Review

スーファミ版譲りの快感とクセの強さ。あのアスラ道場も……『ロマサガ3』沼に再びハマる

スーファミ版譲りの快感とクセの強さ。あのアスラ道場も……『ロマサガ3』沼に再びハマる

1995年にスクウェアから登場した名作RPG『ロマンシング サガ3』(以下、『ロマサガ3』)。スーパーファミコン版の発売から24年を経て“HDリマスター版”となった本作について、ここではオリジナル版を24年間親しんだ熱烈ファンが深掘りレビュー! 前回の記事ではゲームの基本的な楽しみかたを中心にお伝えしてきましたが、今回はさらにやり込みを進めた段階でのインプレッションをHDリマスター版ならではの新要素に注目しながらお届けしていきます。

文 / 柳 雄大


スーファミ最高峰グラフィックを現代のハード向けに!

PlayStation®4、Nintendo Switch™、Xbox One、Windows 10、Steam®、PlayStation®Vita、さらにiOS/Androidにも対応という超マルチプラットフォームで発売された『ロマサガ3』HDリマスター版。本作はこれまで携帯機への移植・リメイクがされていなかったことから、まずは待望だったPlayStation®Vita版をダウンロードすることに。さらにPlayStation®Vita版とPlayStation®4版でセーブデータを共有できるクロスセーブを試したかったこともあり、今回はこの2機種版をプレイしています。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲クロスセーブ。PlayStation®Vita版とPlayStation®4版でのセーブデータ(全プレイデータ一括)をサーバーにアップロード/ダウンロードすることで進行状況を共有できます

本作におけるHDリマスターの考えかたは、“キャラクター・モンスターのドット絵はオリジナル版をそのまま活かしつつ、背景を高解像度グラフィック(かつ16:9の画面比率)で新規に描き起こす”という前作『ロマンシング サガ2』HDリマスター版のものを踏襲。まず、この方針は大正解だと思います。背景がかなり精細になるぶん、そこをスーパーファミコン時代のドット絵が動き回ったら浮いてしまうのでは? と一見心配になりそうですが、長年見慣れたキャラクターのドット絵が変わらずに使われていることこそが重要であり、むしろ違和感はありません。特にPlayStation®4版でテレビの大画面に映したときに、生まれ変わった背景グラフィックをあらためて実感。民家のなかにある小物のひとつひとつに至るまでの新たな描き込みはとても見ごたえがあります。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲ダンジョンや街などのフィールドが16:9の画面比率になってグラフィックが精細化。もともとがスーパーファミコン最高クラスのグラフィックだったということもあり、プレイヤーの記憶している印象に近い美しさのままHDリマスター化できているように思います

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲ドット絵キャラのパーティーメンバーが常にトコトコ歩いて表示されるメニュー画面。装備・技・術など、プレイヤーの操作に応じてキャラが細かくアクションしてくれるのがとにかくカワイイ(ちなみに、主人公に選んでいるトーマスは筆者の飼い猫にちなんで“ソリティア”と名づけています)

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー
ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲バトルでは、要所要所のボスキャラや強敵キャラがうねうねアニメーションするように。グラフィックが大きいモンスターほど動きが派手で、四魔貴族やドラゴンルーラーといった強敵との戦いが楽しみになります。「私が町長です。」のイベント(いけにえの穴)で有名な“ねずみの群れ”がダイナミックに動き出す様子などにはたじろいだプレイヤーも多かったはず

1周目クリアから始まるやり込み道

より美しいグラフィックで楽しませてくれる『ロマサガ3』HDリマスター版を、“まずは1周”ということでラストまで攻略。「ロマサガ」シリーズといえばクリア難易度の高さで有名ですが、本作も例外ではなかったことをあらためて実感しました。
8人から選べる主人公、そしてゲームの進行や仲間キャラクターの選択がプレイヤーに委ねられるフリーシナリオシステムを採用した『ロマサガ3』。そのシステム上、脇道のイベントを省略して最速でラストに向かう方法もあるにはありますが、キャラの育成や強力なアイテムなど準備がそれなりに要ることを考えると、サブイベントの多くはクリアしておきたい。そうこうしていたら、自分なりに効率よく攻略したつもりでしたが、プレイ時間はラストダンジョン到着時点でおよそ30時間を費やしていました。スーパーファミコン時代の作品として見ても、なかなかのボリュームだと思います。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲ラストダンジョンへとつながる場所・黄京城。一度ここに入ると引き返せなくなるので要注意ですが、途中階でテラスに出られれば地域マップに抜けられるので覚えておきたいところ(PlayStation®Vita/PlayStation®4版の場合はここで□ボタン)

