Interview

藤木直人が不埒な色男を演じる恋愛狂騒劇『グッドバイ』。本作演出の生瀬勝久や共演する女性陣=愛人たちとの稽古場の様子を語る

藤木直人が不埒な色男を演じる恋愛狂騒劇『グッドバイ』。本作演出の生瀬勝久や共演する女性陣=愛人たちとの稽古場の様子を語る

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の名作戯曲を様々な演出家が新たにつくり上げる「KERA CROSS」第二弾は、2015年にKERA・MAP作品として上演され、数々の演劇賞を受賞した『グッドバイ』。
太宰 治の遺作を原作にしたKERA初のラブコメに演出家として新たな命を吹き込むのは、自身も俳優として出演する生瀬勝久。そして、本作で主演を務めるのは、初舞台『冬の絵空』をはじめ、ドラマ『ギャルサー』など数々の作品で生瀬と共演している藤木直人。
初演を客席で観劇し、「観客の皆さんが非常に笑っていた。僕も人一倍笑っていた」という藤木は、妻子を田舎に残して東京で何人もの愛人を抱えて暮らす不埒な男をどう演じるのだろうか。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 冨田望


やっぱりコメディーは難しい、センスが問われる

稽古が始まり時間も経ちましたが、稽古場の雰囲気はどうですか?

ある意味、淡々としているっていう感じですかね。まず、芝居を固めずに流れの中でその役の気持ちや動きを掴んでいくというかたちでやっていて。昨日、初めて最後まで通したんですが、生瀬さんからは「まだ固めないで」と言われているので、“どうなるのかな?”っていうところです。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

生瀬さんの演出はいかがですか?

細かく演出してくださいます。1シーン1シーン何回も繰り返してます。気になった部分は、ご自身が俳優ということもあるので、実際に演じてみてくださるということもあります。

藤木さんの初舞台『冬の絵空』のときは俳優としての共演でしたから、「アドバイスができなかった」と生瀬さんはおっしゃっていました。本作で「ステップアップさせたい」という発言もされていましたが、何か助言のようなものはありましたか。

生瀬さんに直接会って今作のオファーを受けたときに「この舞台に参加することは直人にとってプラスでしかない」っておっしゃってくれたことが嬉しかったし、すごく心強くもあったんです。ただ、まだ全体を見ている感じなので、今のところはそんなに何かを言われているわけではないかな。もちろんこまかい台詞のニュアンスに関しては僕なりに解釈して表現しているなかで「そうじゃなくて、こういう感じはどう?」って提案していただくことはあるけど。だから、これからが楽しみではありますね。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

コメディーをつくっていくという部分ではどうですか?

稽古が始まる前の取材で生瀬さんは「コメディーというのは面白いことをするんじゃない。その人物が一生懸命であることが面白くなるんだ」とおっしゃっていて。でも、あらためて稽古をやって思ったのは、やっぱりセンスも必要だろうっていうことで。“どこがどうずれているから面白い”っていうことを理解していないと難しいんじゃないかって思います。先日生瀬さんが「面白いように言わないで」とおっしゃっていましたが、(台詞の言葉を)立てるところは立てないと聞き取りづらかったりもするし、効いてこないこともある。だからやっぱりコメディーは難しいな、センスが問われるんだなと感じています。それと、脚本自体が面白いものなんですけど、それでも稽古場では感覚が麻痺してくるというか、毎日同じことを繰り返していると、どうしても“また同じことをやるんでしょ?”ってなりがちというか……(笑)。

たしかに、次に何を言うのかも知っていますしね。

そのなかで演じ続けるのもつらいなって思いますよね?(笑)初見の人だったら、この台詞のやりとりだけで笑ってくれるだろうなとかあるけど。でもね、生瀬さんがやると、何回やっても面白かったりするんですよ。僕としてはお客さんが入ってくれたほうが、やっていてより楽しく感じられるんじゃないかなとは思っています。もちろん、今もやっていて楽しんいですよ。めちゃくちゃ重たい芝居でもないし。楽しいんですけど、一方で、稽古場は静かだっていう(苦笑)。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

