特集“UVERworld ニューアルバム『UNSER』リリース記念企画”  vol. 3

Interview

UVERworld ソロインタビュー③ 克哉『UNSER』=「越」 身に付けた間違いも正解に変えられる力

UVERworld ソロインタビュー③ 克哉『UNSER』=「越」 身に付けた間違いも正解に変えられる力

前作『TYCOON』が3年を要した大作だとすれば、最新作『UNSER』はそれより短い2年4ヵ月で前作を遥かに超える飛距離をマークした、驚くべき進化の結晶だと言えるのではあるまいか。1曲1曲の存在感がずば抜けた今作についてリーダー&ギターの克哉は、誰の音楽を聴いているのか分からない、オムニバスみたいな作品が作りたかったと明かす。その言葉の真意とは果たして。サウンド構築においても重要な役割を担う彼の言葉を読み解いてほしい。

取材・文 / 本間夕子
撮影 / 荻原大志


このアルバムがOKとされるならば、今後何してもOKと言ってもらえる、何をしてもOKとされるそんなバンドになれたのかな

アリーナツアーもスタートしましたし、無事にリリースもされたわけですが、現時点で改めて『UNSER』はどんなアルバムになったと思われますか。

これから次に何をしても「こいつらやったら」って思ってもらえるようなアルバムになったかな。振り幅が大きくなったぶん、何をしてもだいぶOKになってる感じがしてるんですよ。例えばね、いろんな人と話してると“「ROB THE FRONTIER」はロックや”って言われるんです。

あれはロックという認識じゃないんです?

僕からしたら「これをロックと言うんだ?」って感じなんですよね。ロックというか、バンドサウンドかな。そう思ってもらえてるのって、いい意味で僕らの曲を聴いてくれてる人の耳を騙せてるんやなって。僕の中では2枚目とか3枚目ぐらいのアルバムをバンドサウンドって言うんだと思ってるんです。だから今、これをバンドサウンドと言ってもらえるならば、もっといろんなことできるなって。ここまで振り幅広げて行き切れたんやったら、次はもっと違うことをしたいなとも思うし。

今回は振り幅を広げることを意識されてたんでしょうか。

いや、意識は全然してないです。ただ新鮮なものを追い求めていったらここに辿り着いたっていうだけ。言わば今の自分たちにとっての旬ですよね。次にそれがどうなるかは自分たちでも分かってないんです、いい意味で。逆にこのアルバムがOKとされるならば、今後何してもOKと言ってもらえる、何をしてもOKとされるそんなバンドになれたのかなって思える1枚になったんじゃないかな。

実際、リリースされてからの反応ってどんな感じなんでしょう。

自分たちの中での手応えはすごくあって、ライヴでは全然違うふうになるとも思ってたし、その想定のもとでこのアルバムを作ってたんですよ。別物っていうと語弊がありますけど、ライヴではもっとよくなるって思ってて。だったら、なんでCDでもそうしないの? って思われるかもしれないけど、それはまた違うんですよね。今はまだライヴを観てへん人のほうが全然多いし、みんな盤(音源)としてしか聴いてないからいろんな意見があって面白いなってエゴサーチしながら思ってます(笑)。

エゴサーチ(笑)。例えばどんな意見が?

めっちゃハマったっていう人と、全然違うっていう人と。

そこまで二極に分かれます?

うん。でも僕はそれでいいと思ってて。もちろん100人が100人に「いい」って言ってもらいたいけど、ほぼ無理じゃないですか。十人十色っていうぐらいですし。だったら酷評もよしとして受け入れられるというか。

UVERworld 克哉エンタメステーションインタビュー

「俺はホテルに残るけど、オマエは飯食うてきいや」言うて。「オマエがもっと早く歌ってたらええねんけどな」と(笑)

