Interview

阿部顕嵐&仲田博喜がFFBEの世界をミュージカル化。「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICALの魅力を探る

阿部顕嵐&仲田博喜がFFBEの世界をミュージカル化。「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICALの魅力を探る

2020年3月6日(金)天王洲 銀河劇場にて開幕を控える「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICAL。松崎史也が演出・脚本を手がけ、主人公・レインを7ORDER projectの阿部顕嵐、レインの親友・ラスウェルを仲田博喜が演じる。
原作である『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』は、2015年10月にリリースされた完全新作RPGのスマートフォンアプリ。“新たなクリスタルの物語”をテーマにレインとラスウェルの冒険を描きながら、パーティーで必殺技を繰り広げる“バトル”や、町や異界のダンジョンを動き回る“探索”のほか、『FINAL FANTASY』シリーズのキャラクターも登場することで注目を集め、全世界で4,000万ダウンロードされている人気作品だ。
今回は、本作の稽古を控える阿部顕嵐、仲田博喜にビジュアル撮影時のエピソードや意気込みを伺った。

取材・文 / 高城つかさ
撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


試行錯誤することがゲームや人生を進めるコツです!(笑)

始めに、「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICALへの出演が決まったときの感想を教えてください。

阿部顕嵐 ありきたりな感想になってしまいますが、みんなが知っている『FINAL FANTASY』シリーズ(以下、FFシリーズ)に関わることができて嬉しかったです。しかも、『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』(以下、FFBE)のミュージカル化は初めてということで、この世界観をどのように表現するのかとても楽しみです。

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS THE MUSICAL 阿部顕嵐 エンタメステーションインタビュー

阿部顕嵐

FFBEのミュージカル化ということで原作ファンからも注目が集まっています。周囲からの反応はいかがでしたか。

阿部 一緒にゲームをしている友人から「レインをやるの!?」と驚きの連絡をもらいました。もともと彼もFFシリーズが好きだったので“僕のことを知らない、ゲーム好きな方々にもこの作品が届くかもしれない”と思えて感慨深かったです。そういう方も劇場まで観に来てくださったら嬉しいですね。

仲田博喜 僕も同じく、10代の頃からずっとFFシリーズをプレイしていたので素直に嬉しかったです。仲の良い役者友達からは「FFBEをミュージカル化するの?」ではなく「俺、FFBEやっているで!」と連絡がきて(笑)。

「すでにやっているで!」と(笑)。

仲田 そうです。FFBEがミュージカル化されることへのリアクションではなく、「FFBEやっているで!」って(笑)。“FFBEは多くの人に認知されていて、愛されている作品なんだな”と身近に、そして、ダイレクトに感じられました。だから舞台もぜひ観に来て欲しいですね。

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS THE MUSICAL 仲田博喜 エンタメステーションインタビュー

仲田博喜

お二方はもともとFFシリーズがお好きとのことですが、ちなみに、FFBEのレベルってどれくらいですか?

阿部 僕はまだ17くらい……ですね。

仲田 え!!  まだ17!?  忙しすぎじゃない?(笑)

阿部 いろいろなゲームを同時進行していて(苦笑)。次にインタビューの機会があれば、そのときには100レベルまでいってますから!

仲田 宣言したね?(笑)

阿部 はい。これ、書いておいてくださいね(笑)。

わかりました(笑)。ではそのリアクションでしたら、仲田さんは相当進んでいそうですね。

仲田 はい、僕は70までいきました。

阿部 70!?

仲田 これでも僕レベル上げには力を入れていないんです。経験値を重視して動くのではなく、本編のストーリーをコツコツ進めよう、と思って。

阿部 けど、それで70までいくって、すごいですね。

かなり計算して進められているんですね。原作ファンの方はもちろん、ミュージカル化をきっかけにFFBEを始める方もいると思います。攻略術があれば教えてください。

仲田 ……攻略術は、課金です!(笑)

阿部 あはは(笑)。

仲田 というのは冗談で(笑)。僕は何事も極めたい性格なので、課金をしてでも攻略したいタイプなだけで。もちろん課金をしなくても楽しめるし、強くなれるのがFFBEの良さです。僕みたいにストーリーをコツコツ進めてもいいし、経験値を重視して動いてみてもいいし、いろんな楽しみ方ができるよね。

