Interview

ザ・クロマニヨンズがロックンロールをぶちかます。ピュアでホットなヒロトとマーシーの人間味溢れる『レインボーサンダー』インタビュー

ザ・クロマニヨンズがロックンロールをぶちかます。ピュアでホットなヒロトとマーシーの人間味溢れる『レインボーサンダー』インタビュー

ハワイのサンセットクルーズっていうのに、みんなで行こうって言って

次の「荒海の男」は、とても男子な歌ですね。

甲本 本当に船に乗ってるような気持ちになるな、あれ聴いてると(笑)。歌ってるときはよくわからないんだけど、今のを録れたか聴いてみようってときに「ああ、なんか船に乗ってる感じがするから、このテイクがいいんじゃないの?」って、僕は思ったけど。いい感じが出てるじゃん、って。

マーシーさん、荒海に繰り出す男に憧れたりするんですか。

真島 僕、船に弱いからねえ、絶対吐いたりしちゃうんだよなー。だって、ハワイの、なんかサンセットクルーズっていうのに、みんなで行こう行こうって言ったんですよ。船って言ってもそんなに揺れないと思って行ったらさ。乗ったらまずウンコしたくなって。それでそのヨットのトイレでしたら、すげえ怒られて。僕、聞いてなかったんだけど、何か言ってたんでしょ?

甲本 うん、トイレは使っちゃダメって。

真島 それですっごい怒られて。そのあとに気持ち悪くなって、甲板で横になってたら、横で誰かがゲロ吐いてるんですよ。

甲本 それが俺(笑)。ちっとも楽しくねえ(笑)。すぐに陸に戻ったね。

3年ぐらい寝てても世の中変わらないじゃないですか

最悪のクルーズですね(笑)。「東京フリーザー」「モノレール」も素敵な曲ですが、終盤の「三年寝た」は昔話の「三年寝太郎」でしょうか。

甲本 なんかすごいこと、みんなのためにやるんだよね、洪水防ぐんだっけ?

諸説あるようですが、3年寝てる人が、ある日大活躍して村のヒーローになる。これもそういう歌なのかなと思いましたが。

甲本 なれるかなあ。結構ねえ、3年ぐらい寝てても世の中変わらないじゃないですか。お前がいなくて困ったんだよ、なんてことはないと思う。

クロマニヨンズがいなかったら寂しいと思う人は多いと思いますけど。

甲本 どうかなあ。どんな場面においても、僕らから世間に「これはこうしたほうがいいよ」って提言できるほどのものはないと思う。皆さんから教えていただきながらなんとかやってます(笑)。

僕が大好きだったロックンロールは、みんなリミッターをはずしてきてる

最後の「GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)」。マーシーさん、今でも自分で楽屋で弦張ったりするんですか?

真島 今はねえ、係の人がやってくれてます。ちょっと偉くなった(笑)。弦の張り替えは今でも、家に置いてあるギターとかは自分でやるよ。

でもそれと、昔の小さいライヴハウスでって違うんでしょう?

真島 うん、それは全然違いますよ。ライヴ前にね、緊張してるし。

甲本 ほかのバンドもいるんだよね。

真島 そうそう。緊張して、弦張り替えてる途中で切っちゃったり(笑)。

(笑)そうやって待ってるとき、人生のハイライトって気持ちに?

真島 うん、うん。だって、ロックンロールバンドでライヴをやりたいっていうのは、子供の頃、初めてギター手にしたときから、そう思ってたから。それをやれるわけじゃないですか、これから(笑)。もうスゲエことやってやるぜ!みたいな感じですよ、ステージに上がる前は。今でもライヴ前は緊張するし。よっしゃやるぜ! ロックンロール! ドーン! みたいな気持ちは、今でも同じだよ。

ヒロトさんはどうですか?

甲本 同じです、緊張する。うん。

宇宙で一番の夜にって?