そして、道中はある程度ゴリ押しでも進めることができたぶん、パーティーをしっかり育てておかないと勝てないラスボスの強さが引き立ちました。その強さもしかりですが……演出、音楽、すべてが相まって“RPG史に残るカッコよさ”のラストバトルであったことも再確認。ここで詳細を書くことは控えますが、未体験の人にもぜひ一度、あのカッコよさをご自身で見届けていただきたいと思います。
なお、今回プレイしたPlayStation®Vita/PlayStation®4版にはトロフィーが実装されており、トロフィー一覧を見るのも楽しみになりました。8人の主人公のうち1人のシナリオを選んでプレイする本作では、各主人公のクリア実績がトロフィーになっていますが、プレイヤーにどの主人公が選ばれているのかがここでわかるのが興味深いところです。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲2019年11月半ば時点の主人公クリア実績で一番人気だったのはカタリナ。他の主人公の物語にはほとんど登場しないキャラということや、“髪をのばすorショートのままにする”を選べるイベントなどもあり、全国のプレイヤーが選んだことも「なんかわかる」と思うチョイス! ちなみに筆者はトーマスで1周目をクリアしました

オリジナルの『ロマサガ3』は“全主人公でクリア”を始めとして、目に見える形で実績の残らない(残せない)やり込み要素が多い作品だったので、今回のトロフィー実装はうれしかったです。逆に“すべての技を覚えた”とか“レアドロップアイテムのコンプリート”とか、達成難度が高いと思われるトロフィーはありません。このあたりは「サガ」愛好者の間で賛否が分かれそうですが、がんばればトロフィー100%を目指せそう、と思える点で個人的にはアリだと思いました。
また、HDリマスター版ではクリア後のお楽しみも新たに用意。いわゆる“強くてニューゲーム”ができる“NEW GAME+”です。これはゲーム途中のセーブデータを引き継いで最初からプレイできる機能で、クリア間近のデータを引き継げるのはもちろんですが、クリアしていない途中のデータでも適用できるのが特徴。仮に引き返せないダンジョンで“詰み”になってしまった場合でも、そこまでのプレイを無駄にせず最初からやり直すことができます。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲“NEW GAME+”を選ぶとゲームスタート時にこの画面が表示され、任意でセーブデータを引き継いだニューゲームが開始できるようになっています

“NEW GAME+”でゲームを開始すると、HP以外のキャラの成長を継承。WP(技ポイント)・JP(術ポイント)や武器のスキルレベルが上がった状態で、取得済みの技はすぐに覚え直すことができ、アイテムも(ゲーム進行のフラグに関わる一部のものを除き)倉庫に保管され取り出せるようになっています。このため、鍛え上げたセーブデータを使えばボスキャラが一撃で撃破できるようになっていたり、序盤には進めなかったルートを強引に進められたりといった楽しみかたが可能に。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲技は使い続けることにより“極意を取得”しておくと、“NEW GAME+”にも引き継がれます

技を“ひらめき”で覚えていく戦闘システムが大変魅力的な本作。“極意を取得”済みの技が多いと、新たな技をひらめく機会がほとんどなくなってしまうので、“NEW GAME+”2周目以降はその点でちょっと物足りない感じにはなってしまいます。ただ、普通にプレイしたときには味わえなかったサクサク感、転生チート勇者感(!?)もオツなもの。これで、1周目ではなかなか難しかったスピード攻略にも挑戦したくなりました。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲ちなみに主人公を替えて2周目をプレイし始めてみると、主人公ごとに街のテーマ(音楽)が違うことに気づきます。楽曲はキャラの性格や設定を反映し、メロディも音楽性もまったく違う……! これは本作オリジナル版そのままの仕様ですが、24年まえの初プレイ時にけっこう衝撃を受けたところ

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲今回の『ロマサガ3』HDリマスター版では、ゲーム開始時に“追加コンテンツあり・なし”を選べるように。ある意味“オリジナル原理主義者”でも納得の措置がとられています

