Topics

宮沢氷魚「キスされると思った」。映画『his』“おでこコツン”シーンの裏側を今泉力哉監督が明かす

宮沢氷魚「キスされると思った」。映画『his』“おでこコツン”シーンの裏側を今泉力哉監督が明かす

2020年1月24日(金)に全国公開される、宮沢氷魚の初主演映画『his』より、今泉力哉監督のコメントが到着した。

本作は、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川 迅(宮沢)と、迅が恋焦がれる日比野 渚(藤原季節)の男性二人の恋愛と、「好きだけではどうしようもない」“その先”の物語を描く。

この度公開された今泉監督のコメントは、予告編映像やポスタービジュアルでも象徴的に使用されている“おでこコツン”シーンの撮影秘話を語ったもの。「この“おでこをくっつける”という動きは、もともと脚本にはありませんでした。私が撮影現場で思いつき、氷魚さんにはあえて何も伝えず、季節さんにだけ“静かに近づいていっておでこをくっつけてほしい”と伝えました。つまり、本番撮影時、氷魚さんは相手がどう動くか一切知らないまま演じていたので、季節さんが近づいてきたとき、もしかしたらキスされるのでは?と考えて演じることになる。そうした緊張感と心のざわめきを狙ったシーンになります。実際、カットをかけた後、氷魚さんに聞いたらキスされると思った、と話していました。狙い通りです(笑)」と脚本にはなかったと明かす。

もちろん、この演出方法なので何度も撮り直すことはなく、少ないテイクでOKが出たとのことだが、宮沢はこの演出について、「自由に演技させてもらった」と振り返り、「だから僕らも悩みましたが、監督が一番悩んでいたと思います」とコメント。藤原も「人を好きになるっていう気持ちに答えはないんだなって、今泉さんと一緒に作品を作って思いました。答えがないところに向かうときは、めちゃくちゃ苦しいですが、そういう答えのないものを撮ろうとするのが“今泉映画”の真髄なんだなと思いました」と語っている。

映画『his』

2020年1月24日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

【STORY】
井川 迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野 渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

出演:宮沢氷魚/藤原季節
松本若菜 松本穂香/外村紗玖良 中村久美
鈴木慶一 根岸季衣 堀部圭亮 戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム

©2020映画「his」製作委員会

オフィシャルサイト
https://www.phantom-film.com/his-movie/