阿部 僕、RPGはトライアルアンドエラーだと思っているんです。操作ひとつ取っても、何が悪かったのか反省点を探しつつ、新しい方法を繰り返すのが醍醐味だ、って。これはいろいろなものに通ずると思います。

なるほど。RPGは人生にも通ずる、と。

阿部 試行錯誤することがゲームや人生を進めるコツです!(笑)

仲田 たしかに(笑)。あとは、こまめにログインすることですかね。FFBEには、アプリならではのログインボーナスだったり特典だったりが盛り込まれているので。

阿部 毎日ログインすれば、ストーリーも進められるし、強くなれますもんね。

仲田 小さな積み重ねでいいキャラクターを手に入れられるのは、FFBEの優しさだと、いちゲーマーとしても感じます。

ふたりとも言葉にせずとも打ち解けていった

本作品の公開されたビジュアルは、まるでゲームから出てきたように感じました。

阿部 そう言ってもらえると嬉しいです。僕は博喜くんの次に撮影したのですが、最初会ったときにラスウェルの衣裳を着たビジュアルだったので、威圧感しかなくて(笑)。今はやわらかい方だとわかっていますが、第一印象はクールだなというイメージを持ったくらい、ラスウェルそのものでした。

仲田 あはは!

阿部 だって、スタジオに入ったときにこの格好で普通に座っていたんですよ。“ラスウェルだ、やばい!”ってなりますよね(笑)。撮って出しの写真をパソコンで見ていてもラスウェルが画面の向こうに本当にいるみたいで……。そのときはいい意味で「僕、レインになれるかな? 大丈夫かな?」と不安になりましたね。

仲田 僕も撮影の様子をずっとそばで見ていたのですが、“悔しいけれど、負けた!”って思うくらいレインは素敵でしたよ。そもそもゲームのビジュアルが美しくて、生身の人間が表現するには遠いところにあるのではないかとハードルが高かったのですが、いい形になったな、と自分でも満足しています。

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS THE MUSICAL 阿部顕嵐 エンタメステーションインタビュー

ビジュアル撮影で初めてお会いしたのですね。当日はどんなお話をされたのでしょうか。

仲田 FFBEの話はもちろん、いろいろなゲームの話をしました。話せば話すほどしっかりしているな、と。初めてだったけど、打ち解けるのも早かったよね?

阿部 そうですね。それと、観劇してくださった方に先行でお渡しするゲーム用LB(必殺技)映像を撮影しました!

仲田 その日はビジュアル撮影からLBの映像撮影まで一日一緒に過ごしている間に、ふたりとも言葉にせずとも打ち解けていったような気がします。

阿部 そうですね。博喜くんとお会いするのは今日(インタビュー当日)で3回目なのですが、言葉を交わさずとも、自然にリラックスした状態で過ごせるようになりました。

まさに幼馴染みのような関係ですね。おふたりの共通点を挙げるなら、何でしょう?

阿部 ゲーム好きなのと……人見知りなところ、ですかね? ビジュアル撮影で一番最初にご挨拶したときに目が合わなかったんですよ(笑)。合わせているようで合わない、というか……だから、人見知りなのかなと感じました。

仲田 なんだ、バレていたの!?  早く言ってよ!(笑)

阿部 あはは(笑)。僕も人見知りなので、誰かと話すときは打ち解けられるまで目がなかなか見れなくて、口元を見るようにしているんです。なので、博喜くんとお話したときに“僕と同じだ”って思って。もちろん今はバッチリ合っていますけどね!

仲田 バレないようこれから気をつけます(笑)。

一同 (笑)。

観に来てくださる方々の期待を上回る作品を皆様にお届けできるよう

今はバッチリ目も合って幼馴染みのような関係性になったおふたりで、どのように物語が進むのか、楽しみです。

仲田 登場人物もいっぱいいますし、どのキャラクターをどの場面で選んで進めていくのか、召喚獣や魔法はどのように表現するのか……気になりますよね。

阿部 1stシーズン(ラピス編)に出てくるほぼすべてのキャラクターが出ますよね。それに、ひとりひとりがストーリーを持っていますし。

仲田 そう、ゲームでは全員集めるまで相当時間がかかるはずだし、各キャラクターにスポットを当てて一作品書けそうなくらい、それぞれに個性があります……あれ!?  もしかしたら、俺たちが黒子になるんじゃない?