24年越しに明かされる謎、幻のモンスターと“新・アスラ道場”

HDリマスター版となった本作では、オリジナル版になかった要素として新ダンジョン“暗闇の迷宮”が追加されています。ここに新たなモンスターやアイテムがあることはもちろんですが、『ロマサガ3』が作中で語り切れていなかった一部キャラの設定を回想・バトルを交えた演出でフォローするという試みがなされました。
8人の主人公を含め、パーティーに参加できるキャラクターがとても多い『ロマサガ3』。しかし、その一人ひとりに奥深い設定が存在しながらも作中でそのすべてが語られるわけではなく、プレイヤーの想像に委ねられる部分も少なくありません。HDリマスター版の“暗闇の迷宮”ではキャラクターたちの過去の記憶をたどることで、重要ないくつかの設定について知ることができます。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲“暗闇の迷宮”はゲームの進行上ある条件を満たすと(プレイ1周目からでOK)、ピドナ、リブロフの南西に出現

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲迷宮内は見通しが悪く、行き止まりが多い複雑な隠し通路のようなマップで構成されています

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲数名のキャラのバックボーンを補完する新エピソード。いずれも『ロマサガ3』オリジナル版と同じく河津秋敏さんによる書き下ろし!

ここで話はいったん脇道に逸れますが、『ロマサガ3』のオリジナル版には実装されなかったモンスターの存在が何体もウワサされてきました。これらのモンスターは24年まえ当時の攻略本などでデータが公開されていたほか、ゲームのエンドクレジットに姿を見せていたため、存在自体は有名であり「ずっと戦いたかった」と思っていたファンは少なくないはず……(筆者はそのひとりです)。そんな幻のモンスターたちが、HDリマスター版では“暗闇の迷宮”のボスキャラとして出現し、実際に戦えるようになりました。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲『ロマサガ3』マニアにはおなじみ、スーパーファミコン版の未登場モンスター。個人的に“トウテツ”は名前とビジュアルが心に残っていて相対してみたかった一体です

キャラクターの回想と、それらを追うたびに発生する新たなボスバトルの連続。“ミニイベントの集合体”という見かたをすれば印象はあっさりめな“暗闇の迷宮”ですが、設定にのみ存在していた数々の要素が24年越しに日の目を見たのはやはり、「サガ」ファンとして見逃せないところです。ちなみにダンジョン最深部のボス戦はかなり歯ごたえがあり(つまり強い!)、特別かつ意外な演出も用意されているので攻略の際はぜひここまでたどり着きたいところです。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲“暗闇の迷宮”各階層のボス戦イベントを経るたびにレアアイテムが手に入ります。いずれも強力な武器ではなく、“あったらすごく便利な補助系アイテム”だったところに魅力を感じます

そのうえで“暗闇の迷宮”初見で気づきにくいポイントとして、このダンジョンひとつのなかに作中の(ボス以外の)あらゆるモンスターが出現するという点があります。迷宮内でエンカウントするモンスターの組み合わせはすべて固定であるらしく、エンカウントする場所によって狙いどおりのモンスターに会うことが可能。これを利用することで、本来はなかなか会えない全種族の最強モンスターとも手軽に戦えるようになりました。
代表例のひとつが、悪魔系モンスター最強種のアスラ。戦うとレア(強力)な技をひらめく機会が多いことから、ファンの間では“アスラ道場”と呼ばれていますが、“暗闇の迷宮”にもこのアスラと必ずエンカウントできる場所が! キャラクターを鍛えるにはもってこいの“新・アスラ道場”がここにオープンしたわけです。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲四魔貴族に匹敵する強さながら、洞窟寺院跡(ダンジョン)における“アスラ道場”として有名になったこちらのお方。“暗闇の迷宮”でいつでも会えます

これ以外にもごくまれに貴重なアイテムを落とすモンスターに何度も再挑戦できたり、“暗闇の迷宮”はオリジナル版では難度の高かったやり込みを実現するのにも最適なスポットになりました。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲レアアイテム・水鏡の盾を落とすことがある玄竜、そしてゼラビートルという組み合わせにもマニアからは熱い視線が集まっています

