Interview

小澤 廉が客席に笑顔を咲かす。開幕直前の『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~の見どころとは?

小澤 廉が客席に笑顔を咲かす。開幕直前の『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~の見どころとは?

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~がまもなく開幕する。
4周年を迎えたスマートフォン向けゲームアプリ『あんさんぶるスターズ!』が原作。男性アイドルを育成する「私立夢ノ先学院」を舞台に、個性豊かな登場人物たちの成長を描いている。原作声優によるコンサート、キャラクターによるCGライブも回を重ね、TVアニメも絶賛放送中の人気作だ。舞台化作品は、作品の通称“あんスタ!”に倣って“あんステ”の愛称で親しまれ、2016年の初演以来シリーズ7作品を数えている。
「今回、Trickstarは新衣裳があります! 新ユニットも新曲も登場するので、おNEWが3つもある」と嬉しそうに語るのは、主人公・明星スバルを演じる小澤 廉。メインユニット・Trickstarのメンバーとして初演から出演してきた小澤が語る“あんステ”の見どころ、自身の変化と成長、周囲の役者仲間との関係性や最近ハマっていることまで、ソロインタビューでたっぷりと明かしてもらった。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 増田慶


もっと子供に戻って、わがままにお芝居しようと思っています

小澤さんは、ライブ公演を含めると今作が“あんステ”5度目の出演となりますね。

これだけ長く出演できることにまず感謝しなくてはと思いました。僕にとってはもうホームのような存在なんです。Trickstarのメンバーたちには素の自分も出せるので、今回も同じ顔ぶれでできるのが嬉しいです!

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

今回は原作のイベントストーリーである『迷い星*揺れる光、プレアデスの夜』と『追憶*春待ち桜と出会いの夜』、2つのお話が織り成される“エクストラ・ステージ”ということです。

はい。『追憶*春待ち桜と出会いの夜』はタイトルどおり、回想から始まる物語です。Trickstar結成前の4人でライブをやることになったエピソードが中心になるのですが、Trickstarの始まりとも言えるお話なので大事にしたいです。『迷い星*揺れる光、プレアデスの夜』は、メインストーリーの第1部クライマックスであるライブ対決【DDD】の勝敗が決まったあとの時系列になります。Switchという今回の舞台で初登場するユニットが解散の危機を迎えていて、Trickstarが手助けする……というお話ですね。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

メインストーリーは“あんステ”でも上演されているので、今回の時系列の間を経験しているという意味では、やりやすさがあったり?

それはありますね。Trickstarも【DDD】の前に解散危機を迎えて、それを乗り越えたという経緯があるので、Switchに対しても当時の心境を思い出しながら接することができるのではないかなと思います。解散危機のストーリーが描かれたのは、第2弾(『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~Take your marks!~/2017年1月上演)のときだったので、結構さかのぼって思い出すことにはなりますけど(笑)。当時、すごく切なかったことを鮮明に覚えています。スバルの想いを歌うオリジナル曲があったんですけど、その曲が流れると涙してしまうくらい思い入れの強い曲になっているので。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

では、2018年9月のライブ『あんステフェスティバル』ぶりに明星スバル 役に臨むにあたっても、何の心配もなさそうですね。

僕の良いところは、恐れずに何事も表現するということだったんですけど、悪く言えば、無知だったからできる芸当だったんですよ。“あんステ”シリーズ初期の頃に発揮できていた、小澤 廉が演じるスバルの良いところを今出せるかと言うと、“どうだろうな?”と思う部分はあるんです。スバルって天真爛漫で、感情のまま動いているのが良いところなので。僕自身は大人にならなきゃいけない年齢ではあるんですけど、“あんステ”に向けて自分の感情に素直になるということを、役づくりとして強くしていこうと思っています。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

前までは小澤さんそのままで役とリンクしていた部分が、これからは俯瞰的な目線も入れてつくっていかなければ、ということでしょうか?

客観視ができるようになった、と言うとおこがましいんですけど、ちょっと大人になっちゃった自分がいるので(笑)。そこを今回は抑えていかないと、スバルを演じることはできないかなと思うんです。役者として悪いところではあったのですが、以前は何も考えずに“ここはこういうシーンだから!”と、テンションブチ上がりでやっていたんです(笑)。でも今は、全体の流れを考えてお芝居をするようになって。良いことではあるんですけど、そこを考えだすと、“これをやってみよう”という蕾(つぼみ)を潰しかねないので、今回はもっと子供に戻って、わがままにお芝居しようと思っています。

そうした自由や挑戦は“あんステ”だからできるという部分も?

