に加え、アニメ化もスタートして勢いを増している。
舞台化シリーズであるMANKAI STAGE『A3!』は“エーステ”の愛称で親しまれ、今回で5作目の上演。今作は作中の劇団「MANKAIカンパニー」にある“春夏秋冬”4つの組の中でも、ハードなアクションを得意とする秋組がメイン。彼らが不器用ながら真摯に互いのことを思いやり、ぶつかり合いながら成長を遂げていく姿が描かれる。
初日前日に行われたゲネプロと会見の模様をお届けしたい。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ


仲間とのつながりなくして作品は成立しない

初演である2018年のMANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~、2019年のMANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~で、メインストーリーと各組の旗揚げ公演を劇中劇として上演。劇団「MANKAIカンパニー」がかつてのにぎやかさを取り戻すまでを描いた“エーステ”。その後、各組の単独公演がスタートして、第二回・第三回公演を2幕構成で上演してきた。

今作では春組、夏組からバトンを託された秋組の第二回公演『異邦人』、第三回公演『任侠伝・流れ者銀二』のストーリーが展開する。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

まずはゲネプロの模様をレポートする。

冒頭、無音の中で秋組メンバーがこれまでの後悔を吐露する独白から始まった物語は、秋組リーダー・摂津万里(水江建太)の台詞をキッカケとして一気に空気が変わる。

ギラギラと燃えるような照明とハードロックなテイストにアレンジされたオープニング曲。男らしい秋組にピッタリの色合いだ。突き上げる拳が力強く、物語への期待値を高めていく。

第一幕で綴られる第二回公演は荒廃した近未来を舞台にした『異邦人』。主演に抜擢されたのは伏見 臣(稲垣成弥)だ。穏やかな物腰でカンパニーを包み込んでくれるような存在だが、一歩引きがちな姿勢が芝居でマイナスに作用しないようにと古市左京(藤田 玲)から指名され、秋組メンバーたちも賛成する。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

臣は昔、地元最強と恐れられた暴走族に所属していたが、抗争で亡くした親友の意志を継いで役者を目指したのが劇団に入るキッカケだった。カンパニーで過ごすうちに役者は自分の夢ともなっていたが、昔を知る新庄リョウ(里中将道)と再会し、現状を責められたことで動揺してしまう。

一方、ヒロイン役として準主演を務めることになった七尾太一(赤澤遼太郎)も、初めての女性役に悪戦苦闘。うまく運ばない稽古に苛立つ万里は、元々の仲の悪さも手伝って兵頭十座(中村太郎)と一触即発状態に。ギクシャクしたチームに左京も頭を抱える……。

不器用な性格が災いして、なかなか素直になれない秋組メンバーたち。だが冒頭で語られたように、それぞれどこかで“後悔”を味わったことのある彼らだからこそ、もう取りこぼさないとばかりに必死にもがいていく。

その手助けをしてくれるのが、春組の皆木 綴(前川優希)や夏組の皇 天馬(陳内 将)、向坂 椋(野口 準)たち。素直になれない秋組面々の背中を押す姿に、カンパニーの仲間としての絆が感じられる。
万里と十座、ぶつかり合っていたふたりが同じ想いで悩んでいる様は歌唱として昇華されており、熱い場面だ。

彼らが少しずつ歩み寄っていく過程と、その前進をお互いに認め合う様子をこうして見届けられることが、この舞台の観客=監督(『A3!』におけるプレイヤーのポジション)として最高の醍醐味だと思う。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

そして第一幕のクライマックスとして上演される劇中劇は、悩みを突き抜けた彼らの集大成。ガラリと変わる声色やキャラクター、迫力のアクション。等身大の悩みや生活が描かれたあとだからこそ、独特の世界観のなかで全身を震わせて叫び尽くす姿が迫った。

伏見 臣 役の稲垣成弥は亡き親友を想う繊細な芝居と、劇中劇での体格を生かしたダイナミックなアクションで惹きつける。七尾太一 役の赤澤遼太郎は陽気なキャラクターでコミカル部分や調整役を担い、芝居の流れに緩急を生み出してみせた。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

第二幕は、古市左京が主演を務める第三回公演『任侠伝・流れ者銀二』。
年長者として秋組のみならずカンパニー全体を引き締める存在となっている左京の本職はヤクザ。任侠モノで左京は本領発揮、秋組メンバーもすっかり任侠の世界にハマって、このまま舞台も大成功……かと思いきや、ひょんなことからすれ違いが起きてしまい、左京と秋組メンバーの間に溝ができてしまう。

大事なことをまっすぐに伝えることの難しさと、その大切さ。誰しもどこかの局面でぶつかる問題とも言えるが、ここで大きく作用するのが、彼らが“役者”であることだ。
舞台はひとりでは成立しないし、役者はひとりでは役者になれない。もちろん人としてもひとりで生きていくことは難しいことだけれども、彼らは本番という期限とステージを控えており、その焦燥がよりダイレクトだ。

秋組のメンバーは一度孤独感を味わい、そのあとで「MANKAIカンパニー」という絆を見つけて舞台に立っているだけに、仲間とのつながりなくして作品は成立しないことを知っている。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

言葉にできないもどかしさが秋組メンバーの立ち振る舞いから漂うたび、見守る側もソワソワと不安になるが、ここでは冬組の雪白 東(上田堪大)が左京に寄り添い、秋組メンバーもそれぞれに悩みを打ち明けていく。
かつては誰にも頼らないとばかりに尖っていたメンバーが心を開く様子に、心の芯が温かくなる心地がした。

