曽我部恵一が語る、15年間の軌跡を刻んだソロ・ベスト・アルバムと今日まで、そして明日から。