Report

「“令和”という時代の始まりにふさわしい作品」。矢崎 広、元木聖也、前山剛久、松村龍之介らが新たな時代劇を生む。東映ムビ×ステ 舞台『GOZEN -狂乱の剣-』開幕

「“令和”という時代の始まりにふさわしい作品」。矢崎 広、元木聖也、前山剛久、松村龍之介らが新たな時代劇を生む。東映ムビ×ステ 舞台『GOZEN -狂乱の剣-』開幕

9月12日(木)東京・サンシャイン劇場にて、東映ムビ×ステ 舞台『GOZEN -狂乱の剣-』が開幕した。
映画と舞台を完全連動させる東映の新プロジェクト【東映ムビ×ステ】の第1弾作品。今年7月に公開された映画『GOZEN -純恋の剣-』から繋がる作品世界で、舞台ならではの表現を追求した新たな時代劇エンターテインメントを創り上げた。
主演の矢崎 広、元木聖也、前山剛久、松村龍之介、若月佑美、波岡一喜、脚本・演出の毛利亘宏(少年社中)が登壇した囲み取材と、初日前に行われたゲネプロの模様をレポートする。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ


映画を観たら舞台を観たくなり、舞台を観たら映画を観たくなる。まさに“ムビステ”というジャンルを確立したひとつの作品

囲み取材に登壇したのは、望月八弥斗(もちづき・はやと)役の矢崎 広、流 狂四郎(ながれ・きょうしろう)役の元木聖也、結城蔵人(ゆうき・くらんど)役の前山剛久、小松原蓮十郎(こまつばら・れんじゅうろう)役の松村龍之介、小松原奈奈(こまつばら・なな)役の若月佑美、望月甲斐正(もちづき・かいのしょう)役の波岡一喜、そして脚本・演出の毛利亘宏。

ミュージカル『薄桜鬼』、少年社中・東映プロデュースの舞台『モマの火星探検記』など、数々の作品で毛利とタッグを組んできた矢崎を主演に、東映の特撮作品に出演経験のある若手キャストをはじめとする注目の俳優陣が顔を揃えた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

矢崎 広は「【東映ムビ×ステ】という新プロジェクトの第1弾ということで、お話をいただいたときから僕自身とてもワクワクしていました。7月に映画が公開し、いよいよ舞台が初日を迎えるということで“ついに来たな”という気持ちでいっぱいです」と初日を迎えた高揚感をコメント。
本作の台本を読んだときは「僕は最後まで駆け抜けられるだろうか…?」と、ハードな展開に不安を覚えたことを笑い交じりに明かしつつ、「ここにいるキャストの皆様はじめ、素敵なカンパニーに支えられながらここまでやってくることができました」と、周囲への感謝を述べ、「映画を観たら舞台を観たくなり、舞台を観たら映画を観たくなる、そんな作品になったのではないかと思います。映画と舞台の連動企画はいろいろありますが、『GOZEN』はまさに“ムビステ”というジャンルを確立したひとつの作品として、皆様にお届けできるものになっていると思います」と自信を見せた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

元木聖也は、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』から続けての東映作品参加となったことで「ルパパトのメンバーにも『ぜひとも観に来て宣伝もお願いします!』と言いましたので、たぶん来てくれると思います(笑)」とエピソードを明かして笑いを誘う。
続けて「映画のほうでは深く描かれていなかった人物が、舞台のほうではより濃く描かれています。殺陣の熱量が間近で感じとれるのは舞台ならではですし、刀がぶつかる音や足音をぜひとも聞いて欲しいです。激しい乱戦がたくさんありますし、一度だけでは目が足りないくらい駆け回っています。この作品に携われて本当に最高です。千穐楽までケガのなきよう頑張っていきます!」と爽やかに意気込んだ。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

前山剛久は、映画とはひと味違ったキャラクターになったことで「台本を読んだときは、僕も“蔵人ってこんな感じなんだ!?”とビックリしました」と正直な感想を述べつつ、「ほかの役もそうですが、映画では考えられなかった台詞や立ち振る舞いがあるので、映画をご覧になった方は驚くかと思います。そこを楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメント。
合わせて「仮面を付けているので、呼吸困難に陥らないか心配しています。それくらい出るたびに戦っています」と殺陣の多さを匂わせ、「最初の台詞も衝撃的で“お”から始まる卑猥な言葉を発します。楽しみにしてもらえたら嬉しいです(笑)」と、注目どころを暴露。
波岡一喜が「おかき、かもしれないよね?」と口を挟むと、前山も平然と「そうですね、おかきの可能性もあります」と受け答え、会場から笑いを起こしていた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