“行間を読ませるRPG”としての魅力

オリジナル版のストーリー、そして未登場モンスターたちを“暗闇の迷宮”で補完したことが大きなポイントとなった『ロマサガ3』HDリマスター版。このことをきっかけに、あらためて一連のプレイで感じたのは……本作が、あまり多くを語らないながらも各所に設定を散りばめた“行間を読ませるRPG”であるということでした。
暑い場所、寒い場所、東洋やアフリカなどを連想させる多様な土地柄。地域ごとに経済があり貧富を感じさせたり、地域紛争があったり、それぞれの街にリアリティのある設定が存在しているのは本作の魅力のひとつです。ただし、実際にイベントシーンとして語られることはほんの一部。さらなる奥行きの部分は街の住人たちから聞くちょっとした会話、あるいはゲームの端々に散りばめられた設定から想像・考察することで行間を読むように楽しむものとなっています。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲8人の主人公の出発点となる西方地域と最終目的地となる東方地域は大きく分断されており、現実の西洋・東洋のように文化も大きく異なります。砂漠を渡って向かう東方行きは本作の冒険のなかでも大きな見どころ

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲隣国との冷戦状態が続くファルスの街で、「ぬれ手にあわ ぬれ手にあわ」とだけセリフを発する夫婦は印象的。“行間を読ませる”系キャラの筆頭的存在かも……

実はここまで触れてきませんでしたが、ミニゲームとして用意されている“トレード(物件の買収をゲーム化)”、“マスコンバット(軍隊をぶつけあう戦術シミュレーション)”は、そうした世界設定の補完にひと役買っている存在。ミニゲームという存在でありつつ、『ロマサガ3』の世界が“生きている”と感じさせてくれる重要な要素です。HDリマスター版でもこれらはバッチリ継承されました。
特に“トレード”は、大金を積んで物件を買収するやりとりをバトルゲーム化し、それをRPGのなかに取り入れたところ、さらに作品の世界設定と絶妙に融合しているところがものすごい。作中のほとんどの街の物件を買収対象としていることからボリュームもあり、明らかに作品内のミニゲームの範疇を超えていて……この仕組みを作ってしまったこと自体「天才では?」としか表現のしようがないぐらいです。

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲トレードには“ニセ情報を流す”、“おもてなし”、“ネマワシ”など相手物件を買収するためのかけひき技がいくつも存在するほか、バトルにおける技取得と同様に“ひらめき”で覚えていくグループ技があり、こちらも“ひらめき”の瞬間の気持ちよさが病みつきになります

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲それぞれの街にいる“エージェント”に話しかけることで挑戦できるトレード。各地域の物件によって取り扱っている品目が異なり、街や村がどんな産業で成り立っているのかがこのミニゲームから見えてきます

ロマンシング サガ3 エンタメステーションレビュー

▲戦術シミュレーションの“マスコンバット”。多くの主人公のシナリオでは1~2回触れる程度の要素ですが、一国の主であるミカエルを主人公に選んだ場合は、ゲームのメイン要素のひとつとしてガッツリ遊ぶことができます

こういったミニゲームも含め、オリジナルであるスーパーファミコン版の楽しさを損なうことなく、マルチプラットフォーム対応によりお手軽かつどんなときでもやり込みが可能に。メニュー画面や全体マップ(ワールドマップ間の移動)のインターフェイスを始め、HDリマスター版で変更された細かい部分を見て「オリジナル版の良さもいまだ捨てがたい」と思う場面はありつつも……ゲームの快感を担う肝心な部分はしっかりと継承されていると断言します。技の“ひらめき”が快感になるバトルと味わい深い世界設定を内包した’90年代のクラシックRPGの名作として、これまで『ロマサガ3』を未体験という人にもぜひプレイしていただきたいと思います!

フォトギャラリー
ロマンシング サガ3 ロゴ

■タイトル:ロマンシング サガ3
■発売元:スクウェア・エニックス
■対応ハード:PlayStation®4/PlayStation®Vita/Nintendo Switch™/Xbox One/Windows® 10/Steam®/iOS/Android
■ジャンル:RPG
■対象年齢:12歳以上
■発売日:発売中(2019年11月11日)
■価格:ダウンロード版 3,500円(税込)
iOS/Android版は3,420円(税込)


『ロマンシング サガ3』オフィシャルサイト

© 1995, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Planned & Developed by ArtePiazza
ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI