Topics

【写真20枚】佐藤 健『ぎぼむす』SPで赤ちゃん相手に苦戦「毎日ヘコんでた」。綾瀬はるか、上白石萌歌らも着物姿で登場

【写真20枚】佐藤 健『ぎぼむす』SPで赤ちゃん相手に苦戦「毎日ヘコんでた」。綾瀬はるか、上白石萌歌らも着物姿で登場

12月21日(土)、都内にてドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)の制作発表が行われ、綾瀬はるか、竹野内 豊、佐藤 健、上白石萌歌、井之脇 海が登壇した。

2018年に放送された本作は、主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走しながら家族と過ごす日々を10年間描いた作品で、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。今回のスペシャルドラマは連続ドラマから1年後を描いたオリジナルストーリーとなる。

今回のドラマが正月放送ということで着物姿で登場した登壇者一同。冒頭、綾瀬は「私自身も大好きなドラマ。こうして帰ってくることができたのも、視聴者の皆さまが愛してくださったお陰です」と笑顔で本作への愛着を口にした。

また撮影中について聞かれた場面では、“ベーカリー麦田”の店長・麦田章を演じている佐藤が、今回共演をした“赤ちゃん”とのエピソードを披露し、登壇者一同盛り上がりを見せる場面も。本作で赤ちゃんの登場で窮地に立たされた旨をMCに触れられると、佐藤は「麦田だけでなく、僕自身も窮地に立たされてしまったんです。実は麦田が赤ちゃんをあやして笑わせるシーンがあったのですが、赤ちゃんが全く泣き止んでくれなくて。でも綾瀬さんには初めから懐いていたし、僕と何が違うんだろう…と現場で毎日ヘコんでいました」と赤ちゃんを相手に苦戦した様子を、苦笑をしながら明かしてくれた。

なお様々な方法を試行錯誤した結果、俳優の反町隆史が1998年に発表した楽曲『POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜』を流すと泣き止む事を突き止めたそう。佐藤はBGMを流して演技をする事は初めてとのことで「音楽を流してお芝居をすることで元気が出た。赤ちゃんと共演したことで色々な発見がありました」と語った。

赤ちゃんに関するエピソードをを受けて井之脇も「本番を撮っているカメラの後ろで赤ちゃんを沢山の大人たちがあやしているんですが、その様子がツボにはまってしまって。撮影に集中をしながらも、笑いを我慢することが大変でした」と明かした。

 

そして今回、“謎の男”として参加する竹野内は「放送後、ご覧になってくださった皆様がどのように感じて頂けるのか楽しみ。皆さんに受け入れて頂けるような“愛されるキャラクター”になれば」と今回演じる役柄について口にした。

最後に綾瀬は「日々の何気ない日常から小さな幸せを沢山見つける事ができる愛に溢れたドラマになっています。1年の始まりに皆さんに元気や勇気を持って頂けることにお役立てできたらと思います。笑いながらも、ホロっとして頂きながら見て頂けたら」と見どころを語った。

なお今回は正月放送ということに関連して、餅つきも実施され、終始和やかな笑顔で楽しそうに餅つきをしていた。

『義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル』は2020年1月2日(木)夜9時~TBS系で放送。

取材・文:佐藤 早雪

【あらすじ】
義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇 海)との関係は相変わらずの模様。
そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤 健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇! さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた! そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。
「これは一体どうしたことでしょう!」
こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。
「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内 豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。このドラマは、一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。

ドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』

2020年1月2日(木)21時00分放送 TBS

原作:桜沢 鈴『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝 中井芳彦 大形美佑葵
演出:平川雄一朗
音楽:髙見 優 信澤宣明
主題歌:MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」(アリオラジャパン)

出演:綾瀬はるか 竹野内 豊 佐藤 健 上白石萌歌 井之脇 海 横溝菜帆 奥貫 薫 谷口翔太 宇梶剛士 浅利陽介 浅野和之 麻生祐未

オフィシャルサイト
https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/