Topics

浜辺美波主演映画『約ネバ』の公開日が来年12月18日に決定! 城 桧吏&板垣李光人が『ジャンフェス』にて発表

浜辺美波主演映画『約ネバ』の公開日が来年12月18日に決定! 城 桧吏&板垣李光人が『ジャンフェス』にて発表

12月22日に開催された『ジャンプフェスタ2020』スーパーステージ内にて、映画『約束のネバーランド』の公開日が、2020年12月18日(金)に決定したことが発表された。

本作の原作漫画『約束のネバーランド』は、2016年8月より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載開始。今年の1月~3月にはTVアニメも放送され、現在まで発売されている16巻までの全世界累計発行部数は1,600万部を超える、人気爆発中の“異色”の脱獄サスペンス作品。「約ネバ」の愛称で親しまれている。

そんな人気作品を実写映画化した本作のメガホンを取るのは、数々の少年漫画の実写映画化で傑作を生み出してきた、平川雄一朗。主人公・天真爛漫で家族想いなエマを演じるのは圧倒的な演技力で映画にドラマにと引っ張りだこの浜辺美波。エマと共に脱獄を計画する2人の仲間には、クールでキレ者のレイを演じるのは『万引き家族』で一躍脚光を浴びた城 桧吏、常に笑顔を絶やさず冷静に物事を判断するノーマンを演じるのは『仮面ライダージオウ』で注目を浴びた板垣李光人だ。

『ジャンプフェスタ2020』スーパーステージ内『約束のネバーランド』ステージに登壇した城と板垣は、アニメ版の声優陣・諸星すみれ(エマ)、内田真礼(ノーマン)、伊瀬茉莉也(レイ)、甲斐田裕子(イザベラ)と共に「約ネバ」愛や、本イベントで初解禁となったメイキング映像、映画の撮影中のエピソードなどを披露したほか、クイズにも挑戦。「今日は素敵な時間を過ごすことができて楽しかったです!」(城)、「精一杯、約ネバイヤーを盛り上げたいと思います!」(板垣)と語るなど、大いに楽しんでいた。そしてステージの最後に、城の口から映画の公開日が発表されると、大歓声が巻き起こった。

【浜辺美波コメント】
公開日の決定おめでとうございます! そして城くん、公開日解禁の大役お疲れ様でした。「約ネバイヤー」を締めくくる一年後の12月18日に、皆さんと一緒にネバーランドに行けるのを楽しみにしています。

【城 桧吏コメント】
イベントの最初はすごく緊張しましたが、どんどん緊張がほぐれていって、楽しいコーナーを沢山経験できて、一生思い出に残る楽しい経験になりました。映画の公開に向けて、ハラハラドキドキして、次はどうなるんだろうと気になる素敵な作品なので、ぜひ期待して待っていてください!

【板垣李光人コメント】
こんなに大勢の約ネバファンの皆様と一緒の時間を過ごすことが出来て、幸せな1日でした。これだけ多くの方々に愛されいてる作品であることを再認識しました。12月18日に映画館で皆様に会えるのを楽しみにしています。

【STORY】
幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれているイザベラのもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。エマ(浜辺美波)、レイ(城 桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた、“その日”がくるまでは…。里親が見つかり、孤児院を笑顔で後にするコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が肌身離さず抱きしめていた人形が、食堂に落ちているのを偶然見つける。忘れ物の人形を届けるため、決して近づいてはいけないとママから教わっていた「門」に向かった2人がそこで目にしたのは、無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿だった。そう、みんなが「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。全てが偽りだったと気がついた3人は、孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる…。

映画『約束のネバーランド』

2020年12月18日(金)公開

原作:『約束のネバーランド』白井カイウ・出水ぽすか(『週刊少年ジャンプ』連載)
監督:平川雄一朗
脚本:後藤法子
出演:浜辺美波、城 桧吏、板垣李光人 ほか
配給:東宝

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
©2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会