(笑)笑い声がないとつらいですよね。僕が観た初演では、田島の「きみはあれだな。バカだな〜」っていうオープニングに行く直前の台詞で笑いが起きてました。

僕が観たときも客席がめちゃくちゃあったまっていた感じがしたんですよね。でも今回台本を見たら、最初の最初だったりして。“ええ!? こんなに初っ端から爆笑してたんだ?”って気づいてちょっと驚きましたけど。本は同じですけど、キャストや演出が変わればまったく違うものになるしかないので、かなり変わるんじゃないかとは思いますね。初演のときはキャラが濃いというか、その人ごとの得意技があったけど、今回はどちらかと言うと、お芝居としてその世界に入る感じになるのかなって思っています。まだ、わかりませんけど(笑)。

田島という男が本当にピュアに見えないと楽しめないと思う

(笑)田島という男は掴みました?

いや、まだかな。昔は愛人がいることが男の甲斐性だっていう風潮があったけど、今の時代ではありえないし、ある意味、女性の敵ですよね(笑)。しかも、愛人との別れ方がわからなくて、人からアドバイスされたとおりに、奥さんではない美人を連れてきて奥さんだと思わせようとしたり。嫌悪感しか感じそうにない田島という男が本当にピュアに見えないと楽しめないと思うので、その匙加減が難しいです。自分が演じていると、ある部分で僕の思っている方向に寄せてしまうんですけど、そこが客観的に見たときにどう見えるのか、どんなもんだろうなと探しながら今はやっています。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

本妻を東京に呼び寄せるために愛人たちと別れる算段をつけたうえで、怪力で大食いの美女・永井キヌ子と出会い、最終的には思わぬ展開になるという……。

僕は初演を観て、本妻がないがしろにされることに傷ついたタイプなんですよ。ハッピーエンドではあるけれど、本当だったら“こうだったら良かったのに”と思うところもありますね。

それぞれのシーンに思い入れがある

ここからは田島を囲む女性陣の印象を聞かせてください。まず、永井キヌ子 役のソニンさんは?

ソニンさんは真面目ですね。当時の時代背景を掘り下げたり、ひとつひとつの台詞に関して生瀬さんに「これってどういう感じですか?」って聞いていたりして。例えば、キヌ子がなぜ田島に惹かれたのかとか。たしかにそっちのほうが不思議ですよね。田島がキヌ子に惹かれるのはわかるんですよ、今までにいなかった女性だし。そこで、自分はそんなことをあんまり考えずにやっていたなって少し反省したりもして(笑)。

(笑)そうですね。僕もどのタイミングで恋に落ちたのかは考えずに、ただ笑って観てました。

あのコンビ感というか、やいのやいの言いながら一緒にいるのが微笑ましいっていうのがありますよね。人を好きになる理由なんて別になくていいと思うこともあるけど、ソニンさんはどういう理由でどんなタイミングでっていうことを真剣に考えて、生瀬さんからは「そんなに真面目じゃなくていいよ」って言われてますね。彼女とは16年前にドラマ『高校教師』で共演したんですけど、そのときのことはお互いにまったく覚えていなかったという(笑)。けど、距離が近いというか、イチから関係性をつくらなくてもいい感じがあって、やりやすいです。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

当時の思い出話をしたりは?

