Review

170名超のキャラを楽しみ尽くせるか?『無双OROCHI3 Ultimate』が神ゲーの理由

170名超のキャラを楽しみ尽くせるか?『無双OROCHI3 Ultimate』が神ゲーの理由

以前、エンタメステーションでレビューを書いた『無双OROCHI3』のパワーアップ版となる『無双OROCHI3 Ultimate』が発売となった。筆者はコーエーテクモゲームスの『無双』シリーズが大好きなので、新作はもちろんパワーアップ版、他社IPとのコラボ作品であれ絶対に買うようにしている。これほど簡単に爽快感を得られる作品は『無双』シリーズをおいてほかにないし、キャラクターを鍛えれば鍛えるほど“俺TUEEEEE”感が増していくのもたまらない。今回の記事では、『無双』史上最大規模のお祭りゲームとなった『無双OROCHI3 Ultimate』のプレイフィールと、オリジナル版からの変更点を紹介する。

文 / 浅葉たいが


さらに進化した『無双OROCHI3』を楽しむ

『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズのキャラクターが共演する夢のゲームである『無双OROCHI』は実に痛快なゲームであった。『無双』シリーズの醍醐味である、ボタンを押すだけで発動するド派手なアクションを駆使して、戦場において“一騎当千”の働きをすることを目的とした爽快感はシリーズ中でも屈指の出来栄え。中国の三国時代と日本の戦国時代の人物が同じ時代で戦う時点で“お祭り”感は十分なのに、そこにゼウスやアテナといったオリュンポスの神々が絡んでくるのである。もともと『無双OROCHI』シリーズには“魔王”や“仙界”といったファンタジー要素が入っていたのだが、ナンバリング3作目にしてさらにアクセルを踏んできた形になる。
オリュンポスの神々の力は戦闘にも色濃く影響し、『無双』シリーズ伝統のわかりやすく爽快感抜群のアクションに”神”の力を借りたさまざまな新アクションが加わることで、過去最高に派手といってもいいバトルが楽しめるようになった。わらわらと現れる敵を好きなキャラクターの好きな技でなぎ倒していると、時間を忘れて没頭してしまう。敵をあの手この手で倒すのって、なんでこんなに楽しいのだろう。

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲神器の力を借りて強力な攻撃を繰り出す“神術”には、派手で爽快感溢れるものが揃っている

『無双OROCHI3 Ultimate』では、この戦闘がさらに楽しくなる追加要素が盛りだくさんだ。まず、オリジナル版よりもキャラクター数が増えている。オリジナル版の時点でプレイアブルキャラクター(PC)が170名。”最も多い操作可能なキャラクターを持つハックアンドスラッシュゲーム”としてギネス登録が行われたのだが、本作ではさらに7名が追加された。オリュンポスの地母神ガイア、冥府の王ハデス、仙界からの来訪者である楊戩、コーエーテクモゲームスの他タイトルである『BLADESTORM』のジャンヌ・ダルク、『NINJA GAIDEN』のリュウ・ハヤブサ、『TROY無双』のアキレウスが参戦。そして最後のひとりは前作にも登場していたペルセウス。彼が新キャラクターとして登場するには意味があるのだが……。とにかく全員にストーリーと会話が用意されており、ますます賑やかになった。しかも、彼ら新キャラクターのほとんどは戦場で大暴れできるほどの強さを持っている。凄まじい攻撃範囲を持つガイアはボタンを押しているだけで敵の群れがバタバタと倒れていく。リュウ・ハヤブサは攻撃の隙が小さい技が揃っていて、さまざまな状況で活躍できるオールラウンダーだ。本作では、3名1組のチームで戦いに赴くため、筆者は強力な性能を持つ新キャラクターを”用心棒”として活用した。

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲新キャラクターのガイア。見た目は可愛らしいが、とある神からは“おばあちゃん”と呼ばれる不思議な存在だ

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲新キャラクターはどれも動かしていて楽しい。強さも兼ね備えているガイアはエンドコンテンツでも活躍してくれる

発売まえのプロモーション等でもクローズアップされることの多かったガイアの可愛らしさはさすがのひと言。三国時代の英傑や戦国の武将たちとはまた違った魅力がある。それでいて浮いた存在になっていないのは、オリュンポスの神々という“お祭り”ならではの勢力のメンバーが色濃いおかげだろうか。そんなガイアよりも筆者が特に気に入っているのは新キャラクターの冥府の王“ハデス”で、彼の物語中のひょうきんな雰囲気には威厳よりも親しみやすさが湧く。見た目はイケメンなのに喋るとちょっと残念、でも胸の内にはいろいろと複雑な思いもあるというのがたまらなくいい。性能面でも申し分ないものだから、オリジナル版で使っていたキャラクターたちを差し置いてハデスのレベルをせっせと上げ、レベルを1に戻してパラメーターにボーナスを得られる本作追加のシステム”転生”を使いまくってしまった。本作はこの転生システムに加えて、オリジナル版ではキャラクターの固有装備だった神器を付け替えられるなど、育成面の深化によりますます遊べるゲームになった。

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲左側が冥府の王ハデス、右側がオリュンポスの神々を統べるゼウス。彼ら“兄弟”に焦点を当てた新シナリオにも注目してほしい

上で述べたとおり、キャラクターの追加に伴ってストーリーも用意されている。オリジナル版では大団円を迎えたが、本作では”世界の真実に迫るストーリーとエンディング”が新たに追加された。この追加シナリオは本作ための後付け要素のように感じていたのだが、遊んでみるとついつい引き込まれてしまう。『無双OROCHI』シリーズの物語というのは基本的に”昨日の敵は今日の友”といった具合に、どんどん仲間が増えていく。命を削り合うような戦いをしていても何度裏切られても、最後の最後には手を取り合っているという”ご都合主義”的な部分があるのだが、本作の追加ストーリーはこれをやりきってくる。シリーズに慣れた筆者は「いいぞもっとやれ」とさえ思っているのだが、本作の大ゲンカはかなり突き抜けたところに着地する満足感の高いものだった。

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲追加シナリオは2種類用意。そのうちのひとつは、とある要素をコンプリートすることで解禁される。オリジナル版では序盤の中心人物となった“ペルセウス”が新シナリオのキーマンとなる

オリジナル版未プレイ&シリーズ未経験者には“神ゲー”

『無双OROCHI3 Ultimate』は、初めて『無双』シリーズを遊ぶ方に強くおすすめしたい作品だ。170名超のキャラクターが一同に会するというのは大きな魅力だし、アクションの爽快感も屈指の出来栄えである。敵を次々になぎ倒していく一騎当千感もかなり強めなので、ちょっとプレイすればその爽快感の虜になること間違いなしだ。本作でキャラクターをおおまかにつかみ、好きなキャラクターが見つかったら『真・三國無双』や『戦国無双』を遊んでみるというのもいいだろう。また『無双』シリーズファンにとっても安心して遊べる作品となっている。
ひとりプレイだけでなく、ローカルやオンラインともに2人同時プレイに対応しているのも嬉しいところだ。ローカルでの2人プレイは友だちや家族と遊ぶのにもってこいだ。お互いに好きなキャラクターを選んで縦横無尽に戦場を駆け、思いのままに敵を倒すだけでクリアできるステージが多いため、後味のよいプレイフィールが得られるはず。オンラインゲームのようにがっつりとマルチプレイを楽しむゲームではないが、育成を捗らせたい、強い装備の素材を集めたい、難関ステージをクリアしたいなど同じ目的を持つプレイヤーと共闘すれば実に楽しい。

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲『無双』シリーズのなかでも屈指の遊びやすさと爽快感! 入門用としてもおすすめだ

無双OROCHI3 Ultimate エンタメステーションレビュー

▲膨大な数のキャラクターがプレイアブルということでお得感も高い

個人的に『無双』シリーズ最大の魅力は“遊びやすさ”にあると思っている。コントローラーを握って少しプレイすれば、ほとんどの人がバトルの仕組みを理解し、適切な難度で遊べばいとも簡単にクリアすることができる。簡単ではあるものの、この作品にしかない爽快感が保証されている。他社から『無双』シリーズを真似たアクションゲームもたくさんリリースされているが、それらの作品には足りていないものがたくさんある。まだ本物の『無双』シリーズを遊んだことがないという人は、ぜひ本作を入門用として遊び尽くしてほしい。最近ではコーエーテクモゲームスと他社IPのコラボによる『無双』シリーズも活発にリリースされているので、一度『無双』の楽しさの沼にハマれば、次に遊ぶ作品は続々と浮上してくるはずだ。
ここまでテンション高めで紹介してきたが、オリジナル版を遊んだ筆者としてはアップグレードDLCの価格を考えるともう少しパワーアップしてほしかったという気持ちもある。新規要素であるミッションクリア型の“インフィニットモード”は育成には不可欠なモードだが、スピード感と爽快感がウリの本作においてあえて足を止めるシーンが多く、育成のために繰り返しプレイするにはストレスを感じる。さらに『無双』シリーズではキャラクターの強弱がはっきりしているのが伝統だが、オリジナル版からの変化が目立つ形で用意されたキャラクターが少なかったのも寂しい。基本的にはCPUを倒していくゲームなのだから、操作キャラクターの強さはインフレ気味なほど楽しい。170名以上もキャラクターがいればバトルバランスの調整が難しいことは理解できるが、キャラクターの性能にもう少し個性を追加して、弱いキャラクターは上位の強さのキャラクターを見据えて強化してほしかった。オリジナル版をプレイしていなければこんなわがままを書く必要はない“神ゲー”だったと思うとちょっと複雑な気持ちだが、プレイしてしまった以上は本音を書きたい。ただ、そんなことを言いながらも年末年始の休みをつぎ込んでまだまだ遊び足りないと思ってしまうのだから、オリジナル版を遊んでいてものめり込んでしまうことも事実。とにかく自分はこのシリーズが好きなのだ。170名以上もキャラクターがいるので育成を終えられる日がいつ来るのかわからないが、しばらくはコツコツと遊ぶだろう。次はどのキャラクターを育てようか。

フォトギャラリー
無双OROCHI3 Ultimate ロゴ

■タイトル:無双OROCHI3 Ultimate
■発売元:コーエーテクモゲームス
■対応ハード:PlayStation®4、Nintendo Switch™、Steam®
■ジャンル:タクティカルアクション
■対象年齢:15歳以上
■発売日:発売中(2019年12月19日)
■価格:通常パッケージ版・ダウンロード版 各7,800円+税


『無双OROCHI3 Ultimate』オフィシャルサイト

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.