そうですね! 今回はTrickstarメインのお話でもありますし、許されるかなと(笑)。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

回を重ねるごとにどんどん距離が近くなっています

見せ場もたくさんありそうです。

昨日も氷鷹北斗 役の山本一慶くんと話していたのですが、出演するユニットが3つで11名というシリーズ史上最少人数になるので、必然的にお芝居パートに重みが増えるだろうと予想しています。そのぶん、ごまかしがきかないステージにもなると思うので、そこが楽しみだし、ちょっと不安な部分でもあります。演出家の宇治川まさなりさんと、いろいろ相談しながらやっていければ。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

Trickstarメンバーの日常や会話の場面をたくさん見たかったファンの方には“待っていました!”という作品になりそうですね。

そう思ってもらえたら嬉しいですね! でも“あんステ”は毎回ライブシーンにものすごい盛り上がりを見せるので、ライブも大事にしていけたら。さらに演技パートもしっかり演劇としてお届けできたらと思います。今回共演するユニットのうち、Ra*bitsは自分たちの中でしっかりお芝居をつくってくるので安心しています。Switchは初めましてになるので、協力しつつ、アドバイスできるところはして仲良くやっていきたいです。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

初演から変わらないキャストで出演しているTrickstarの雰囲気は?

基本的に一慶くんが回して、遊木 真 役のまっつー(松村泰一郎)がボケて、それに僕が乗っかって、衣更真緒 役のりっきー(谷水 力)が外でウンウンと頷きながら見守っているスタイルでやってきました(笑)。回を重ねるごとにどんどん距離が近くなっています。もっともっと気を遣わずにいられる仲になっていきたい! 今回は特にユニットの中では最年少であるりっきーをハッチャケさせようと狙っています(笑)。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

“パッと“華”を開かせることができるのか?“

“あんステ”は初演から3年半が経ちます。ご自身の中で、その間一番変化があったと感じる部分はどこですか?

……顔?(笑)大人の顔に近づいてしまったなと。昔はもっとふっくらしていたんですよ。頬の肉が削げてシャープな輪郭になった今の顔を良いと言ってくださる方もいらっしゃるんですけど、僕としてはもうちょい健康的にふっくらしていたほうが良かったなと思っていて。その見た目の変化と、中身としては……いろんなことを知ったこと、ですかね。我慢しなくてはいけないこともあるんだなと思ったし、でもそれで自分を消してしまうのも何か違うなあと思ったりもしていて。これは先程お話した、“前と同じようにスバルが演じられるのか”という想いにもつながります。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

それだけご自身の内部が演技にも反映されるんですね。

スバルは特に、昔の“何も考えずに華やかな俺を見ろ!”という小澤 廉で良かったんですよ。僕、よく“華がある”と言っていただけることがあって。高崎翔太くんからも「お芝居がうまいとは言えないけど、廉には華があるから」と言われていたりもしましたから。でも最近、いろいろ知ったり、考えるようになったりしたことで、“パッと“華”を開かせることができるのか?“と思い始めていて。アスファルトでわがままに咲くタンポポのようだったのが(笑)、どこで咲こうか迷いだしている感じというか……そういう悩みが生まれるようになったのは変化だなあと思います。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

年齢やキャリアを重ねて、座組みのポジションが上がったことも影響しているのでしょうか?

それもありますね。芸歴が一番下だから面倒をみてもらう、という位置じゃなくなりました。“あんステ”では座長をやらせてもらっているので、そのときからではあるんですけど。28歳ですし、甘えるスタンスではいられなくなったところはあります。

本来は後輩・弟気質?

そうです! ずっと弟でいたかった(笑)。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

先輩側に立つことが多くなってから、一番可愛がっている後輩はいますか?

今で言うと、太郎ちゃん(赤澤遼太郎)が一番身近にいる存在ですね。「おそ松さんon STAGE」の現場で、いつも隣りにいるんですよ。僕から隣りに行っているのか、太郎ちゃんが隣りに来るのかはわからないんですけど、気がついたらいつも隣りにいる(笑)。相談にのることもあれば、のってもらうこともありますし、僕が可愛がっているというよりは一番仲の良い後輩です。でも、“ビジネス仲悪い”をやっているんですよ(笑)。カメラが入ると、急に仲が悪い感じを出して、周りのメンバーに“このふたり、本当は仲良いんですよ~”って言ってもらうという流れで、よく笑いを取っています。

ではご自身が一番後輩になれる、慕っている先輩は?

そうですね……。翔太くんとかにはすごく甘えていたのですが、最近は“もう自分でやりなよ?”というスタンスになりました。もちろん気になったところは言ってくれるのですが、イチから見てもらう感じじゃなくて。って、年齢的には当たり前なんですけどね(笑)。だから僕が甘える人というと、僕自身がボケたがる傾向を見せる相手になります。「劇団シャイニング」でご一緒した横井翔二郎くんや、“あんステ”の中では一慶くんとか。ボケまくって、“かまってかまって!”とアピールしちゃうのですが、それは自分の中では気を許している証拠だなと思っています(笑)。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

一緒にいるときに安心できる共演者も癒やしだと思いますが、最近、“コレをしていると癒やされる”というモノはありますか?

