Review

【ムービーレビュー】綾野剛の水を得た魚のようなボンクラっぷりを見よ!

【ムービーレビュー】綾野剛の水を得た魚のようなボンクラっぷりを見よ!

最近の邦画には(もしかしたら洋画にも?)、“悪”を主題に据えた作品がやたらと多い。私見によれば、その多くは大きく二つの傾向に分けられる気がするのだがどうだろう。一方は「大義ある悪」をめぐるドラマ、すなわち法で裁ききれない犯罪を超法規的に成敗するダーク・ヒーローもの。もう一方は「大義なき悪」をめぐるドラマ、すなわち理由なき暴力に耽るサイコパスものだ。これらはいずれの場合も、観客の倫理観を揺さぶってやろうという魂胆が丸出しなラストでもって幕を閉じる。本作を観たのは、そんな作品に食傷気味になっていたときだ。『日本で一番悪い奴ら』と銘打たれているからには身構えたが、どうやら杞憂に終わったようだ。

映画『日本で一番悪い奴ら』より。?2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

映画『日本で一番悪い奴ら』より。©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

なにしろ本作で描かれる “悪”というのが、たまらなくセコいのだ。柔道が強いというだけで北海道警察にスカウトされたうだつの上がらない若者が、先輩の入れ知恵により、出世のために裏社会の連中と共謀して、拳銃の密輸だのシャブの売買だのに手を染めるという話なんだから、どこが“日本で一番悪い”のか突っ込みたくなる。もちろん、観客の倫理観を揺さぶりようもない。そう、本作はいたずらに深刻ぶった社会派ドラマなどではこれっぽっちもなく、ボンクラな男たちが、普通に考えたら絶対に捕まるはずの犯罪に手を出し、なぜかトントン拍子で上手く運んでしまったがために調子に乗り、やがて堕落するという『ウルフ・オブ・ウォールストリート』さながらの青春喜劇なのだ。

でもって、このボンクラな連中を演じる役者の顔がとんでもなくいい。特に主演の綾野剛の水を得た魚のようなボンクラっぷりにはニヤニヤせずにはいられないし、何かと“かっこいい”シーンにされがちなシャブの吸引シーンをこれほどまでにダサく演じ抜いた功績は大きい。

映画『日本で一番悪い奴ら』より。?2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

映画『日本で一番悪い奴ら』より。©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

どうもネガティブに聞こえそうな言葉が並んでしまったが、何が言いたいかというと、最近の邦画は何でもかんでも“かっこよく”しすぎるのだ。そこに本作の泥臭さを並べたときの貴重さははかりしれない。最近の邦画に飽き足らないそこのあなたにこそ、ぜひ劇場で見てほしい。

文 / 鍵和田啓介

映画『日本で一番悪い奴ら』

柔道の実力を買われて北海道警察の刑事となるも、いまいちうだつの上がらない諸星要一は、ある日、先輩刑事の村井定夫から「出世したければ裏社会と繋がりを持ち、S(スパイ)を従えろ」と吹き込まれる。その言葉通りにSや暴力団と密接な関係を持ち、違法捜査に踏み込む諸星は、順調に出世コースを歩んでいく。しかし、それは終わりの始まりでもあった……。2002年、北海道警察で起こり「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉事件」を『凶悪』の白石和彌監督が映画化した本作。“もっとも悪い奴”でありながらどこか憎みきれないチャーミングさを残す諸星を、綾野剛が生き生きと演じている。犯罪映画としてももちろん楽しめるが、「エンターテイメント映画にしたかった」という監督の言葉通り、諸星やSたちの繰り広げるコミカルな青春群像としての側面が強い仕上がりになっている。

映画『日本で一番悪い奴ら』

スタッフ
監督:白石和彌
原作:稲葉圭昭
脚本:池上純哉

キャスト
綾野剛(諸星要一)
中村獅童(黒岩勝典)
YOUNG DAIS(山辺太郎)
植野行雄(アクラム・ラシード)
ピエール瀧(村井定夫)

オフィシャルサイト http://nichiwaru.com


「道なき道、反骨の。」

主題歌
「道なき道、反骨の。」
東京スカパラダイスオーケストラ feat Ken Yokoyama