阿部 えー! 本編は彼らを中心に進められて、僕たちはたまに出てきてナレーションや解説をするんですか!?(笑)それはそれで面白いですけどね。

一同 (爆笑)。

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS THE MUSICAL 仲田博喜 エンタメステーションインタビュー

あはは。今作で脚本・演出を手がける松崎史也さんと仲田さんは、舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』シリーズ(2016〜2017年)でご一緒されていますね。松崎さんにどのような印象をお持ちですか?

仲田 2年間で4作品に出演させていただいたのですが、当時から熱い方だという印象を持っています。偉そうな言い方になってしまいますが、松崎さんはお芝居に熱いうえに、役者を信頼してくれるんです。2次元のコンテンツを3次元でやる意味を導いてくれる、というか。原作の良さを大切にしながら、“心”も大切に演出してくださる。数年経ってご一緒できるのが、とても嬉しいです。

阿部 そうなんですね。僕は初めてご一緒させていただくので、今から稽古が楽しみです。たくさん吸収します!

個性豊かなキャラクターが繰り広げる「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICAL。最後に、本作への意気込みをお願いします。

仲田 歌やアクション、殺陣もそうですが、お芝居も楽しんでもらえるよう、誠心誠意努めていきたいと思っています。FFBEという人気作品のミュージカル化ということで、原作好きな人にはさらに好きになっていただきたいですし、観劇したことでゲームをプレイしたくなる世界を、キャスト一同でつくっていきますので、よろしくお願いいたします!

阿部 個人的には“THE MUSICAL”と題しているので、楽曲がどのように表現されるのかも、とても楽しみです。観に来てくださる方々の期待を上回る作品をお届けできるよう、頑張ります。ぜひ、劇場まで足をお運びください。お待ちしております!

ヘアメイク / 松尾なず
スタイリング(阿部顕嵐)/ カワセ 136
スタイリング(仲田博喜)/ ヨシダミホ

「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICAL

東京公演:2020年3月6日(金)~3月15日(日)天王洲 銀河劇場
兵庫公演:2020年3月20日(金・祝)~3月29日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe

<チケット一般発売日>2020年2月1日(土)AM10:00〜

原作:『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』(株式会社スクウェア・エニックス)
脚本・演出:松崎史也

出演:
レイン 役:阿部顕嵐

ラスウェル 役:仲田博喜

フィーナ 役:七木奏音
リド 役:青野紗穂
ニコル 役:法月康平
ジェイク 役:岡田亮輔
サクラ 役:桑江咲菜
魔人フィーナ 役:小嶋紗里

岩城直弥
加藤靖久
北村圭吾
三枝奈都紀
立道梨緒奈

松井遥己
森 一平
阿瀬川健太
村田 恒
竹井未来望
新原ミナミ
荒居清香
小川鈴花

レーゲン:良知真次

主催:「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICAL製作委員会
(ネルケプランニング/スクウェア・エニックス)

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@FFBE_MUSICAL)

©2015-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
©FFBE THE MUSICAL 製作委員会

阿部顕嵐(あべ・あらん)

1997年8月30日生まれ。「7ORDER project」のメンバーとして、演劇、音楽、アート、ファッション等、ジャンルレスに活動中。2019年には『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-へ出演。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@7order_official)
オフィシャルInstagram(@alanabe_official )

仲田博喜(なかだ・ひろき)

1987年10月17日生まれ、大阪府出身。ミュージカル『刀剣乱舞』(明石国行 役)をはじめ、数多くの作品に出演。近年の主な出演作品には【舞台】舞台『桃源郷ラビリンス』、舞台「ニル・アドミラリの天秤」、舞台「かくりよの宿飯 」、『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 ~The End of 希望ヶ峰学園~』、ミュージカル「Code:Realize」【映画】映画『桃源郷ラビリンス』などがある。出演待機作には、映画『LOVE STAGE!!』(2020年公開予定)がある。

Profile
オフィシャルTwitter(@nakadahiroki)
オフィシャルBlog

フォトギャラリー