ちょっとだけしましたけど、本当にまったく覚えてなくて(笑)。あの頃は自分に余裕がない時期だったし、大変な役だったのもあって、周りのことを気にしている余裕がなかったんですよね。僕は相手役の上戸 彩さんと一緒のシーンが多くて、ソニンさんはソニンさんで初めてのドラマだったらしいし、京本(京本政樹)さんとのシーンが多かったんですよ。だから、共通の話題といったら、京本さんしかなかった(笑)。

あはは。そして本妻・田島静江 役は、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛 聖さんです。

あんなにサバサバしている方だとは思ってなかったです。僕がすごくお世話になった中野(利幸)さんがプロデュースしたドラマ『となりの家族は青く見える』に出演されているのを拝見したのですが、すごくしっかりしたお芝居をされます。今回ご一緒してコメディーがとても好きなんだなと感じました。

後半、僕が個人的に楽しみにしている田島と妻のシーンがあります。

僕も田島の妻とのやりとりでは好きなシーンがありますが、実際に演じてみると難しいですね。ただ、初演を観て“素敵な作品だな”と思っていて、自分が演じることになって台本をあらためて見ると、それぞれのシーンに思い入れがあることに気づいて。だから難しいなと思いながらも、“あのシーンをやるのが楽しみだな。このシーンはどうなるかな?”ってひとつひとつのシーンをやること自体を楽しく感じられていることは幸せだなって思いますね。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

続いて、美容師・青木保子 役が元乃木坂46の能條愛未さん。

すごくガッツがあって、いい意味で貪欲な方だなと思っています。顔合わせの挨拶のときに「なんとしても参加したいって思ってオーディションで勝ち取った役です」と言っていて。稽古場でも生瀬さんのダメ出しに必死に食らいついている。ある意味、一番難しい役だと思うんですよ。ちょっと常軌を逸している部分もあって、そういった状態を表現しないといけないので。だから、彼女は戦ってるなって思います。ただ、僕自身は絡みが少ないんですよ。

最初に会いに行く人ではありますが……。

青木さんはすぐに泣いて帰っちゃうから、台詞のやりとりはほとんどないし、お芝居では全然絡みがない。そのあとが、挿絵画家の水原ケイ子 役の長井 短さんなんだけど、田島が「あんなに可愛らしい人はどこを探してもいない」って言う直前の彼女の演技が激しすぎて!  “え!? 今、可愛いとこあった?”って思ってます(笑)。

あははは。可愛いんですけどね。

いやいや、そのシーンは可愛くないですよ、怪演ですね(笑)。初演は夏帆さんが演じていましたけど、それとは違う、面白さがあると思います。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

内科医・大櫛加代 役が声優としても活躍されている朴 璐美さん。

すごくチャーミングな方ですね。今回、初めてご一緒するのですが、演劇集団・円にいらっしゃったから、しっかりした芝居論もお持ちの方ですが、本人は至ってチャーミング。飼っていた猫が亡くなってしまったらしいんですけど、生瀬さんの猫の写メを見ただけで「ぎゃ〜!!」ってなったり、車もお好きな方らしく、生瀬さんが乗ってるクラシックな車を見て「可愛い!」みたいな(笑)。すごくチャーミングで乙女な方だけど、女医の姿になると大人の色気があって。そのギャップが可愛らしい方ですね。早生まれですけど、同じ年生まれだっていう共通点を見つけられたことも嬉しかったです。

そして、百姓の娘・草壁よし 役として、田中真琴さん。

生瀬さんの秘蔵っ子なんじゃないでしょうか。生瀬さんのワークショップにも参加されていて、まだそんなにお芝居の経験がないからつたない部分もあるんだけど、生瀬さんの言われたことをピュアにやる。躊躇がないから、パシッとハマったときの面白さをすごく持ってる方かなと思ってます。そのハマったときの面白さと、とんでもなくはずれたときに笑わせる破壊力もあって。本番では、後者の破壊力でこっちのペースが乱されるかもしれないですけど、それも楽しみですよね。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

田島はこの6人の女性たちと対峙するわけですよね。

女子はすでに仲良く結束しているので、僕はもう蚊帳の外です(笑)。

自分のやるべきことを見つめ直す1年

本番は舞台装置も楽しみです。

びっくりするんじゃないかなと思います。生瀬さんはきっと、KERAさんの舞台との対比も考えられているでしょうし、とても抽象的にスタイリッシュに見えるんじゃないかなと思っていますね。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

舞台『グッドバイ』から始まる藤木さんの2020年は……。

何も考えてないです。

しつこくて申し訳ないですが、どんな1年になりそうですか?