シューティングゲームですね。無心になれます。脳をフル回転させていないと負けてしまうので、全集中力を持って挑んでいるうちに脳が鍛えられている気すらするんですよ。判断力も上がるし、ボケ防止にもなるらしいと聞いたので、衰え対策にプレイしていたいなと思っています……言い訳かもしれないですけど(笑)。僕、お風呂で防水のスマホを使ってアニメを観ながら身体を洗うのが日課なんですけど、湯船に使っているときはFPSを1プレイしてっていうルーティーン。だから、お風呂では忙しいです(笑)。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

お客様の笑顔を見てこちらも楽しい気分になります

舞台・映像・番組出演と幅広くご活躍中の小澤さんですが、お仕事をしていて一番楽しい、嬉しいと感じることは?

お客様が笑っているのを見たとき、ですかね。コメディー作品もそうですし、“あんステ”の舞台でお客様が笑顔でサイリウムを振っている姿を見たときとかも。そのお客様の何かしらのストレス解消になっていたりするのではないかと思えますし、人に影響を与えられている人間になれているのが嬉しくて! そこに一番やりがいを感じますし、その笑顔を見てこちらも楽しい気分になります。これは生の舞台が一番感じられるところですね。映像のお仕事も面白いです。舞台もみんなで協力してつくり上げるものですけど、映像も“この一瞬の1シーンのためだけに、こんなに全員が動くのか!”と衝撃でした。たった3秒のシーンに1時間かけていたりとか。でも瞬発力が身につけられると思いましたし、どのお仕事からも刺激や楽しさを受け取っています。

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 小澤 廉 エンタメステーションインタビュー

最後に“あんステ”をご覧になる方々へ向けて、メッセージをお願いします!

今回の“あんステ”ではTrickstarの過去なども明かされます。個人的に過去エピソードって燃えるものだと思っていて。“こんなことがあったから、この今があるんだ!”という楽しさがあると思うので、お客様にもそこを楽しんでいただけたら嬉しいです。そして登場5作目にして、初めて新衣裳があります! 新ユニットも新曲も登場するので、今回の舞台にはおNEWが3つもある。素晴らしく見応えのある舞台になると思うので、余すところなく表現できるように僕らも頑張っていきます! ぜひ笑顔でお待ちください。……何も始まっていないのに、笑顔で客席に座っていたら怖いか(笑)。ぜひ、期待してお待ちください!!

ヘアメイク / 有藤 萌(raftel)
スタイリスト / 山﨑和義
衣装協力 / GOSTAR DE FUGA


【募集終了】抽選で2名様に小澤 廉さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

小澤 廉さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月24日(火)~12月31日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~

福岡公演:2019年12月28日(土)~12月29日(日)福岡サンパレス ホテル&ホール
東京公演:2020年1月9日(木)~1月13日(月・祝)日本青年館ホール
大阪公演:2020年1月16日(木)~1月24日(金)大阪メルパルクホール
名古屋公演:2020年1月31日(金)~2月1日(土)名古屋市公会堂

<大千秋楽ライブビューイング決定!!>
2020年2月1日(土)17:00〜上映開始
詳細はこちら

原作:『あんさんぶるスターズ!』(Happy Elements K.K)
脚本:赤澤ムック
演出:宇治川まさなり
音楽:Arte Refact/角谷和俊
作詞:松井洋平

出演:
Trickstar
明星スバル 役:小澤 廉
氷鷹北斗 役:山本一慶
遊木 真 役:松村泰一郎
衣更真緒 役:谷水 力

Switch
逆先夏目 役:木津つばさ
青葉つむぎ 役:工藤大夢
春川 宙 役:世古口 凌

Ra*bits
仁兎なずな 役:大崎捺希
紫之 創 役:熊谷魁人
真白友也 役:宮崎 湧
天満 光 役:奥井那我人

主催 マーベラス/Happy Elements K.K/フロンティアワークス

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@ensemble_stage)

©2016 Happy Elements K.K/あんステ製作委員会

小澤 廉(おざわ・れん)

1991年8月12日生まれ、神奈川県出身。2013年に『仮面ライダー鎧武/ガイム』(ラット 役)に出演、2015年に「ダイヤのA The LIVE」(沢村栄純 役)で初主演、2018年には『新宿パンチ』で映画初主演を務める。ミュージカル『薄桜鬼』(藤堂平助 役)、舞台「おそ松さん on STAGE」(十四松 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3~』、舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~on Stage~」、音楽活劇「SHIRANAMI」、劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』【テレビドラマ】『あおざくら 防衛大学校物語』、『REAL↔︎FAKE』、『男水!』などがある。出演待機作には『舞台 あおざくら 防衛大学校物語』(2020年4月〜上演)がある。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@occult_box)

フォトギャラリー