Interview

LAMP IN TERRENが「嘘偽りない裸」の姿勢で体当たり。『The Naked Blues』で遂げたバンドの進化

LAMP IN TERRENが「嘘偽りない裸」の姿勢で体当たり。『The Naked Blues』で遂げたバンドの進化

俺が多くを語るよりも、語られるアルバムになってくれたら

だから青春感があるんですね。ライヴでは一緒に「WOW WOW〜」を歌いたいなと思っています。大屋さんはどうですか?

大屋 僕は、リード曲「BABY STEP」ですね。今まで大と一緒にやってきた中で意外だったんですよね。これはデモとかはなく、みんなで作っていったんですけど、曲調もストレートで複雑なことをやってないし、メロディもどこかで聴いたことがあるかもしれないってくらい耳馴染みのいいものになっていて。今までは、そういうどストレートなものを意図的に避けてるようなところがあった気がしてたんです。だから、この曲を作っていくときに、「あ、そうなんだ。そんな正拳突きな感じでいいのね」って。ストレートのままでいいんだっていう驚きというか。曲としての驚きもあったけど、大がここまで率直に伝えたいみたいな気持ちを出してきたのがメンバーとしても嬉しかったですね。

川口 録ってる最中はそこまで頭が回らないんですけど、完成して改めて聴いたときに本当にやべえのが出来たなっていうのと、不思議と言葉がスッと耳に入ってくる曲だなって思って。ライヴで演奏してても素でできるから、自分が自分になれる不思議なパワーのある曲だなと思ってます。

中原 4人ともありのままで、かた苦しいことを考えずに歌を届けるためのことだけを素直にしてて。ライヴでも4人とも……歌ってるのは大ですけど、本当に4人でやってる、みんなで歌を届けてるっていう感じが強い。メロディもめちゃめちゃキャッチーだし、誰が聴いてもいいって言ってくれるんじゃないかなと思います。あと、最後の「僕が僕として生きることこそが/偉大な一歩目だから」っていうところにこの曲のテーマというか一番伝えたいことが詰まっていると思って。大がポリープの手術をして、復活してやっていくうえでの覚悟みたいなに俺は捉えていますね。しかも自分の気持ちも新しく、ここからまた一歩踏み出していくんだっていう気持ちになれるんで、聴いてても、ライヴでやってても、力が湧いてくる曲ですね。

松本 俺が多くを語るよりも、語られるアルバムになってくれたらいいなっていう気持ちがあるので。メンバーが言ってくれたことがすべてだなと思います。

僕は月側の人間。自ら光るというよりは誰かがいて初めて光れる存在

そんな大さんが自分で素の自分に近い、裸んぼうだと感じた曲は?

松本 最後の「月のこどもたち」が一番自分ぽいです。俯瞰で見たときに、これが一番似合うなと思うし、自分の本質的部分に一番近い気がしますね。

中原 たしかにしっくりくるわ。もちろんほかの曲も大だなって思うんですけど、ちょっと陰のある感じというか。

松本 どうしても「New Clothes」みたいな曲は、願望とか、鼓舞する感じとか、奥底からひねり出してるようなところがあるんですけど、何も抱えてないときの自分のニュアンスは「月のこどもたち」なんですよね。そんなに暗くはないけど、いつも寂しさを携えてる……自己分析が過ぎるなって思ってはいるんですけど(笑)。明るくないわけじゃないけど、そんなに強くない。僕は完全に月側の人間なんですよ。光よりも闇を抱えているというか、自ら光るというよりは誰かがいて初めて光れる存在だなっていう気持ちがずっとあって。同じように、僕らの音楽が好きな人も、自ら光っていける人は少ないのかもしれないし、自ら光っていけること自体がすごく稀なことだなと思ってて。太陽の光を浴びて、ただの岩が月や星になるように、僕もまた、月みたいに光って誰かを包み込んだり、その光を誰かに配って、お互いに照らし合ったりできるのかなっていう。そうでありたいなって気持ちがあるから、「俺はもう月になる!」っていうシンプルな気持ちで書いてるし、メロディや音像も含め、自分っぽすぎる曲だなって思いますね。

嘘偽りない裸の自分でいることが何よりも特別なことになる

音楽以外のところ、バンド以外のところで戦う人にとっても、共感できる曲だなと思いますよ。このアルバム全体に言えることですけど、自分を特別だと思ってた思春期を経て、現実社会に肌身を晒して、挫折を味わい、もう一度、立ち上がっていこうとする姿勢が描かれているので。