とりあえず『グッドバイ』をやりきることしか考えてないかな、今は。年末年始もお休みはないから、新年という気もあまりしていないし。ただ定期的にドラマをやりたいと思いながら、夏には2週間だけだけどオリンピックもあって……今はプランがないので、休んでもいいかなって(笑)。

グッドバイ 藤木直人 エンタメステーションインタビュー

エンタメステーションとしては藤木さんの音楽活動も追いかけているんですが、歌とギターのほうは?

うーん……2019年に20周年のアニバーサリイヤーとしてひと区切りついて。自分としては手応えもあったし、いろんな人に手伝ってもらってやり切れた感もあって。正直、音楽に関してはつねに動けていないという難しさやもどかしさも感じているし、自分の年齢を考えたときにも、どう進めていくのがいいんだろうっていうことを考え始めていて。とは言いながら、待っていてくれたり、支えてくれる人もいるので、どういう形がベストなのかちゃんと考えていかないといけないなと。今まで僕が音楽を続けてこられたのは、俳優として頑張ってきたからだし。そういう意味でも、ちゃんと俳優としてしっかりと存在し続けていかないといけないとも思う。だから、もしも今年ゆっくりできるんだったら、自分のやるべきことを見つめ直す1年になるのかもしれないなって思いますね。

ヘアメイク / 大渡八千代
スタイリスト / 古田ひろひこ(チェルシーフィルムズ)

衣装協力
ジャケット ¥11,000、パンツ ¥7,000【メゾンスペシャル(メゾンスペシャル青山)】
カットソー ¥10,800【ハバノス(HEMT PR)】
スニーカー¥25,000【ヨーク(HEMT PR)】

KERA CROSS 第二弾『グッドバイ』

東京公演:2020年1月11日(土)~1月13日(月・祝)かめありリリオホール
山形公演:2020年1月16日(木)山形市民会館
新潟公演:2020年1月18日(土)長岡市立劇場 大ホール
広島公演:2020年1月21日(火)JMSアステールプラザ 大ホール
大阪公演:2020年1月23日(木)〜1月26日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
香川公演:2020年1月28日(火)レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール
愛知公演:2020年1月30日(木)〜1月31日(金)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
福島公演:2020年2月2日(日)パルセいいざか
東京公演:2020年2月4日(火)〜2月16日(日)シアタークリエ

原作:太宰 治(「グッド・バイ」)
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:生瀬勝久

出演:
藤木直人 ソニン 真飛 聖 朴 璐美 長井 短 能條愛未 田中真琴 MIO YAE
入野自由 小松和重 生瀬勝久

企画・製作=東宝  キューブ

オフィシャルサイト

藤木直人(ふじき・なおひと)

1972年7月19日生まれ、千葉県出身。早稲田大学理工学部情報学科在学中に映画『花より男子』花沢 類 役に抜擢され、1995年にデビュー。2003年公開映画『[email protected]』にて第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2008年には舞台『冬の絵空』で初舞台。近年の主な出演作品には【舞台】音楽劇『魔都夜曲』、『尺には尺を』、『海辺のカフカ』【映画】『LAST COP THE MOVIE』、ディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』(声の出演)【テレビドラマ】『ハル〜総合商社の女〜』、『なつぞら』、『イノセンス 冤罪弁護士』、『グッド・ドクター』、『FINAL CUT』などがある。俳優の活動と並行して、1999年7月に「世界の果て~the end of the world~」でCDデビュー。2019年にはデビュー20周年を迎え、6月にはアルバム『20th -Grown Boy-』を発表、全国ツアーも開催。そのファイナル公演を収めた映像商品『NAO-HIT TV Live Tour ver12.0 ~20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!Tour~』を2020年3月25日(水)にリリースする。日本テレビ系『おしゃれイズム』ではレギュラーパーソナリティーも務めている。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@fujiki_official)

関連音楽:藤木直人
フォトギャラリー