Topics

磯村勇斗、初の刑事役で出演! 新ドラマ『ケイジとケンジ』クランクインコメント動画公開

磯村勇斗、初の刑事役で出演! 新ドラマ『ケイジとケンジ』クランクインコメント動画公開

2020年1月16日(木)スタートの新木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)に、磯村勇斗の出演が決定した。

本作は、「HERO」や「ガリレオ」シリーズ、NHK連続ドラマ小説『まんぷく』などの大ヒットドラマを多数生み出してきた福田 靖が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。元体育教師の異色な刑事・仲井戸豪太役の桐谷健太と、東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平役の東出昌大がW主演を務める。

磯村が演じるのは、神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事・目黒元気。人当たりや要領のよい“上司にかわいがられるタイプ”で、安定した将来を手に入れるため、出世を第一に考えており、「ミスをせず堅実に職務をまっとうする」が信条だ。そんな目黒は、正反対のタイプともいえる豪太とたびたびバディを組み、送検するための事件捜査を行うことで、未知の刺激を受けていく。

【磯村勇斗コメント】
今回、初の刑事役ということで、新たな役と出会えることが楽しみでした。目黒は非に保守的で、今どきの若者らしさを感じました。ボケよりツッコミ派の人間かな、と。そして、気怠さもあるのかな、と思います。今後、桐谷健太さん演じる豪太と一緒に仕事をしていく中で、“刑事としての目黒”が触発され変わっていくところなど、意識的にしっかり演じていきたいです。クランクインでは初日とは思えないほど、現場の雰囲気が一つになっていて、「これから1クール、皆さんと一緒に素敵な作品を作り上げていくんだ」という実感が湧きました。初日に撮影したのは桐谷さんとのシーンのみでしたが、合間にいろいろとお話をさせていただきました。“とても気さくで、愛情のある方”という印象です。桐谷さんとのシーンは最初から楽しかったです。立場もタイプも違う二人が対立したり、時に協力したり…を重ねていくと、その先に何が生まれるのか、事件をどうのように解決していくのか。『ケイジとケンジ』はとても興味深いストーリーになっています。硬く見ずに、笑って楽しんで見ていただきたいです。

【第1話あらすじ】
体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。県警本部長から表彰される。しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。
さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。強行犯係の管轄外にもかかわらず、自が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場 徹)だったのだ…!
一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。
そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!?

木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』

2020年1月16日(木)スタート
毎週木曜 21時00分~21時54分放送

脚本:福田 靖
チーフプロデューサー:黒田徹也
プロデューサー:服部宣之、飯田サヤカ、菊池 誠、松野千鶴子、岡 美鶴
演出:本橋圭太、及川拓郎
制作:協力アズバーズ
制作:テレビ朝日

出演:桐谷健太、東出昌大、比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、渋谷謙人、奥山かずさ、矢柴俊博、菅原大吉、峯村リエ、西村元貴、柳葉敏郎、風間杜夫

オフィシャルサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/