松本 そうですね。“特別”から挫折した人間がもう一度“特別”になるためのアルバムだったりすると思うので、誰しもが通る道ではあると思うんですよね。何が一番尊いのかっていう。嘘偽りない裸の自分でいることが何よりも特別なことになるし、それを受け入れて初めて輝くものというか、絶対誰もが通らなきゃいけない道なんだろうなって気持ちがあります。

バンドとしても、大きな波を乗り越え、新たな船出となる作品になりましたか。

中原 そうですね。大の声がバージョンアップして。

松本 不死鳥の声ね。

中原 今までを覆していくような、より強くなった新しい声で録れたアルバムだし、歌詞にもちゃんとこれから進んでいくぞっていう覚悟が書かれているので、一緒にやっていく身としても、改めて気合いが入るというか。よし、またここからスタートだっていう気持ちになれるアルバムになりましたね。ライヴをやるのも、レコーディングではできたけど難しいところもあるので、ツアーも「手なづけてやるぞ、この曲たち」っていう挑戦するような気持ちで、楽しみに思いながらやろうかなって思ってます。

松本 僕はですね、個人的には1曲目「I aroused」から2曲目の「New Clothes」におけるサビは、ギターのフレーズだと思っていて。「消えない誓いを翳して」から入ってくるギターとシンセがサビだと思ってるので、そこを聴いてもらった時点で勝ちだと思ってます。そこまでいったら、あとは、飲み込まれていけ!と思ってます。

曲間がかぶせ気味でないですし、何よりアルバムの幕開けの音が重いピアノで意外でした。

中原 これまでを知ってれば知ってるほど、驚くと思う。いい意味で期待を裏切るし、新鮮な感動があると思いますね。

松本 俺らのニューアルバムで絶対にこの始まりだけは想像してないと思う。あそこは、暗雲立ち込める向こうの空で雷が落ちてる景色が見えたんですよ。よっしゃ、俺はそこに向かっていくんだっていう気持ちになれた。身の毛がよだつ感じが最高だなって思ってます。

心身ともにミュージシャンになった

自信作を携えて、2019年2月からは全国ワンマンツアーがスタートします。

松本 最近の自分たちのライヴに自信があるんですよね。頭のネジ2〜3本飛んでいってる感じがあって。ようやっと、心身ともにミュージシャンになったというか、メンバー全員がグレードアップしたというか。制御してた部分が全部なくなって、一個の生命体になった。今は、獣と化しているので、いろんなところに噛みついていこうかなと思います。

中原 こんなこと言ってますけど(笑)、より信頼できるヴォーカルになっているし、より歌に委ねることができるようになったし、歌詞を読んでもより好きになりましたし……。

松本 ……やめろよ、お前(照)。

川口 不死鳥が照れてるぞ(笑)。

中原 あはは(笑)。だから、自分のことっていうよりは、バンドとしてどうやって歌を届けていこうかなって。ちゃんと聴かせたいので、そのためにはどうすればいいかっていうことを考えて臨もうかなって思ってます。

LAMP IN TERREN 4th Album「The Naked Blues」リリース記念弾き語りインストアツアー

12月7日(金)19:30 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
12月8日(土)15:00 タワーレコード名古屋パルコ店 イベントスペース
12月9日(日)17:30 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

LAMP IN TERREN定期公演ワンマンライブ
「SEARCH #009 -AFTER CHRISTMAS NIGHT-」

12月26日(水)渋谷Star lounge

LAMP IN TERREN定期公演ワンマンライブ
「SEARCH #010」

1月26日(土)渋谷Star lounge

ONE MAN TOUR 2019“BABY STEP”

2月16日(土)福岡 BEAT STATION
2月17日(日)岡山 IMAGE
2月23日(土)大阪 BIGCAT
2月24日(日)名古屋 SPADE BOX
3月1日(金)仙台 Hook
3月2日(土)新潟 CLUB RIVERST
3月10日(日)札幌 COLONY
3月16日(土)恵比寿 LIQUIDROOM

LAMP IN TERREN(ランプ・イン・テレン)

松本⼤(vocal, guitar)、⼤屋真太郎(guitar)、中原健仁(bass)、川⼝⼤喜(drums)。
2012年より本格的に始動。2013年にMASH A&Rのオーディション「MASH FIGHT Vol.2 」とRO69 が主催するアマチュアアーティストのコンテスト「RO69JACK」で共にグランプリを獲得し、2015年1月に1stアルバム『silver lining』でメジャーデビュー。2017年には注目の若手4アーティストが全国を回る「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2017 ~10th ANNIVERSARY~」に参加。2018年4月に松本の声帯ポリープ切除手術に伴い、一時活動休止。8月にバンド初の日比谷野外大音楽堂ワンマン公演『ARCH』で完全復活を遂げる。

オフィシャルサイト

< 1 2