Column

『ヲタクに恋は難しい』『サヨナラまでの30分』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など2020年上半期も見逃し厳禁映画が大渋滞! 要注目邦画リストを公開

『ヲタクに恋は難しい』『サヨナラまでの30分』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など2020年上半期も見逃し厳禁映画が大渋滞! 要注目邦画リストを公開

気がつけば2019年も残りわずか。来年はついに東京オリンピックが開催される”五輪イヤー”だが、日本映画界も気になる新作が続々と待機中。話題のシリーズ映画、ファンは期待と不安が入り混じる原作の映画化、そしてアイデア勝負のオリジナル作品。2020年の日本映画も気になるラインナップになりそうだ。

内容保証! 注目のシリーズものが公開ラッシュ!

2020年も季節の訪れを感じさせてくれる定番のアニメシリーズ(ドラえもん、クレヨンしんちゃん、名探偵コナン、プリキュア)はもちろん待機中。その中でも『ドラえもん』は2020年が記念すべき誕生50周年。年明けから春にかけて様々なキャンペーンが行われるはずだ。

また、人気作の続編も2020年は続々と公開される。まず、年明け早々の1月10日(金)には『カイジ ファイナルゲーム』が公開する。藤原竜也主演の人気シリーズが9年ぶりに復活して、タイトルの通り完結する。毎回、極限状態に追い込まれた主人公が無茶な勝負に挑む様が描かれてきたが、今回はシリーズ最大の大勝負が描かれる。ライバル役を演じるのは名優・吉田鋼太郎。プライベートでも親交のある藤原と吉田の演技バトルを目撃するだけでも鑑賞料金以上の価値があるはずだ。なお、ほかにも福士蒼汰、関水 渚、新田真剣佑ら豪華キャストが出演。最後の最後にカイジがどんな”奇策”を繰り出すのか楽しみだ。

そしてこちらも人気シリーズ『コンフィデンスマンJP』の新作映画が5月1日(金)に公開。相手をダマす”信用詐欺”を描いた人気ドラマを映画化した前作は香港を舞台に描かれ大ヒット。続く映画第2弾も長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らが集結。マレーシアのランカウイ島で撮影が行われた今作も観客の予想外の展開が描かれ、ファンはまたもやダマされることになりそうだ。

さらに『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2月21日(金)公開)も待機中。北川景子主演で2018年に公開され、大ヒットを記録した衝撃作の続編で、最新作では前作で事件を解決に導いた刑事・加賀谷が再び登場。千葉雄大が最新作では主演を務める。さらに乃木坂46の白石麻衣、出演作の続く成田 凌らが出演。スマートフォンをモチーフにセキュリティの問題やSNS、個人情報の闇を描く”決して他人事とはいえない恐怖”ミステリーになりそうだ。

2020年もやっぱり気になるコミック&小説の映画化

日本映画界といえば、何と言っても人気コミックや小説の映画化がやはり強い。すでに多くのファンを抱えていて知名度も抜群。その分、ファンはイメージが壊されてしまわないかと少し不安で、公開されると炎上!なんてリスクもある。

『ヲタクに恋は難しい』はアニメ化もされた人気ウェブコミックを実写化したもの。隠れ腐女子のヒロインと重度のゲームヲタクの不器用すぎる恋の模様を描くコメディで、実写版では高畑充希と山﨑賢人が主演に決定。脚本と監督を務めるのは「銀魂」シリーズなど、原作ファンを納得させる実写化で定評のある福田雄一で、主演のほかにクセの強いキャストも勢揃いする。熱狂的なファンの多い作品だけに評価が分かれるかもしれないが、賛否も含めて公開時には注目を集めることになるはずだ。

織守きょうやの人気小説シリーズを映画化する『記憶屋 あなたを忘れない』は、年明けすぐの1月17日(金)に公開。人の記憶を消すことができる”記憶屋”によって、ある時期の記憶がすっかり消えてしまった恋人のために奔走する主人公の物語で、山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介らが出演。原作小説は日本ホラー大賞受賞作だが、映画は観る者を必ず涙させる感動作になりそうだ。記憶を消す設定と感動ドラマがどう折り合うのか……観る者の期待と予想を華麗に裏切る映画になるかもしれない。

ちなみに原作になるのは小説やコミックばかりではない。日記が、それも“架空の日記”が原作になっているのが『架空OL日記』だ。お笑い芸人で脚本家のバカリズムがOLになりきって書いた架空の日記を書籍化し、さらにそれを自身の脚本・主演でドラマ化。ドラマの完成度がとても高く、脚本は第36回向田邦子賞を受賞。OLの日常が時に淡々と、そして時に”なぜ?”と観る者を惑わせる展開を織り交ぜて描かれる作品で、映画版もバカリズムが続投するほか、夏帆、臼田あさ美、佐藤 玲、山田真歩が引き続き出演。何げない会話も細部まで計算された脚本と、キャストの個性が絶妙にマッチした本作は一度観るとハマること間違いナシだ。

オリジナル作品にも実力派俳優が集結する大作が並ぶ!