『TYCOON』とはまた全然違うものになりましたしね。

たぶん『TYCOON』のときは一歩二歩だったとしたら、これは五十歩も百歩も進めてると思うんですよ。だから「かなり先に行ったな」みたいな意見を聞けるのはうれしいんですよ。極端な話、UVERworldらしいって言われたくないというか。誰の曲を聴いてるのか分からなかったって言われるのが心地いいですね。そこを狙ってるんで、やっぱり。

1曲1曲の存在感がすごくて、もはやアルバムっていう枠をはみ出してますしね。

そう。オムニバスみたいなアルバム作りたかったので、それがちゃんとできててよかったです。面白くないじゃないですか。アルバム1枚のトーンが全部一緒だと。僕は音楽にミーハーなので、あれも好き、これも好き、なんですよ。同じ音楽をずっと愛するというよりは、新鮮な音楽を愛してるタイプなので、いろんなものを聴きたいって思うんです。

要は1枚を通してずっと驚きや発見があってほしい。

そうですね。もともとがそういうバンドですし、もっとそういう色を出したいなっていうのはずっと思っていたので。

誠果さんから「今回はホント克っちゃんがすごく頑張ってた」って聞いたのですが……。

やらされるんですよ~!(笑) いや、もちろん自分も進んでやってましたけどね。

みんなが夕方ぐらいにスタジオに入るとして、克哉さんは昼2時ぐらいに入ってずっと作業をしてたって。それは今作に対して並々ならぬ思いがあったってことなのかな、と。

というか、時間をかけたら、かけたぶんだけ応えてくれてたんですよ、曲が。どうしていいか分からんっていう状況になってたときもあるけど、時間をかけたらちゃんと応えてくれたから、だったらそうしたらええやん、ぐらいに思ってたってだけの話なんですけど。楽しかったんですよ。徐々に変わっていく様とか、ちょっとしたことでダメになったりよくなったりするのが、すごく楽しくて。別に帰ろうと思ったらいつでも帰れたし、好きなときに来て好きなところまでやればいいだけなんですけど、楽しいから気付いたら朝になっちゃってたっていうノリ(笑)。ただ、そのおかげで僕、すでに新鮮味を感じなくなってきてて。

え? だってアルバムが完成したのって11月ですよね。まだ1ヵ月ちょっとじゃないですか。

だって死ぬほど聴きましたもん(笑)。たぶんメンバーの中でもいちばん聴いたんじゃないですかね。作業して、直して、帰るときも車の中でずっと聴いてて。スタジオに行くときも聴きながら次どうしようって考えてるし、そうしてまた作業をやりながらずっと聴くわけでしょ。あと僕、「ODD FUTURE」あたりからTAKUYA∞の声のエフェクト処理をする作業もずっとやってるんですよ。ロボットっぽい声にしたりとか全部、俺がやってるんですけど、歌詞がすぐ変わるたびに聴かないといけないから、ホンマめちゃめちゃ聴いてましたね。マジでTAKUYA∞より聴いてたんちゃうかな。

それは相当ですね……。

制作中にライヴで福岡に行ったときがあって、TAKUYA∞から「飯行こうや、克っちゃん」って誘われたんですけど、「いや、今からオマエが歌ったデータの作業をせなアカンから、ホテルでやるわ」って言ったら「……ごめん」みたいな(一同爆笑)。そんなんもありましたからね。

いい話だな~!(笑)

「俺はホテルに残るけど、オマエは飯食うてきいや」言うて。「オマエがもっと早く歌ってたらええねんけどな」とも言っときましたけど(笑)。

今作の中でも克哉さんが特にこだわった曲は? 

全部ですね、ホンマに。ただ思い出深いという意味では「First Sight」かな。

これは作曲クレジットに克哉さんの名前も並んでますね。

最初はアルバムに入れる予定ではなかったんですよ。アルバムが12月4日に出ますって発表された時点でまだこの曲はできてないですから。おぼろげな原型は俺のパソコンの中にあったんですけど、たぶん歌詞も間に合わへんし無理やろなって思ってたんですよ。なのにTAKUYA∞がしきりにスタッフに「あの曲入れたい」って言ったらしく、「どうやら入れるらしいです」って連絡が来たんで、じゃあ作らなアカンやんって。そこから作り始めましたからね。あと、こだわったっていうほどでもないけど「無意味になる夜」で真太郎に「クリック無視して叩いてくれ」って言ったり、「Making it Drive」もちょっとリズムがよれてるんですよ。そういうことができるようになったのは今の自分たちだからこそかなって。もともとはカッチリキッチリやりたいタイプなんですけど、それを無視してくれって言えるようになったのもはバンドとしての経験値と認知度が高くなってきたからだと思いますね。1stアルバムでそんなことやってたら、「こいつらめちゃくちゃ下手くそやん」ってなってたと思うんですけど。

ちゃんと技術力も身に付けて、バンドとしての説得力が備わった今だからこそ。

「あいつらやったら何してもOK」の第一歩になるっていうのはそういう意味でもあるんですよ。10枚目にして、やっとここまできて、次は何をしてもわりと認められる、「こいつらがやってるなら正しいのかな」って逆に錯覚さえも起こせるというか、間違いも正解に変えられる力を持ってきたような気がして。そういう意味で『UNSER』は物差しかなって思いますね。この物差しが通用したらわりと何をどう計られても「すげえ」って思ってもらえるのかなって。

通用しそうですか。

通用すると思うんですけど、ただ、すぐには認められへん気はしてます。1~2年かかって「あ、あのとき、こいつらがやってたのはこういうことか」みたいな、ちょっと先に行ってるような感覚でやっているので。

UVERworld 克哉エンタメステーションインタビュー

これが俺らのバンドをやる意味であり答え、バンドってここまでできるんだよ、やっていいんだよって

ちなみに克哉さんが『UNSER』の肝になると思う曲を選ぶとしたら、どれになるでしょう。

「AFTER LIFE」と「Making it Drive」ですね。でも、このアルバムに向かういいスタートが切れたってところでは「ODD FUTURE」も大きいです。『TYCOON』の次に出した1枚目のシングルが「ODD FUTURE」だったので。でも、肝と言うならやっぱり「Making it Drive」と「AFTER LIFE」。掲げたテーマをしっかり昇華できて、象徴してるのはこの2曲かなって。個人的には「AFTER LIFE」でやっとギタリストっぽいギターが弾けたなって気持ちもあるんですけど(笑)。アームを使ったりとか、今まであんまりしなかったんで。

ギタリスト的なアプローチをあえて避けてた、とか?

そういうわけじゃないですけど、引き算の美学を追求していくにあたり、耳に残るフレーズとか音っていうものをしっかり乗せていかないと、変にお化粧してしまいがちやなって。僕、『TYCOON』以降、いろんな音にアンテナを向けるようになって、気になったものは全部メモしてたんですよ。自分にとって新鮮な音ってなんやろと思って、ただの物音でさえも「これは使えるかも」とか。そういう意味では今回はギターも音の一部として、自分がギタリストであるということをちょっと切り離して置いておいたうえで、どの音で曲を構築するのが効果的かって考えてましたね。「ギタリストやからとりあえずギター弾こう」ではなく、これは本当に必要な音なのかって自問自答しながら、2年4ヵ月の間に培ってきたものを全部吐き出せた感じはします。

あと、タイトルについても伺いたいのですが、『UNSER』ってずいぶん見慣れない字面じゃないですか。アルバムの読みは“アンサー”とされてますけど、実際は“俺たちの”という意味のドイツ語で“ウンザー”と読むんですよね。かなり捻ったタイトルだなと思ったんですが。

でも聞いた瞬間に「いいやん」って思いましたけどね。ドイツ語ってところで決めた部分も大きいんですよ。バンド名の“UVER”もドイツ語じゃないですか。僕ら自身が特にドイツと縁があるわけじゃないけど、こういうダブルミーニングも好きやし、あとジャケットで使ってる字体がポンと浮かんできたんですよね。この“E”の感じがすごい好きやなって。後付けやけど、“俺たちの答え”ってこれで言えるのがいいなとも思ったし。これが俺らのバンドをやる意味であり答え、バンドってここまでできるんだよ、やっていいんだよっていうか。バンドはこうじゃなければアカンって囚われてしまうとホンマできないことが多くなってくるから。

では、ここで皆さんに共通の質問を。『UNSER』を漢字一文字で表すとしたら何になるでしょうか。

「越」ですね。越えられた、という意味で。掲げた目標にしっかり手が届いた。

越えられたその先がどうなるのか、すごく楽しみですけど。

もう次の制作も始まってますしね。とりあえず、また新鮮なものを探す旅になるんでしょうね。ここまで行き切れたら次は戻ってみるのも面白いやろうし。

戻るのはOKなんです?

全然OKですね。それは後退ではないと思うんで。むしろ、ここまでやったからこそ、戻っても新鮮に聴こえるんちゃうかな。もちろん、まだやってないこともあるし、やりたいこともあるし。とりあえず次のアルバムは2年以内には出したいですよね。

おお、ぜひお願いします!

ホンマ、僕らもうマジで音楽のことしか考えてないですから。「One Last Time」の歌詞じゃないけど、僕らは努力できる才能しか持ってないんで、音楽が好きと思ったら、それをとことんやるべきやなって思ってるんで。

UVERworld 克哉エンタメステーションインタビュー

この9年間に自分らがどれだけ成長したか分かると思うんですよ。たぶん一発、音出したらどんな感じなのか分かる

さて、いよいよ2度目となる東京ドーム公演が目前ですが、意気込みを聞かせていただけますか。

最初に立ったのが9年前ですよね。昨日、9年前のセットリストが送られてきたんですけど、エグいですよ~(笑)。こんなんでようやってたなって思うぐらい。

でも9年前はそこまで曲数もないですし。

そうなんですけど、ヤバ過ぎですよ、マジで。今これでやれって言われたら足震えますね(笑)。

逆に言えば今回はかなり自信のセットリスト。

はい、大まかには決まってて、ちょいちょい差し替えはあると思いますけど自信持ってやれますよ。全然大丈夫。きっと9年前は器に合うてなかったんですよね、バンド自体がまだ。2014年の京セラドーム公演ぐらいから、しっくりくるなって思えてきての今回の東京ドームなので。そこでやっと、この9年間に自分らがどれだけ成長したか分かると思うんですよ。たぶん一発、音出したらどんな感じなのか分かる。自分たちがどれくらいの器になってるか、楽しみです。

怖さはないですか。

怖さみたいなのはないですね。ただ演出的に怖い箇所があって、そこだけどうなるのかビクビクしてますけど(笑)。

2日目の男祭りはどうです? こちらも見事ソールドアウト、史上初の大記録となるわけですが。 

ありがたいことに両日ソールドアウトでホッとしました。特に男祭りはマジでホッとしましたね。さすがに無理やってスタッフとかからは言われてたんですけど。おかげさまで、やっとここで“NO.1”って言えるんじゃないかなって思いますね。そう言えるようにしっかりやり遂げて、そこからはもう男も女も境目をなくして次に進んでいきたいですね。

UVERworld エンタメステーションインタビュー

【募集終了】抽選で3名様にUVERworldさんの直筆サイン入りポスターをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月17日(火)~12月24日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


オフィシャルツアードキュメントブック最新刊好評予約受付中!

『UVERworld LIVE 2019 at TOKYO DOME The Document~UNSER TOUR & KING’S PARADE~』(仮)

熱狂の東京ドーム公演2Daysに完全密着!
通販限定販売で予約受付中。詳細は下記URLもしくはQRコードから。
https://www.sonymusicshop.jp/uverworld_book2019/

電子書籍ストア「Reader Store」の無料配信音楽雑誌『Reader Store Music』Vol.14の表紙&特集にUVERworldが登場!

「Reader Store」の月刊ミュージックマガジン『Reader Store Music』Vol.14の表紙&特集はUVERworldをフィーチャー。ニューアルバム『UNSER』に込められた想いや制作秘話をお届けします。また本誌だけのスペシャルQ&Aを掲載!さらにボーカル・TAKUYA∞本人の音声コメントも聴くことができます。2019年12月下旬、無料配信予定です。お楽しみに!

電子書籍ストア「Reader Store」
https://ebookstore.sony.jp

リリース情報

UVERworld
ALBUM『UNSER』
発売中

■初回限定盤 type-A(CD+特典Blu-ray+写真集+スリーブケース付き)
SRCL-11325~6 ¥6,000(税別)

■初回限定盤 type-B(CD+特典DVD+写真集+スリーブケース付き)
SRCL-11327~8 ¥5,700(税別)
(CD+特典DVD+写真集+スリーブケース付き)

■通常盤(CD)
SRCL-11329 ¥3,300(税別)

収録曲
(CD)
1. Making it Drive
2. AFTER LIFE
3. Touch off
4. 境界
5. stay on
6. First Sight
7. ODD FUTURE
8. 無意味になる夜
9. EDENへ
10. ConneQt
11. OXYMORON
12. One Last Time
13. ROB THE FRONTIER
14. GOOD and EVIL
15. UNSER

(初回限定盤特典映像収録曲)
UVERworld結成19年を迎えた2019年6月6日に沖縄にて行われたライブを完全収録!
【UVERworld生誕祭 2019.06.06 at OKINAWA】
1. ナノ・セカンド
2. DECIDED
3. GOOD and EVIL
4. ODD FUTURE
5. PLOT
6. earthy world
7. Q.E.D.
8. EMPTY96
9. 畢生皐月プロローグ
10. PRAYING RUN
11. ALL ALONE
12. Ø choir
13. 心とココロ
14. ConneQt
15. CORE STREAM
16. Touch off
17. Don’t Think. Feel
18. 零HERE~SE~ 
19. IMPACT
20. EDENへ
21. 在るべき形

ライブ情報

UVERworld LIVE 2019 at TOKYO DOME
12月19日(木)東京ドーム
12月20日(金)東京ドーム(男祭り「6 vs 45000」)

UVERworld LIVE 2019 UNSER TOUR
12月21日(土)横浜アリーナ(TAKUYA∞生誕祭・男祭りvs女祭り)
12月24日(火)神戸ワールド記念ホール(Premium Live on Xmas)
12月25日(水)神戸ワールド記念ホール(Premium Live on Xmas)
12月30日(月)マリンメッセ福岡
12月31日(火)マリンメッセ福岡

UVERworld

滋賀県出身の6人組ロックバンド。TAKUYA∞(Vocal)、克哉(Guitar)、信人(Bass)、誠果(Sax,Manipulator)、彰(Guitar)、真太郎(Drums)からなる滋賀県出身のロックバンド。
バンド名は“自分たちの世界を超えて広がる”というドイツ語を変形させたUVERとworldから名付けられた。2005年に「D-tecnoLife」でメジャーデビュー。2008年に発表した12thシングル「儚くも永久のカナシ」で初のシングルウィークリーランキング1位を獲得。同年11月には初の東京ドーム公演を実現した。2014年3月、サポートメンバーだった誠果がメンバーとして加入し6人編成となり、同年7月に開催した京セラドーム大阪公演を成功させた。2019年12月4日、10枚目のオリジナルアルバム『UNSER』をリリースし、初のアルバムウィークリーランキング1位に。12月20日には東京ドームで前代未聞の男性限定ライブ「男祭り」を45,000人のソールドアウトで動員。
そして2020年、結成20周年&メジャーデビュー15周年を迎え、さらなる飛躍が期待される。

オフィシャルサイト
https://www.uverworld.jp

vol.2
vol.3
vol.4