松村龍之介は「映画の撮影からここまでが本当にあっという間で、充実した日々だったなと思います。そう思えたのも共演者の皆様、スタッフの方々、そうそうたるメンバーが集まっていて、毎日刺激のある稽古期間を過ごせたからです。それを経て、自信を持って初日を迎えられたことを本当に嬉しく思います」と環境に感謝。
映画では出てこなかったキャラクターの肉親が登場することを踏まえて「映画では深く語られていなかった家族に対する想いや、八弥斗との関係性だったりも舞台で紐解かれていくと思います」と見どころを語った。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

若月佑美は「ヒロインといえばまっすぐで正統なキャラクターが多いなか、奈奈は様々な表情と声色をお見せできると思います。世の中にはいろいろな愛がありますが、この物語にも家族愛や恋愛、友情の愛などたくさんの愛が散りばめられています。その愛にみんなが狂っていく生き方がとても美しいなと思いますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思っています」と、今作のヒロイン像と共に作品の魅力をアピール。

それを受けて、波岡が「たしかに愛の物語。映画はBL的な匂いがあったりするのですが、僕が演じる甲斐正は前山くんの演じる蔵人のコトを何かにつけて呼んでいるので、きっとこの話の中には、僕と蔵人の恋物語があるのではないかと思います!」と力説。
「今回のテーマは“GOZENずラブ”です!!」と宣言し、登壇者を含めて爆笑をさらっていた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

また、波岡一喜は早稲田大学演劇研究会、通称「劇研」の出身。21年前には1年生として、4年先輩の毛利が率いる「少年社中」の立ち上げ公演で、井俣平良に照明を当てていたという思い出話を明かす。
「その時代を思い出して、我々も出世したな~という気持ちです(笑)。21年越しに毛利さんとこういう豪勢なところでお仕事させていただけるということは、とても嬉しい。恩返しもできたらいいなと思って今回は臨みたいと思っています」と、あらためて意気込みを語った。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

脚本・演出の毛利亘宏も「東映さんがエンターテインメントをつくっていく企業として新しいジャンルに踏み出すところに、僕を選んでいただいて本当に光栄に思っています。映画は『仮面ライダー』シリーズの巨匠・石田監督。僕は脚本家として何度もご一緒していますが、石田秀範監督に胸を借りながら、舞台はここにありという……“映画に勝ちたい”という想いです!」と闘志を燃やす。
登壇キャストたちから盛大にツッコまれて「ライバル視は冗談です(笑)」と訂正しつつ、「ふたつの大きな作品が連動してより大きな大作になるというのは、クリエイター冥利に尽きますし、このダイナミズムをお客様に楽しんでいただけたら非常に嬉しいなと思っています。いろんな面で自分が培ってきたすべてを投入しました。僕が今できる集大成です。ご期待くださいませ!」と呼びかけた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

最後は、矢崎が「“令和”という時代の始まりにふさわしい作品になったのではないかと思います。僕らは汗を……こう、ファーっとしながら(笑)、皆様に全力でメッセージをぶつけていきたいと思っています。大千穐楽まで駆け抜けていくので、応援のほどお願いいたします」と、茶目っ気を覗かせながらも締めの挨拶をした。

手堅い芝居をエンターテインメントとして華やかに仕立てている

この後はゲネプロの模様をレポートする。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

時は徳川幕府が開かれて間もない、二代将軍・秀忠の頃。
北陸の海沿いにある府月という藩で起こる物語だ。

舞台は立木文彦によるナレーションと、主人公・望月八弥斗(矢崎 広)が御前試合で出会った剣士・流 狂四郎(元木聖也)に語る回想によって綴られていく。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

事の始まりは、府月藩の藩主が急死してその弟であった望月甲斐正(波岡一喜)が藩主の座に就いたこと。さらに前藩主の正室であった朝霧(AKANE LIV)は甲斐正の妻に。嫡男であった八弥斗が他国へ修行に出掛けていた最中の出来事であったため、彼には為す術もない。

失意の八弥斗の唯一ともいえる慰めは、恋人の小松原奈奈(若月佑美)のみ。奈奈は父である家老・小松原烈山(山本 亨)や兄・蓮十郎(松村龍之介)の反対を押し切って、八弥斗に寄り添っていた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

そんな折り、城内に亡霊が出るという噂を家臣・興津清順(上遠野太洸)から聞いた八弥斗は、その亡霊は父であり、弟・甲斐正の手によって暗殺されたことを知る。“復讐”を決意し、油断を誘うために狂気を装って機会を待つ八弥斗。