原作もの、シリーズものが多数派の中、まだ誰も知らないオリジナルの企画で新作映画を撮るのは、ややハードルが高い。しかし、未知の世界が広がっている、映画館で初めて衝撃を味わえるのもオリジナル作品の魅力ではないだろうか。

『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの作品で日本だけでなく海外にも熱狂的なファンの多い岩井俊二監督が、これまでの作品の集大成として、『Love Letter』へのアンサーとして完成させたのが最新作『ラストレター』だ。タイトルの通り”手紙”をモチーフにしたオリジナルストーリーで、松 たか子、福山雅治、広瀬すず、神木隆之介、森 七菜、そして『Love Letter』にも出演した中山美穂と豊川悦司が出演。国内外の注目を集める1作だ。

残されたカセットテープを再生している間だけ、亡くなったミュージシャンと大学生が入れ替わる。そんな気になる設定を盛り込んだオリジナル作品『サヨナラまでの30分』が1月24日(金)公開になる。主演はどちらも出演作が続く注目株、新田真剣佑と北村匠海。ふたりの共演作というだけでも気になるが、本作は”音楽”青春ラブストーリー。映画のキモになる音楽はandropの内澤崇仁がプロデューサーを務め、odol、mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)、雨のパレード、Ghost like girlfriend、Michael Kanekoの6組が楽曲を提供。キャストも音楽もいま最も”上り調子”にあるメンバーを集めた作品だけに、何年か経って振り返ると「こんな豪華なメンバーが!」という可能性もある。

先にも書いたが、日本でオリジナル企画を実現させるのはなかなかに大変。予算のかかるアクション大作を実現させるのも大変。そんなふたつを一度に実現させるのは……。そんな山に挑んだ今年上半期最も気になる映画が大沢たかお主演の『AI崩壊』(1月31日(金)公開)だ。人工知能(AI)が社会の様々な場所に入り込み、人間の健康状態も管理するようになった近未来でAIが暴走。嫌疑をかけられて追われる身となった主人公の壮大なドラマを描く。賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、玉城ティナ、三浦友和らキャストも豪華で、最新のAI事情や今後の展開を徹底的にリサーチして脚本が執筆されたという。SF的な設定、アクション、大規模な撮影、そして完全オリジナル企画……本作がヒットすれば、日本でも今後、大規模なオリジナル企画がさらに生まれるかもしれない。

ここで紹介した作品のほかにも、橋本環奈主演のR15映画『シグナル100』(1月24日(金)公開)や、広瀬すず主演のコメディ映画『一度死んでみた』(3月20日(金)公開)、中島みゆきの名曲「糸」から着想を得て、菅田将暉と小松菜奈のW主演で映画化される『糸』(4月24日(金)公開)、ほか大作映画や賞レース入り確実の時代劇、まだ解禁になっていない注目作などが続々と待機中。好きなキャスト目当てで観るも良し、好きな原作の実写化に期待を膨らませるのも良し、まだ観ぬオリジナル作品を支持するも良し! ともあれ、2020年も日本映画界から目が離せなそうだ。

作品情報(※公開日順)

映画『カイジ ファイナルゲーム』

1月10日(金)全国東宝系にて公開

【STORY】
2020年、国を挙げて盛大に開かれた東京オリンピックの終了を機に、この国の景気は恐ろしい速さで失速していった。今この国では、金を持つ強者だけが生き残り、金のない弱者は簡単に踏みつぶされ、身を寄せ合うことで何とか今を生きていた―。自堕落な生活を送っていたカイジは、派遣会社からクズと罵られ、薄っぺらい給料袋を手渡される。憤りを感じながらも一缶千円に値上がりしたビールを買うかどうか迷っていた。そんなとき、カイジの前に大槻が現れ、一攫千金のチャンスの話を持ちかける。
“ざわ…ざわ…ざわ…ざわ”
運命の歯車は動き出した。カイジを待ち受ける未来は天国か地獄か? 日本中を奮い立たせる最後のギャンブルが今始まる―。

出演者:藤原竜也 福士蒼汰 関水 渚 新田真剣佑 吉田鋼太郎 松尾スズキ 生瀬勝久 天海祐希 山崎育三郎 前田公輝 瀬戸利樹 金田明夫 伊武雅刀
原作:『カイジ』(福本伸行/講談社ヤンマガKC刊)
監督:佐藤東弥
脚本:福本伸行 徳永友一
配給:東宝
©福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

オフィシャルサイト
http://kaiji-final-game.jp

映画『記憶屋 あなたを忘れない』

1月17日(金)全国ロードショー

【STORY】
大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。 幼なじみの真希や高原の助手・七海らと調査を進めるうちに、遼一は人々の中にある忘れたい記憶や、その奥にある思いや愛に触れていくことに……。

出演:山田涼介 芳根京子 佐々木蔵之介 蓮佛美沙子 泉 里香 田中 泯 杉本哲太 佐々木すみ江 櫻井淳子 戸田菜穂 ブラザートム 須藤理沙 濱田龍臣 佐生 雪 稲垣来泉 ほか
原作:織守きょうや『記憶屋』(角川ホラー文庫刊)
監督:平川雄一朗
脚本:鹿目けい子 平川雄一朗
配給:松竹
©2020「記憶屋」製作委員会