その深まりをもって繰り広げられる劇中劇は男気と気迫が漲っており、一瞬たりとも目が離せない。
古市左京 役の藤田 玲が見せる背中の大きさ、兵頭十座 役の中村太郎が無骨さの中から覗かせる優しさは、切磋琢磨を続ける役者たちの努力の証だ。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

左京の舎弟である迫田ケン(田内季宇)や劇場支配人の松川伊助(田口 涼)のほんわかした空気も団結感に一役買っていることはもちろん、舞台に姿を現すことはなくとも、コーチとしてカンパニーの面倒を見てきた鹿島雄三(滝口幸広)の存在もしっかりと感じられる。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

カッコいいです。ほかの組よりも男っぽい印象

この後は、会見のコメントをお届けする。

初日前日会見には、秋組メンバーの摂津万里 役・水江建太、兵頭十座 役・中村太郎、七尾太一 役・赤澤遼太郎、伏見 臣 役・稲垣成弥、古市左京 役・藤田 玲、そして第一幕のストーリーでキーとなる新庄リョウ 役・里中将道が登壇。
開幕を待ちわびる監督(=観客)に向けてメッセージを送った。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

まずは水江建太が「初日に向けて今まで稽古で積み重ねたものを全力でぶつけていきます! よろしくお願いします」と挨拶。
中村太郎も「秋組らしくぶちかましてやっていきたいと思います!」と強く意気込んだ。

赤澤遼太郎は「春組、夏組と単独公演を重ねてきて、お客様の期待もとても大きいかと思いますが、それをはるかに超えるような秋組単独公演になっていると思います。ぜひ皆様楽しみにしていてください!」とニッコリ。

稲垣成弥は「今回は一幕の劇中劇『異邦人』で主演を務めるので、今までやってきたことを存分に発揮して頑張りたいと思います。第一幕が始まってから劇中劇までがひとつのパッケージだと思っているので、臣が変わった瞬間をお見せできれば。そして二幕では主演の左京さんを支えられるように頑張っていきたいと思います」と、見どころを明かした。

藤田 玲も「春組、夏組とみんな必死にバトンをつないできてくれたので、また秋組が冬組にバトンをつなげるように、しっかりと僕らの仕事をしたいと思います。そして一幕は臣、二幕は左京主演の劇中劇ですが、皆さんの期待を超えられるようなものになっていると思います。ぜひ楽しみにしていてください」とアピール。

里中将道は「僕は初の2.5次元舞台出演となるので、すごく楽しみにしています。秋組の皆さんと、一公演一公演全力で頑張ります!」とコメントした。

その後行われた質疑応答では、初めて“エーステ”に参加した里中が秋組の印象を尋ねられて「カッコいいです。秋組は男っぽい印象があって、男の子が観ても面白い、憧れる舞台になっているのではないかと思います」と語り、秋組メンバーがそれぞれお互いを振り向きながら「嬉しいね」と微笑み合う姿などが見られた。

MANKAI STAGE A3! ~AUTUMN 2020~ エンタメステーションレポート

品川プリンスホテル ステラボールでの上演は1月26日(日) まで。その後、1月31日(金)~2月2日(日) アイプラザ豊橋にて愛知公演、2月6日 (木)~16日(日) AiiA 2.5 Theater Kobeにて兵庫公演、2月20日(木)~3月1日(日)には再び品川プリンスホテル ステラボールにて東京凱旋公演が行われる。

3月1日(日)の大千秋楽公演はDMM.comでのLIVE配信と、全国各地の映画館にてライブビューイングが実施予定。さらに舞台上で歌われたボーカル楽曲と一部BGMの収録が予定されたCDが4月22日(水)、本公演のBlu-ray&DVDが7月15日(水)に発売することが決定している。

MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~

東京公演:2020年1月18日(土)~1月26日(日)品川プリンスホテル ステラボール
愛知公演:2020年1月31日(金)~2月2日(日)アイプラザ豊橋
兵庫公演:2020年2月6日(木)~2月16日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe
東京凱旋公演:2020年2月20日(木)~3月1日(日)品川プリンスホテル ステラボール

<ライブビューイング>2020年3月1日(日)13:00〜
詳細はこちら
<DMM.com LIVE配信>2020年3月1日(日)13:00〜
詳細はこちら

原作:イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』
演出:松崎史也
脚本:亀田真二郎
音楽:Yu(vague)
振付:梅棒

出演:
【秋組】
摂津万里 役:水江建太
兵頭十座 役:中村太郎
七尾太一 役:赤澤遼太郎
伏見 臣 役:稲垣成弥
古市左京 役:藤田 玲

【春組】
皆木 綴 役:前川優希
【夏組】
皇 天馬 役:陳内 将
向坂 椋 役:野口 準
【冬組】
雪白 東 役:上田堪大

新庄リョウ 役:里中将道
迫田ケン 役:田内季宇
松川伊助 役:田口 涼

【アンサンブル】
伊藤智則
川村玲央

主催:MANKAI STAGE『A3!』製作委員会
(ネルケプランニング、ポニーキャニオン、リベル・エンタテインメント)

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@mankai_stage)

©Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. ©MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2020

「MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 20209~」MUSIC Collection 発売

発売日:2020年4月22日(水)
価格:¥3,000(税別)
収録予定:ボーカル楽曲13曲+BGM楽曲

MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ Blu-ray&DVD 発売

発売日:2020年7月15日(水)
価格:Blu-ray ¥9,800(税別) DVD ¥8,800(税別)