Report

「Fate」シリーズのすべてがここに! TYPE-MOONの歴史が詰まった「TYPE-MOON展」をたっぷりとレポート

「Fate」シリーズのすべてがここに! TYPE-MOONの歴史が詰まった「TYPE-MOON展」をたっぷりとレポート

2004年に発売され、15年経った今なお多くの人々を魅了し続け、さまざまなメディア展開をみせる「Fate」シリーズ。その原点である『Fate/stay night』と、TYPE-MOONのこれまで歩んできた世界をこれでもかと体験できる展覧会「TYPE-MOON展 Fate/stay night-15周年の軌跡-」(以下、「TYPE-MOON展」)が本日2019年12月20日(金)~2020年4月5日(日)まで、ソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催中だ。

この度、筆者は古くからのファンはもちろん、『Fate/Grand Order』などから新たにTYPE-MOONへ興味を持ったファンにも堪らないであろうこの展覧会に、ひと足早く足を運ぶことが出来た。本記事では、展覧会の中でも数ある見所をピックアップしつつ、その魅力をじっくりとお届けしていく。

なお、この展示会は原作での3つのルート“Fate(セイバールート)”、“Unlimited Blade Works(凛ルート)”、“Heaven’s Feel(桜ルート)”にちなんで会期が3つに分けられ、会規ごとに展示替えが行われる。今回のレポートでは第1期であり、ゲームのタイトルにもあたるルート、“Fate”の展示になっている。

取材・文 / ライオン松本


幻の体験版『月姫』も展示! ここから始まるTYPE-MOON展

本展覧会は数多のエリアに分かれ、そのエリアのテーマ毎に展示物を楽しむ事が出来る形式。最初のエリアは、現在までに発売されている代表的なTYPE-MOONの作品が、時系列に沿って展示されている。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

TYPE-MOONがまだ同人時代の頃に発売された『月姫』のパッケージや、その体験版である当時約300個程度しか配布されなかったフロッピーディスクの実物を拝む事が出来る。さらにはゲームのシナリオライターとしての奈須きのこではなく、小説家としての奈須きのこを象徴する作品『空の境界』の同人版という激レアアイテムまでも見ることができ、正直、筆者はこのブースだけでもこの展覧会に来た価値が十二分にあると思ってしまった。

最初のエリアを鑑賞し終えたマスターたちが次のエリアに足を踏み入れれば、セイバーのスタチューが顔を見せてくれる。かなり精巧で鎧の彫り込みは勿論のこと、服のシワや顔の造形といった部分も細かく丁寧に作られていた。イラストではあまり観ることの出来ない背中部分や、服と鎧の隙間など、巨大なスタチューだからこそ味わえるマニアックな部分も是非鑑賞して欲しい。なお、その脇には巨大な奈須きのこ(化けきのこ)も佇んでいるのだが、初見のマスターが驚く仕掛けがなされているので、こちらにも注目だ。

扉をくぐって部屋の中に入ると、そこでは『Fate/stay night』の原作ゲームやアニメ、来春にいよいよ最終章を迎える劇場版を含めた名シーンがピックアップされ、約3分間の映像に詰め込まれた映像が放映。ここでは、さすがはファンを驚かせることに定評のあるTYPE-MOONと言わざる終えない、ある演出が映像のラストで観られた。それはゲームのPC版には無く、コンシューマー版である『Fate/stay night [Realta Nua]』から追加された、ラストエピソードの”あの”シーンをアニメーションとして観ることができるのだ。草原の中、陽の光と共に微笑む瞬間のセイバーを見た瞬間、当時ラストエピソードを始めてみた瞬間の感動が蘇ること間違い無いだろう。

度肝を抜かれるTYPE-MOON激レア展示物の数々! 『Fate』のはじまりとなるルーズリーフを見逃すな! 