オフィシャルサイト
https://kiokuya-movie.jp

映画『ラストレター』

1月17日(金)全国公開

【STORY】
裕里(松 たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森 七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

出演:松たか子 広瀬すず/庵野秀明 森 七菜 小室等 水越けいこ 木内みどり 鈴木慶一/豊川悦司 中山美穂/神木隆之介 福山雅治
監督・脚本・編集:岩井俊二
原作:岩井俊二『ラストレター』(文春文庫刊)
音楽:小林武史
主題歌:森七菜「カエルノウタ」※作詞:岩井俊二、作曲:小林武史
配給:東宝
©2020「ラストレター」製作委員会

オフィシャルサイト
https://last-letter-movie.jp/

映画『サヨナラまでの30分』

1月24日(金)全国ロードショー

【STORY】
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。

出演:新田真剣佑 北村匠海/久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔/牧瀬里穂 筒井道隆/松重 豊
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦
企画・プロデュース:井手陽子
音楽:Rayons
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

オフィシャルサイト
http://sayonara-30min.com/

映画『AI崩壊』

1月31日(金)全国公開

出演:大沢たかお 賀来賢人 広瀬アリス/岩田剛典 髙嶋政宏 芦名 星 玉城ティナ 余 貴美子 松嶋菜々子/三浦友和
監督・脚本:入江 悠
企画・プロデューサー:北島直明
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「AI崩壊」製作委員会

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

映画『ヲタクに恋は難しい』

2月7日(金)全国公開

【STORY】
26歳OLの桃瀬成海は、転職先の会社で幼馴染の二藤宏嵩と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。そして成海もまた、隠れ腐女子であった。周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海は、その本性を隠している。そんな成海が真実の自分をさらけ出せるのは、ヲタク友達の宏嵩の前だけ。会社が終われば2人はいつもの居酒屋で呑みながら、ヲタ話に花を咲かす。男を見る目がない事を嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付きあえば快適なのでは?」と交際を提案。こうして2人はお付き合いすることに。お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが、2人の恋愛には数々の試練や困難が待ち受けていた!

出演:高畑充希、山﨑賢人、菜々緒、斎藤 工、賀来賢人、今田美桜 ほか
監督・脚本:福田雄一
原作:ふじた
製作:石原 隆 野内雅宏 堀 義貴 市川 南
プロデューサー:若松央樹
配給:東宝
©2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会 ©ふじた/一迅社

オフィシャルサイト
https://wotakoi-movie.com/

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

2月21日(金)公開

【STORY】
長い黒髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。事件を追っていた刑事の加賀谷(千葉雄大)が、連続殺人鬼の浦野(成田 凌)を捕まえて事件は幕を閉じた。 と、誰もが思っていた――。
犯人を捕まえたにも関わらず、同じ殺人現場から次々と発見される、若い女性の遺体。捜査が混迷を極める中、加賀谷は最後の手段として、囚われの殺人鬼・浦野への面会を申し込む。 「お前が、殺したのか……?」
刑務所で自由を奪われた浦野は、かつて自分にネット犯罪の全てを教えた、謎の人物「M」の存在を明かし、自分ならMに近づくことができると加賀谷にささやく。仕方なく浦野と手を組むことにした加賀谷だったが、恋人の美乃里(白石麻衣)が謎の男に狙われていることに気が付く。なぜ犯人は美乃里を狙うのか。これは模倣犯の仕業? それとも浦野の犯行?やがて事件は誰もが予想しない急展開を見せ、加賀谷は自分が愛する者の命だけでなく、自分が抱えるヒミツまでもが危険に晒されてしまう。 ただ、スマホを落としただけなのに……。

出演:千葉雄大 白石麻衣 鈴木拡樹/音尾琢真 江口のりこ 奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ ko-dai(Sonar Pocket)平子祐希(アルコ&ピース)谷川りさこ アキラ100%・今田美桜(友情出演)/田中哲司 成田 凌/井浦 新
原作:志駕 晃
企画プロデュース:平野 隆
監督:中田秀夫
脚本:大石哲也
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
©2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

オフィシャルサイト
http://sumaho-otoshita.jp/

映画『架空OL日記』

2月28日(金)全国公開

【STORY】
憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの“私”(バカリズム)の1週間が始まった。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤 玲)と入社8年目の小峰(臼田あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

原作:小学館文庫『架空OL日記』全2巻(2013年)/著:バカリズム
脚本・主演:バカリズム
監督:住田 崇
製作:2020「架空OL日記」製作委員会
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ
製作プロダクション:AOI Pro.
©2020『架空OL日記』製作委員会

オフィシャルサイト
https://www.kaku-ol.jp/

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

5月1日(金)全国公開

監督:田中 亮
脚本:古沢良太
出演:長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 / 小日向文世

制作プロダクション:FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社
©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

オフィシャルサイト
http://confidenceman-movie.com