Topics

山田涼介、変装せずに蓮佛美沙子とのデートを楽しむ! 映画『記憶屋 あなたを忘れない』完成披露メモリアルイベント

山田涼介、変装せずに蓮佛美沙子とのデートを楽しむ! 映画『記憶屋 あなたを忘れない』完成披露メモリアルイベント

本日12月10日(火)、映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年1月17日(金)公開)の完成披露メモリアルイベントが丸の内ピカデリー1にて行われ、山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉 里香、濱田龍臣、そして平川雄一朗監督が登壇した。

まずはじめに、山田が「本が難しいお話なので、お客さんがわかりやすく受け取れるように、話し合いながら演じていました」と撮影を振り返ると、平川監督が「特に蔵之介さんは脚本を変えて…色々とアドバイスをいただいて…この映画に凄く貢献していただいた功労者です!」と佐々木を評価。そんな佐々木は「SFファンタジーがお客さんに浸透していくことが大変だなと思いました」と語った。次に芳根が、撮影で記憶に残っていることを聞かれ、「そうですね…記憶に残っていること…」と考えると、山田が「記憶屋に消されたか?」とツッコミを入れて笑いを誘った。そんな心配をよそに芳根は「本当に闘ったな、ということが印象的です。というのも監督が『これ“で”良い』でOKを出す方ではないので、その分、色んな(自身が演じる)真希を見ることができました。妥協せずに何度も挑戦させてもらえたことに感謝しています」とコメント。そんな芳根を、山田が「良い意味で“化け物の類”だなと思いました。本読みを本意気でやっていたので、幼馴染役としてできることはやっていこうと思いました」と語った。

続いて佐々木が、広島での撮影の後に、山田が所属するHey! Say! JUMPのライブを観るために、一人で福岡のヤフオクドームを訪れたエピソードを披露。一番共演したい俳優に佐々木の名前を挙げていた山田は、「嬉しかったです」と笑顔を見せた。次に、山田演じる遼一の記憶だけが消えてしまった遼一の恋人・杏子を演じた蓮佛が撮影を振り返り、「役柄では忘れていますが、私個人の中には(遼一の)残像が残っているので。山田くんが悲しい顔をしていて切なかったです」と語ると山田が、遼一と杏子のデート写真を撮るためにお台場を訪れた話をし、「全然バレなかったです!」と帽子もマスクもしていないのに気付かれなかったエピソードを披露。蓮佛も「山田涼介居るのに誰も振り向かない!」とびっくりしたようで、「いや~楽しいね!」と山田が公の場でのデートを楽しんでいたことを暴露した。

ここで新予告編映像が上映され、主題歌が中島みゆきの「時代」に決定したことが発表された。中島自身が歌う「時代」が映画の主題歌になるのは史上初。山田は主題歌について「映画の内容にリンクしている歌詞が多いので、この一曲で、この映画の良さを出している」と語った。

次に、人の記憶を消すことができる“記憶屋”を描く本作にちなみ、記憶屋に消されたくない、今年1年の思い出を披露することに。「蔵之介さんに貰った日本酒の味」(山田)、「日本アカデミー賞の新人賞をいただいた際の式典の景色」(芳根)、「佐々木すみ江さんとのシーン」(佐々木)、「山田くんが突然『鳩ぽっぽ』を歌った後に『およげ!たいやきくん』を歌っていたこと」(蓮佛)、「今日この場にいること」(泉)、「普通自動車免許を取得したこと」(濱田)とそれぞれ話し、逆に消したい記憶として、「芳根ちゃんからの差し入れの手作りクッキーを、一袋ごっそり持って行き、それをスタッフさんに見られた記憶」(山田)、「“舞台の本番前にセリフを全て忘れた夢”を見たので、嫌な夢の記憶」(芳根)「広島弁の方言指導の方にいただいた洋酒ケーキが、ぺしゃんこになったこと」(佐々木)と語った。

最後に主演の山田が「この映画は、どのキャラクターにフォーカスを自分で合わせるかで、見え方が変わってくる映画だと思っていて、世代問わず楽しんでいただける作品になったのではないかなと思います。この冬、最も感動できる作品になっているので、この映画を観て、皆さんの中の大切なもの、大事なものを、見返すようなきっかけになって、色んな方におすすめしてくれたら嬉しいです」と挨拶をして、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

フォトギャラリー

映画『記憶屋 あなたを忘れない』

2020年1月17日(金)公開

【STORY】
大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。
幼なじみの真希や高原の助手・七海らと調査を進めるうちに、遼一は人々の中にある忘れたい記憶やその奥にある思いや愛に触れていくことに……。

原作:織守きょうや『記憶屋』(角川ホラー文庫刊)
監督:平川雄一朗
脚本:鹿目けい子 平川雄一朗
音楽:髙見 優
配給:松竹

出演:山田涼介 芳根京子 佐々木蔵之介 蓮佛美沙子 泉 里香 田中 泯/杉本哲太 佐々木すみ江 櫻井淳子 戸田菜穂 ブラザートム 須藤理彩 濱田龍臣 佐生 雪 稲垣来泉ほか

©2020「記憶屋」製作委員会

オフィシャルサイト
https://kiokuya-movie.jp/

原作本『記憶屋』