映像を鑑賞し終え次のエリアへ進むと、TYPE-MOONの歴代ヒロインたち、そして壁一面に描かれたサーヴァントたちの姿が。左側には『月姫』のアルクェイド、『空の境界』の両儀 式、『魔法使いの夜』の蒼崎青子、『Fate/stay night』のセイバー、遠坂 凛、間桐 桜のイラストが見上げるほど大きく飾られており、『Fate/stay night』3ヒロインにはそれぞれ手書きの絵も展示。そして右側には、2019年に実装されたばかりのスペースイシュタルから、最初期のサーヴァントまで、「Fate」シリーズに登場したサーヴァントが時代を遡るように敷き詰められいた。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

歴代のヒロインとサーヴァントたちを眺めつつ、次のエリアへ。そこには数枚のルーズリーフが展示されている。わかる方ならルーズリーフという単語だけで「まさか……」と思うが、それは奈須きのこが高校時代に書いたと言われ、人によっては“プロト”と言われるオリジナル版『Fate』だ! これは奈須きのこ自身が黒歴史と語り、武内 崇が厳重に保管しているといわれているもので、なんと本展ではその数ページを実際に目にする事ができる。内容は、物語の始まりから今では有名なランサーとの戦闘部分など、思わず食い入る様にみてしまうものだった。筆者イチオシの展示なので、ぜひ足を運んでその目に焼き付けてほしい。

またその先では、奈須きのこが『Fate/stay night』を作成した、当時のデスクを再現したセットを見ることも出来る。パソコンの画面を覗いてみれば、「Fate」シリーズで最も有名と言っても過言ではないシーン、セイバーと士郎の出会いであり、物語の始まりとなる部分のプロットが確認でき、見つけたファンはついニヤリとしてしまうだろう。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

PC脇の棚に並べられている書籍、CDも見どころだ。

さらに次のエリアには、TYPE-MOONスタッフのオフィスやデスク周りを見ることができる。各スタッフのデスクは様々なオブジェクトで表現されており、あわせて写真や色紙、スタッフへのQ&Aといったもの展示。特に色紙はそれぞれのイラストレータースタッフがあまり描いた覚えのない様なキャラクターも描かれており、これもぜひ目に入れて欲しい。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

続いての空間には、コミックマーケットといったイベントにて販売されていた限定グッズなど、TYPE-MOONの激レアアイテムがこれでもかと敷きつめられる様に展示。セイバーの水着姿のタペストリーや、FGO4コマ漫画でお馴染みのリヨ氏が描いたサーヴァントのトランプ、様々な表情したジャンヌオルタの缶バッチといった限定のアイテムも数多く確認でき、「ほしい!」と手を伸ばしたくなるほどの垂涎エリアとなっていた。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

アニメ、ゲームの資料にジオラマまで! 『Fate/stay night』のすべてを目に焼き付けよう

『Fate/stay night』原作ゲームの展示へと移ると、左右に前方、さらには天井に渡って大量の資料があり、まさにお宝の山。イベントシーンのラフ画や、サーヴァントたちの宝具の設定資料、キャラクターたちのデザイン資料、そしてタイトルロゴについてまで細かく書かれたものなど、凄まじい情報量が展示されているので、細かいところまで、時間をかけてゆっくりと鑑賞して欲しい。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

続くオレンジ色の壁が目印のこのエリアでは、2014年に放映されたTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』ビジュアル絵の作成経過や、コンシューマー版『Fate/stay night [Realta Nua]』の主題歌の楽譜が展示。ディスプレイではその懐かしい主題歌と映像も流れており、それを聴きつつ鑑賞できる。また、同エリアには2006年に放映されたTVアニメ『Fate/stay night』の原画も展示されており、細かな調整の様子や指示などが確認できる。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

突き当りに差し掛かると、今度はこれまでTYPE-MOONが描いてきたイラストがビッグサイズで展示。その脇には、12月25日(水)より発売される『Return to AVALON -武内崇Fate ART WORKS-』へ描き下ろされた、「イギリス紀行」の一部イラストも見ることができる。奈須きのこと武内 崇は2度イギリスを訪れており、イギリスの風景とともに描かれたセイバーのイラストはどれも美しく、現実に溶け込んだセイバーという印象を受けた。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート
TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

