Interview

アーティスト・西川貴教 独自の読書観と電子書籍の可能性を語る

アーティスト・西川貴教 独自の読書観と電子書籍の可能性を語る

圧倒的な歌唱力でT.M.Revolutionとして音楽シーンに一大旋風を巻き起こし、地元滋賀県で立ち上げた「イナズマロック フェス」を、日本を代表する屋外ライブイベントに成長させるなど、オンステージでもバックステージでもその手腕を大いに振るっている国民的アーティスト・西川貴教。音楽活動以外でも、テレビや舞台などで幅広く活躍中。現在放送中のNHK連続テレビ小説『スカーレット』への出演も大きな話題となり、さらにファン層を広げている。

そんな彼に、電子書籍ストア『Reader Store』スペシャル企画として、本について様々な角度からインタビュー。歌詞を書き、歌い、話す、言葉の使い手ならではの深い考察が語られている、その一部を特別に大公開!


西川貴教から電子書籍システムへの提案とは?

さて、『Reader Store』9周年キャンペーンの一環として、このたび西川さんには店長に就任していただくことになりました。

ありがとうございます! でも僕、けっこうアナログですよ?

それは意外です。

Spotifyも最近始めたぐらいで。そういった意味ではデジタルなお話にはあまり乗れないかもしれません(笑)。

普段、電子書籍に触れることはありますか?

電子書籍というか、オーディオブックをたまに。これも登録したばかりでまだ活用しきれてはいないんですけど、移動中に聴くことが多いです。だから読書というか、本を読んでもらっているという。僕は基本的に、紙の雑誌を手でめくって、必要なところをちぎるタイプですから(笑)。ただ、間もなくやってくる5Gの時代にもなれば、雑誌はデジタルカタログとして存在していくんだろうなと思います。見ながらその場でECサイトに直結できたりとか、今まで以上にそういうことになっていくのかな、と。

インターネットに繋いでさえいれば、システム上は可能なことが多いですよね。

「電子書籍」っていうところで考えると、例えば、読んでいる文章の中に脚注が付いていたり、分からない文言があったりするときに、そこをタップすると脚注の内容や言葉の意味がポップアップで出てくるような、そういうシステムってもうあるのかな?

まだそこまで便利にはなっていませんね。

そうなんだ。そういうのがあると、もしかしたら教材としていいのかなと思って。ほら、今って歴史の教科書の内容がどんどん改訂されていってるじゃないですか。年号とか史実とか、アプリをアップデートするたびにちゃんと改訂されていくとしたら、それはすごく便利ですよね。電子書籍って、教材としての価値が高いと思うんです。情報端末としてタブレットがひとつあればいいわけでしょ? 教科書と参考書と辞書、重たいものを持たなくてよくなる。近い将来、そんなふうになっていくのかもしれないですね。

ボキャブラリー豊富で勤勉家のイメージも読書は苦手!?

西川さんが好んで読むジャンルはありますか?

うーん、自己啓発本とかじゃなくて、過去の偉人の言葉をまとめた本は好きで、よく読むんですよ。例えば、リリックの中にもうひとつ強い言葉が欲しいなっていうときに、参考にさせてもらうというか、刺激を受けたくて手に取ったりもします。ただ僕ね、正直あまり本を読まないんですよ。だから向いてないの、こういうキュレーターに(笑)。

そうなんですね。でも、もともとボキャブラリーが豊富で、会話を組み立てることに長けていて、デビュー当初から各メディアを盛り上げてきたじゃないですか。その言葉の知識はどこから得たものなんですか?

なんだろう……。特にこれといった能力がないぶん、気を遣ったといえばいいのかなぁ。人と話をする中で、「おそらく相手はこういうことを言っているんじゃないか」、「この先はこういう展開になるんじゃないか」と先読みして会話が成立すると、それを成功体験として記憶しておくんですね。その後ちゃんと自分で調べて使えるようにしておこうっていう考えがすごく強かった。

それはある種の処世術のようなものだったのかもしれない。

小さい頃から、周りに大人が多かったんですよね。そのせいかな、と。少し背伸びをしないと会話についていけなかったから。1を知ってから10を引っ張り出すまでのレスポンスを短くしていかないと、「こいつに話しても仕方ない」って子供扱いされることになるんですよ。それがとにかくイヤだった。そこなんだと思うんですよね。

経験から学んだわけですね。

そう。本から言葉を学んだわけではないんです。家に本がいっぱいあったわけでもないですし。ただ……

以下、気になるインタビューの全文はReader Store特設ページで!

取材・文 / 斉藤ユカ 撮影 / 荻原大志
スタイリスト / 川部優花 ヘアメイク / 浅沼薫(Deep-End)


Reader Store特設ページでは、西川貴教のインタビューに加え、おすすめ本を紹介。さらに抽選で直筆サイングッズのプレゼントも。要チェックです!!

『Reader Store』特別企画「西川貴教」特設ページはこちら!

直筆サイン入り最新ライブ映像作品『Takanori Nishikawa LIVE TOUR 001[SINGularity]』(初回生産限定盤A) ※抽選で1名様にプレゼント

直筆サイン入りチェキ ※抽選で3名様にプレゼント


西川貴教(にしかわ・たかのり)

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。1996年5月、ソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁-monopolize-」でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」など大ヒット曲を連発する。故郷・滋賀県から初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県初の大型野外ロックフェス“イナズマロック フェス”を主催、地方自治体の協力のもと、毎年滋賀県草津市で開催している。2016年5月にはT.M.Revolutionデビュー20周年を迎え、オールタイム・ベストアルバムをリリース。オリコン・アルバムチャートで1位を獲得し、2017年5月には20周年プロジェクトの集大成としてさいたまスーパーアリーナ2days公演を開催。2018年から西川貴教名義での活動を本格的にスタートさせ、3月に1stシングル「Bright Burning Shout」、10月にFear, and Loathing in Las Vegasとコラボレーションした配信シングル「Be Affected」、11月に2ndシングル「His/Story / Roll The Dice」をリリース。2019年3月6日に西川貴教としての1stアルバム『SINGularity』をリリースし、4月から全国ツアーを開催。追加公演を含む14公演を大盛況のうちに完走した。現在はNHK連続テレビ小説『スカーレット』にジョージ富士川役として出演するなど、役者、歌手、声優と常に新たな挑戦を続けている。

西川貴教オフィシャルサイト
西川貴教オフィシャルTwitter(@tmr15)

リリース情報

西川貴教
ライブDVD『Takanori Nishikawa LIVE TOUR 001[SINGularity]』

好評発売中

初回生産限定盤A
Blu-ray+2CD+フォトブック ¥8,182(税抜)

初回生産限定盤B
DVD+2CD+フォトブック ¥7,727(税抜)

通常盤
DVD ¥5,000(税抜)