Interview

徹底した原作再現…そのうえでファンが最も喜ぶアニメ化とは? 『炎炎ノ消防隊』制作陣に聞く、人気漫画原作だからこそ“埋もれない”ためのアプローチ

徹底した原作再現…そのうえでファンが最も喜ぶアニメ化とは? 『炎炎ノ消防隊』制作陣に聞く、人気漫画原作だからこそ“埋もれない”ためのアプローチ

原作の世界観に正面から向き合い再現した、密度ある作品に

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

いろんな魅力をもった個性的なキャラクターがこの先もどんどん出てきますが、描いていて特に楽しいキャラクターは誰でしょう?

八瀬 わかりやすいのは、プリンセス火華(CV:Lynn)とかですよね。一番個性が立ちやすいというか、何をやっても許される感があるので。

松永 アーサーも「とにかくバカ」っていう設定なので、何をやっても許される(笑)。アニメのために生まれてきたようなキャラクターですよね。

八瀬 女性のスタッフは、「アーサーがいい」って言うんですよね。自分としては「え? バカなのに?」って、わからないところもありますが(笑)、そうやってスタッフの方たちが「このキャラが好きなんです」って言っているのを聞くことが多いので、それでモチベーションを上げてもらって、作品づくりをしていただいているというのは本当に嬉しいですよね。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

松永 大久保先生はキャラクターの描き分けがとても上手なので、キャラが被らないんです。だから、描いているスタッフのみなさんも楽しいと思いますね。さらに、そこに声が入ることで、本当にバラエティに富んだキャラクターたちが作られていきますから。

キャラの描き分け以外にも、大久保先生の原作をアニメ化する際に「特徴的だな」と気づいたことはありますか?

八瀬 ご本人ときちんとお話ししたわけではないので、正しいのかどうかはわかりませんが、カメラを意識して漫画を描いていらっしゃるんじゃないかと思いましたね。レンズで撮っている感じを意識しているというか……顔の省略とかも意外に大胆にされていて、シルエットのカッコ良さを重視するところとかは映像的だなと感じました。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

放送が始まったばかりの『炎炎ノ消防隊』ですが、視聴者の方に特に注目していただきたいポイントはどこでしょう?

八瀬 この先々もどんどん新しいキャラが出てきますので、キャラ同士の関係性や、彼らとの関わりを通して成長していくシンラに注目していただきたいですし、自分としてはやはりキャラを中心に観ていただきたいと思っています。それに加えて、アクションシーンは本当に気合いを入れて作っていただいているので、繰り返し観ていただきたいですね。

松永 各セクションのスタッフが、大久保先生の世界観に正面から向き合って、きっちりと再現していただいている密度のある作品になっていますので、美術のディテールや色彩表現にも注目していただきつつ、先ほど監督もおっしゃったように、それぞれに強い個性を持ったキャラクターたちが出てくるので、掛け合いやアクション、戦い方にも注目して観ていただけると嬉しいです。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

たしかに、武器や各隊の拠点なども非常に細かい描写がされています。

松永 「東京皇国」という狭いエリアが舞台になっているからこそ、密度を濃くして描かないと、全部同じに見えてしまうので。同じような見た目でも、わずかに違うように見えるくらい細かく作っていただいているので、美術スタッフ、CGスタッフの皆様にも本当に頑張っていただいています。

八瀬 同じようなシーンでも、画の使いまわしができませんからね。

松永 ですよね(笑)。ただ、そうやって頑張って作っていただいたものが画面にはしっかりと出ているので、大久保先生の世界観を表現できていると思います。

八瀬 そうですね。美術もすごくカッコいいと思います。

原作ファンに「面白い」と言ってもらうための作品づくり

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

本作のように人気のある漫画原作作品をTVアニメ化する際に、最も大切なポイントとは何だと思いますか?

八瀬 原作の魅力や世界観を壊さず、そのなかできちんと伝えていくことが大事なのかなという気はしています。アニメから作品に入ってくる方も当然いますが、やっぱり原作を読んでいる方に「つまらない」と思われるのが一番辛いので。原作を読んでいる方たちに、改めて「面白い」と言っていただけるような作品にするために、原作の世界観をなるべく守りつつ作っていきたいと思っています。

その“原作の世界観”というのは、どこから構築し始めるのでしょう?