「イギリス紀行」の美麗イラストは、思わず足が止まってしまうこと間違いなし! イギリスの各地を巡るセイバーはもちろん、ドレスで着飾ったセイバーオルタも必見だ。

奥へと進むと、先述した2006年放送のTVアニメ『Fate/stay night』、通称“DEEN版アニメ”の原画や実際の台本、絵コンテなどが鑑賞できるエリアへ。小学生だった筆者は当時、本作をきっかけにアニメ、ゲームといった文化にのめり込んだのだが、よくよく考えてみれば13年も「Fate」という作品を愛し続けている訳で、それだけの魅力がこの作品にはあるのだなと改めて実感しつつ鑑賞していた。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

反対側の壁には『Fate/stay night』における出来事を事細かにチャート化したものが展示されている。

そして、「Fate」の世界と歴史を堪能したマスターたちを終盤に迎えるのは、全長13メートル、高さが4.5メートルにもおよぶ、超巨大なジオラマで再現された『Fate/stay night』の舞台“冬木市”。ここでは、細部再現された冬木市のジオラマを見ながら、「Fateルート」『Fate/hollow ataraxia』の名シーンが映像として流れ、ストーリーを振り返ることができるのだが、それに合わせてジオラマにプロジェクションマッピングがあてられる。セイバーがエクスカリバーを放つシーンでは光が走ったりと、各シーンと連動したプロジェクションマッピングは、ジオラマ内にて聖杯戦争が行われているのでは錯覚させ、『Fate/stay night』をプレイした際の感動をより鮮明に思い出すことができた。これを見るだけでも、本展へと足を運ぶ価値は十二分にある。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

ジオラマのエリアを出ると、TYPE-MOONが今現在までに発売したフィギュアや、連載されたコミックや小説などがぎゅっと詰まった空間へ。今では画像等でしか見られなくなった様なものまで所狭しと展示されている。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

最後のエリアではこれまでTYPE-MOON関係の作品が表紙を飾った雑誌や、舞台など出演者によるサイン入りのポスターが展示。さらに同エリアには、主人公・衛宮士郎を演じている杉山紀彰、セイバー役の川澄綾子、TYPE-MOONスタッフ、『Fate/Apocrypha』の東出祐一郎らからのアニバーサリーメッセージも。なかには『鬼滅の刃』作者・吾峠呼世晴、『東京グール』作者・石田スイら、各界クリエイターからの色紙までも飾られている。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

展覧会開催前日には、『Fate/stay night』のヒロインであるセイバー役・川澄綾子、遠坂 凛役・植田佳奈、間桐 桜役・下屋則子の3人が登場。15周年を迎えた『Fate』と自らが長く演じてきた役に対する想いや、これからのTYPE-MOONについてをそれぞれが語り、ついに始まるTYPE-MOON展を祝いテープカットを行った。

TYPE-MOON展 エンタメステーションレポート

テープカットには化けきのこも参加。

遂に始まった『Fate』15周年を記念した展示会「TYPE-MOON展 Fate/stay night-15周年の軌跡-」。是非とも自身の足で会場に向かい、その圧倒的な質量の『Fate』空間を楽しんで貰いたい。

TYPE-MOON展 Fate/stay night-15周年の軌跡-

開催場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム
開催期間:
・第1期“Fate” 2019年12月20日(金)~ 2020年1月20日(月)
・第2期“Unlimited Blade Works” 2020年1月23日(木)~ 2月24日(月)
・第3期“Heaven’s Feel” 2020年2月27日(木)~ 4月5日(日)
チケット:前売 2,300円/当日 2,500円
https://l-tike.com/event/mevent/?mid=481418
※日時指定制にて販売。
※第1期”Fate”の12月20日(金)~22日(日)までのプレビューデイ3日間は、ローソンチケットにて10月27日(日)10時より先行抽選にて発売。

「TYPE-MOON展」オフィシャルサイト
https://type-moon-museum.com/
「Fate/stay night 15th Celebration Project」オフィシャルサイト
https://fate-15th.com/