Topics

木村拓哉、川口春奈の質問攻めに「公開処刑じゃん(笑)」工藤阿須加、西畑大吾、三浦翔平らも登壇した『教場』完成披露試写会

木村拓哉、川口春奈の質問攻めに「公開処刑じゃん(笑)」工藤阿須加、西畑大吾、三浦翔平らも登壇した『教場』完成披露試写会

2020年1月4日(土)、5日(日)に放送される、スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)の完成披露試写会が、本日12月18日(水)にユナイテッド・シネマお台場で行われ、木村拓哉、工藤阿須加、川口春奈、葵 わかな、井之脇 海、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平、そして中江 功監督が登壇した。

試写(前編のみ)の後に行われた舞台挨拶だが、実はキャスト・監督共に、この日初めて完成した映像を観たとのこと。主演の木村が「実はまだ後編が出来ていません!」と衝撃の事実を明かすと、会場からは驚きの声が。次に工藤が、冷酷無比な教官・風間公親(木村)とその厳しい授業に耐える生徒の話という本作について、「正月からこれで良いのか?」と不安を吐露すると、会場からはクスクスと笑い声が聞こえ始め、場を和ませた。また、井之脇が「撮影当時のことを鮮明に覚えていて、そんな濃い時間を過ごせたことが幸せです」と語り、西畑が、「(映像を観て)初っ端から鳥肌立ち過ぎて、鳥になっちゃいそうでした」と感想を述べた。が、会場がざわつき始め、川口が「『今の大丈夫か?』と木村さんが…」と報告。事務所の先輩にツッコミを入れられ、たじたじとなった西畑の次に、挨拶の順番が回ってきた富田は、西畑の発言を引きずり、「うふふっ」とツボに入るという可愛らしい一面を見せ、これには西畑が「すみません!」と謝るなんて一幕も。本作で映像作品初出演となる味方は「これは現実なんだな、とやっと今感じることができています」と心境を語り、村井は「早く後編が観たいです!」と後編に期待。また、大島が「(すでにご覧いただいたけれど)“お家の前”で観ていただきたい」とお願いをすると、すかさず「お家の前?」と木村がツッコミを入れ、慌てて大島が「“テレビの前”ですね~!」と訂正し、笑いを誘った。

白髪・義眼に初挑戦した木村は「原作のイラストの風間の後ろ姿を意識しました」と役作りを明かし、間近で見ていた川口は、「義眼になったことで、怖い! 悪いことできない! と良い緊張感でした」と語った。また、撮影前に行われた、本格的な警察訓練を体験した工藤は「凄い厳しかったです」と本音をこぼしたが、「木村さんが僕らの目の前に立って風間教官として訓練に付き合ってくださったので、警察学校の生徒として緊張感を持てました」と木村に感謝を述べると、木村が「男子は『気をつけ、休め、楽に休め』だけで汗だくになっていました」と裏話を披露した。

ここで、教官を演じた木村に、生徒役キャストが質問をするコーナーへ。まずはじめに川口が「お休みの日、何しているんですか?」「コンビニに行かれますか?」とニヤけ気味に質問をすると、木村は「コンビニは、先日ゆりやん(レトリィバァ)にも聞かれて、『普通に行きますよ』と答えました」と回答。すると川口が「お休みの日は?」と食い気味に質問し、「晴れていたら、犬の散歩をします」と優しく答えた木村だったが、さらに川口が「天気が悪いと?」と質問。「そうですね、でも家にずっといるっていう感じではないです」と木村が答えると、川口は観客に「ですって!」と語りかけ、満足気だった。川口の質問攻めに木村も思わず「公開処刑じゃん!(笑)」と声を漏らしていた。続いて、西畑が「この『教場』の現場で初めて起こった出来事はありますか?」と質問すると、「前編を観る前は、(金髪の西畑に)『どうした? その髪の色ー!』って自然に話しかけていたけれど、前編を観た後(共演者のところに)入って行きづらかった。作品が自分自身をハンドリングする経験は初めてでした」と最新エピソードを明かした。

続いて、逆に、木村が生徒に質問をするというコーナーへ。木村の「風間が現場にいて『これはやめて』と思ったことがあれば教えてほしい」という質問に、三浦が「カットがかかった後も風間公親が立っていると座“れ”ないという…。木村さんは座ってって言ってくださったのですけれど…」と本音を語ると、木村から「女子なんかは座ってたじゃん!」とツッコミが。それに対し、葵が「最初は座らなかったのですが、立っているのが好きな方なのかな?と思い(笑)。気にしているのも失礼かなと思い座っちゃいました」と大物っぷり(!?)を見せると、会場はこの日一番の大盛りあがり!

最後に、木村が「後編ちゃんと作らせますので」と笑いを誘い、「楽しみにしていてください!」とメッセージを送って、イベントは終了した。

フォトギャラリー

フジテレビ開局60周年特別企画『教場』

2020年1月4日(土)、5日(日)
二夜連続 21時00分より放送

【STORY】
“教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。
また、警察学校という閉塞した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。
“風間教場”のクラスメートは30人。果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

出演:木村拓哉、工藤阿須加、川口春奈、林 遣都、葵 わかな、井之脇 海、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、富田望生、味方良介、村井良大、佐藤仁美、和田正人、石田 明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧 利夫、光石 研(友情出演)、大島優子、三浦翔平、小日向文世 ほか

原作:長岡弘樹「教場」シリーズ(小学館)
脚本:君塚良一
演出:中江 功
プロデュース:中江 功、西坂瑞城、髙石明彦(The icon)
制作協力:The icon
制作著作:フジテレビ

オフィシャルサイト
https://www.fujitv.co.jp/kyojo/

オフィシャルTwitter
@kazamakyojo

原作本『教場』