松永 難しいですが……「空気感」って言うしかないですよね(笑)。

八瀬 そうですね。原作の持つ感じ。漫画を読んで初めに受ける印象を、まずは一番大事にする……。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

それぞれで感じる空気感は微妙に違うと思うのですが、作品の空気感をスタッフ全体で共有するためにやっていることなどはありますか?

八瀬 いろんなタイプの方がいるとは思いますが、自分の場合は……例えば今回は2クールのTVアニメーションを作っていくなかで、自分が好きな映像の作り方というのは当然あるんですが、あんまりイメージを固めてしまうと観ている方に飽きられてしまうような気がするんです。

スタッフの方たちのイメージを大事にすることで、アニメの世界観も膨らんでいったらいいなと……演出の処理の仕方とかもそれぞれで違うので、「これは絶対に守ってください」ということだけお伝えして、それ以外はそれぞれのなかで「こういうのもアリなんじゃないか?」と表現していただけるほうがいいんじゃないかと思っているんです。なので、そこまで強くはイメージの共有をしていない感じですね。

松永 原作の空気感・テンポ感から外れないように、原作を読んだときの印象とアニメを観たときの印象が乖離しないようにという部分については、監督が徹底して見てくださっているので。そこから外れることがなければ、クリエイターの個性が画面に出ていたとしても……むしろそれが『炎炎ノ消防隊』をより魅力的にする要素として映るんじゃないかと思います。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

『ジョジョの奇妙な冒険』や『はたらく細胞』といった人気漫画原作の映像化を手がけてきたdavid productionによる制作ということで、今作にかかっている期待も大きいと思います。

松永 表現として、弊社の他作品に影響されて作っている要素があるというわけではありません。自分たちのやりたいことや、八瀬監督のやりたいことを会社のひとつのプロジェクトとして表現することで、バラエティに富んだいろんなアニメーションができて、それが会社の強みになっていくと思うんです。だから、いい意味で「david productionらしさ」というのは画面にそれほど出ないと思います。

スタジオのカラーというよりは、今後もいろんなカラーの作品が生まれていくことがdavid productionの強みにつながっていくということですね。

八瀬 今はいろんなラインを開拓していければというところなのかもしれませんね。そういう意味でも、「david productionのやり方に従って作ってください」みたいなこともなく。自由に作らせてもらっています。

松永 自由にやってもらっています(笑)。

(笑)。本作が自由な中でも、強いこだわりを持って作られることがよくわかりました。本日はありがとうございました。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』

MBS・TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて
毎週(金)25:25 より放送中

【STAFF】
原作:大久保篤(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:八瀬祐樹
シリーズ構成:蓜島岳斗
キャラクターデザイン:守岡英行
サブキャラクターデザイン/総作画監督:小堺能夫
キーアニメーター:三輪和宏
メインアニメーター:大梶博之、松浦 力
色彩設計:佐藤直子
美術監督:高峯義人
美術設定:天田俊貴
撮影監督:元木洋介
編集:廣瀬清志
音響監督:明田川仁
音楽:末廣健一郎
オープニング主題歌:「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
エンディング主題歌:「veil」須田景凪(unBORDE)
CG ディレクター:日下大輔
VFX:大橋 遼
アニメーション制作:david production

【CAST】
森羅日下部(シンラ クサカベ):梶原岳人
アーサー・ボイル:小林裕介
秋樽桜備(アキタル オウビ):中井和哉
武久火縄(タケヒサ ヒナワ):鈴村健一
茉希尾瀬(マキ オゼ):上條沙恵子
アイリス:M・A・O
レオナルド・バーンズ:楠 大典
カリム・フラム:興津和幸
フォイェン・リィ:日野 聡
烈火星宮(レッカ ホシミヤ):関 智一
環 古達(タマキ コタツ):悠木 碧
武 能登(タケル ノト):小西克幸
プリンセス火華(ヒバナ):Lynn
トオル岸理(キシリ):河西健吾
新門紅丸(シンモン ベニマル):宮野真守
相模屋紺炉(サガミヤ コンロ):前野智昭
ジョーカー:津田健次郎
ヴィクトル・リヒト:阪口大助

©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
推奨ハッシュタグ:#炎炎ノ消防隊

< 1 2