すると甲斐正は己を狙う八弥斗も含め、藩内に潜伏した幕府や他藩の隠密を炙り出し、公開処刑することを真の目的として御前試合を開催する。
郷田半左エ門(井澤勇貴)、田宮源三(松本寛也)、白河三太夫(井俣太良)など剣豪が続々と集まり、甲斐正の護衛である蓮十郎や赤目の異形侍・結城蔵人(前山剛久)も参戦。

勝敗が次々と決していくなか、陰陽師・土御門月暗(梅津瑞樹)と、ある人物の暗躍によって、事態は思わぬ方向へ転がっていく……。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

前半はシェイクスピアの『ハムレット』をモチーフにしたという本作。オマージュ的なシーンや印象的な台詞も登場し、お家騒動と御前試合が違和感なくマッチしている。

矢崎の演じる八弥斗も、ハムレットを彷彿とさせる悩み多き青年だ。だが矢崎の持つ明るさと愛嬌が加わっていることによって、『ハムレット』のイメージとはまったく違った作品の色合いとなっている。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

状況だけ見れば重苦しくなりがちだが、矢崎の軽妙な台詞回しと自在なテンションによって八弥斗が憎めない人物像に。父の復讐を成さねばならないという使命が、奈奈との恋仲を断ち切らせ、結果として悲劇に転がっていくのだが、その合間をクスリと笑ってしまうような“弱さ”で結ぶことで、観客にも八弥斗を許容させてしまううまさがある。さらに、傾奇者を装ってからの姿には色気も漂い、主人公としての“凄み”も存分に堪能できる。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

“凄み”と“弱さ”によって役に説得力を与えていくのは、山本 亨やAKANE LIV、波岡一喜、少年社中の井俣太良といったベテラン勢も同様。立場を守ることや欲望を遂げるために、何を犠牲にしようが己は曲がるまい、というアクの強い人物を魅力的に見せることができるのは、個々の力あってだろう。
それは同時に、役者それぞれが持つ色やセンスを生かして場面を展開させていく、毛利の演出手腕が光っていることの証明でもある。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

若手俳優陣も、伸び伸びとした様子で舞台で生きている。
不気味な剣士・流 狂四郎を演じる元木聖也は人間離れしたオーラを漂わせ、ヒロイン・奈奈を演じる若月佑美は、八弥斗に見せる母性と激情のバランスをしっかりコントロール。
蓮十郎を演じる松村龍之介と蔵人を演じる前山剛久は、役の経緯を含め映画では明かすことのなかった表情を多彩に見せ、自身の芝居どころでも安定感を発揮している。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

本作から登場した興津清順を演じる上遠野太洸は、八弥斗の親友として良き距離感から物語を伝える立場で、作中の癒やしどころだ。同じく舞台から登場した土御門月暗を演じる梅津瑞樹は謎めいたポジションだが、アクションシーンもあり“エンターテインメント時代劇”を体現する重要な役のひとり。
映画から引き続き登場する、郷田半左エ門役の井澤勇貴、田宮源三役の松本寛也は、立ち回りはもちろん、芝居でも活躍して印象を残していた。

舞台『GOZEN-狂乱の剣-』 エンタメステーションレポート

必殺技の技名がスクリーンに登場してエフェクトがかかるなど、悲劇的展開と手堅い芝居をエンターテインメントとして華やかに仕立てており、見飽きさせない。1幕終盤から物語は一気に加速していき、最後まで驚くような展開が待っている。

舞台から観る人は、あとで映画も観るとさらに『GOZEN』への理解が深まるかもしれない。
ひとつの世界をふたつの切り取り方で楽しめる、ムビ×ステならではの広がりが感じられる作品だ。

東京公演は9月23日(月・祝)までサンシャイン劇場にて。その後、大阪公演が9月27日(金)~29日(日)まで梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演される。また、本作のDVD&Blu-rayが2020年2月5日(水)に発売されることも決定した。

東映ムビ×ステ 舞台『GOZEN-狂乱の剣-』

舞台GOZEN-狂乱の剣-

東京公演:2019年9月12日(木)~9月23日(月・祝)サンシャイン劇場
大阪公演:2019年9月27日(金)~9月29日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

脚本・演出:毛利亘宏(少年社中)

出演:
矢崎 広 元木聖也 前山剛久 松村龍之介 / 若月佑美
井澤勇貴 松本寛也 井俣太良 廿浦裕介 梅津瑞樹 上遠野太洸
AKANE LIV 山本 亨 波岡一喜

夛田将秀 星 賢太 堀 直人 宮尾 颯

ナレーション:立木文彦

オフィシャルサイト

©2019 toei-movie-st