Interview

東大王・鶴崎修功が明かす「クイズに強くなる」本。そして書いてみたい本とは……?

東大王・鶴崎修功が明かす「クイズに強くなる」本。そして書いてみたい本とは……?

人気クイズ番組『東大王』のスタートから、伊沢拓司、水上 颯とともに東大王チームの一員として活躍。今も“鶴ちゃん”の愛称で出演者、視聴者から愛されながら、後輩を率いて『東大王』のレギュラー出演者として実力を知らしめている鶴崎修功。東京大学理学部数学科卒業後、現在は東京大学大学院で学び、東京大学クイズ研究会(TQC)に所属するクイズプレイヤーでもある“IQ165の天才”の異名を持つ鶴崎の読書スタイルとは? 彼の知られざるブックライフが電子書籍ストア「Reader Store」スペシャル企画で語られている。今回、エンタメステーションでは、そのインタビューの一部を特別に大公開!


クイズに強くなるために読んでいる本はどんなジャンル?

インタビュー前編では、これまでの読書について伺いました。現在はクイズ番組「東大王」はもちろん、東京大学クイズ研究会(TQC)での活動を含めクイズプレイヤーとして各種競技クイズ大会でも活躍していらっしゃいますが、クイズが強くなるために読んでいる本というのはありますか?

ありますね。クイズプレイヤーとして解くためにももちろん知識はいるんですけど、サークルではクイズを作るほうでもあるので。

例えばどういう本を読まれていますか?

クイズを始めてからは、僕の知らない新しい知識を得るために、雑誌を参照するようになりました。例えばスポーツ雑誌の「Number」(文藝春秋)ですとか。僕も中学・高校時代にやっていた卓球や、自転車ロードレースのように興味のあるスポーツはあるんですけど、そうではないスポーツはさすがに詳しくないので、スポーツのクイズのネタは雑誌で探すことは多いです。あとは最新商品を紹介している情報誌。今、世の中では何が流行っているのか、これから流行りそうなモノは何かを調べますね。もちろん、書籍で買うものもあります。

それはどういったジャンルのものですか?

最近、世界遺産検定2級を取得したんですけど、その準備に公式テキストを買いました。

すごいですね!

世界遺産を知ると、検定取得だけでなく、いろいろな知識が得られるんです。まず、世界遺産のある土地を深く知ることができる。イギリスだと産業革命時代にできた世界遺産が多く、ポルトガルの遺産は大航海時代のものが多いとか。世界史を知っていれば当たり前の知識ですが、改めて「なるほど、そうだよな」と思える発見があるのが面白いです。

分厚い専門書の携帯に電子書籍は便利。あとは書き込み機能を!

様々なジャンルの本を読まれる鶴崎さん。電子書籍は活用されますか?

最近、やはり増えましたね。自分の家の本棚がかなり手狭になってきてるんですが、研究のための専門書は捨てられない、でも欲しい本もあるので。

スペースの節約になりますよね。

意外と数学の専門書は、電子テキストを配布されることも多いんですよ。もちろん僕らは紙の本も買っておくんですが、たいていの数学専門書はすごく分厚くて重たいんですね。そもそも読むのにも1年くらいはかかりますし。それを家から大学まで持ち歩くとなると……1冊が限界(笑)。何冊も読もうとすると、電子書籍がとても便利なんです。研究者だとアカデミック権限でダウンロードが可能な本もあるので、専門書で電子書籍のお世話になることは多いです。

そこは大きな利点ですね。

ただ、体系的に読もうとすると、例えば1冊の本の中で3章と5章と7章を照らし合わせながら読みたい場合もある。その時は、紙の本でページに指を挟みながら、パラパラと見比べたりするんですね。それが電子書籍でもすぐにできる電子書籍リーダーがあると嬉しいなというのはあります。

マルチウインドウのような機能ですかね。ほかにはどんな要望が?

あとは、書き込み機能ですね。電子書籍リーダーにもマーカー機能があるものもありますが、直筆の書き込みには対応してくれていない。PDFベースだと元のテキストも保存しておけるし、タブレットなどを利用して書き込みをしたテキストも持っておけるので便利。それが電子書籍リーダーでもできると嬉しい。書き込み需要を満たせる電子書籍を読むためのデバイス、アプリの決定版! みたいなものが出てくれるといいなと。そうすればクイズ問題を作成する時も、「この本のここはもうクイズにした」とか、学生が勉強する時にも便利だと思うんです。

ところで、今年、鶴崎さんは水上 颯さんとクイズサークルの大会用、東京大学クイズ研究会のトーナメント大会用に作成されたクイズ問題をまとめた記録集『Megalomania Tokyo -Prototype-』を電子書籍で自費出版されていましたね。鶴崎さん個人として、今後、書いてみたい本はありますか?

そうですね……僕は自分の能力の上がる本が好きなので、そういう本は出してみたいと思います。いわゆる啓蒙書ではないものですね。できれば……

以下、気になるインタビューの全文はReader Store特設ページで!

取材・文 / 阿部美香 撮影 / 冨田 望
スタイリスト / 織部真由香 ヘアメイク / 高橋すずみ


Reader Store特設ページでは、鶴崎修功のインタビューに加え、おすすめ本を紹介。さらに「東大王」本のプレゼント企画も。ぜひチェックを!

Reader Store特別企画「鶴崎修功」特設ページはこちら!


鶴崎修功(つるさき ひさのり)

1995年4月19日 鳥取県生まれ。
東京大学大学院数理科学研究科修士課程在籍。高校時代、同級生と共に出場した数学コンテストにて県内1位を獲得。 2016年TBS『東大王2016』に出演し、クイズ番組初出場で初優勝を遂げた。現在はTBS『東大王』にて東大王チームとしてレギュラー出演中!

鶴崎修功オフィシャルTwitter(@tsurusaki_h)
東大王オフィシャルサイト