甲本 そういうふうに言語化できてるかわからないけど。とにかく「リミッターはすべてはずしたか?」って、「全部はずしといたよな!」って、一瞬確認したりする。関係ねえよなって思う。人類滅亡なんてチンケな話だよなって。今日俺が歌うことによって、人類破滅しても関係ねえよ。何も考えない。何も考えないで、爆発できるかって。親死んでもいいよなって。そういうことですよ、リミッターはずすって。善も悪もすべてぶちまける。

ステージに出ると第一声「ロックンロール!」と叫ぶじゃないですか。あの瞬間が、その象徴ですか。

甲本 わかんないけど、あれはすごく、儀式ですね、小さな。僕は、そういうロックンロールが、人を元気にしたり、勇気づけたりするんだと思う。みんなを元気づけよう、俺が歌うことで助けようなんて思う歌を歌っても、みんなは喜ばないと思う。それは僕の妄想かもしれないけれど、今はそんな感じがする。僕が大好きだったロックンロールは、みんなリミッターをはずしてきてるんだろうなって思うから。

ヒロトさんもそうなんですね。

甲本 人それぞれ。言語化すると、人それぞれ違うと思うけど、極限の緊張状態にはなります。

このアルバムが出来てまた長いツアーが始まりますね。ライヴで新しい曲をやるのはワクワクしますか。

甲本 不安だよねー。

真島 練習いっぱいしないと。

甲本 まず歌詞を覚えてないし(笑)。クロマニヨンズって作業がすごくスムーズなので、曲が体に入り込む前にアルバムが出来ちゃうんです。出来たのが6月とかだったから、それからツアーまで5ヵ月とか? 完全に忘れてるんです。だから、そのCDなりレコードなりを聴いて、コピーするんです。実際、一度はやったことがあるから、そんなに難しくはないんですけど、少し時間がかかります。でもツアーはいつも楽しみだよ。

レインボーサンダー2018-2019

11月7日(水)群馬県 高崎club FLEEZ
11月9日(金)愛知県 ダイアモンドホール
11月10日(土)愛知県 ダイアモンドホール
11月13日(火)東京都 LIQUIDROOM
11月14日(水)東京都 LIQUIDROOM
11月17日(土)長野県 長野CLUB JUNK BOX
11月18日(日)長野県 長野CLUB JUNK BOX
11月21日(水)長崎県 長崎 DRUM Be-7
11月23日(金・祝)熊本県 熊本 B.9 V1
11月24日(土)熊本県 熊本 B.9 V1
11月28日(水)山梨県 甲府CONVICTION
12月1日(土)大阪府 なんばHatch
12月2日(日)大阪府 umeda TRAD
12月3日(月)大阪府 umeda TRAD
12月6日(木)北海道 PENNY LANE 24
12月7日(金)北海道 PENNY LANE 24
12月9日(日)北海道 旭川 CASINO DRIVE
12月11日(火)北海道 根室 HYWATT HALL
12月15日(土)福島県 郡山 HIP SHOT JAPAN
12月21日(金)鳥取県 米子 laughs
12月23日(日・祝)広島県 広島クラブクアトロ
12月24日(月・祝)山口県 周南 RISING HALL
12月27日(木)静岡県 Live House 浜松窓枠
12月28日(金)静岡県 Live House 浜松窓枠

2019年
1月11日(金)岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
1月12日(土)青森県 青森Quarter
1月14日(月・祝)秋田県 秋田 Club SWINDLE
1月18日(金)香川県 高松 festhalle
1月20日(日)兵庫県 神戸ハーバースタジオ
1月21日(月)兵庫県 神戸ハーバースタジオ
1月25日(金)富山県 富山 MAIRO
1月26日(土)石川県 金沢 Eight Hall
1月29日(火)東京都 Zepp Tokyo
2月2日(土)長野県 松本 Sound Hall a.C
2月5日(火)埼玉県 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2月8日(金)滋賀県 滋賀 U☆STONE
2月9日(土)滋賀県 滋賀 U☆STONE
2月11日(月・祝)岐阜県 岐阜club-G
2月14日(木)茨城県 水戸 LIGHTHOUSE
2月16日(土)宮城県 仙台 GIGS
2月23日(土)千葉県 千葉市民会館 大ホール
2月24日(日)埼玉県 さいたま市民会館おおみや
3月2日(土)岡山県 岡山市民会館
3月9日(土)兵庫県 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
3月15日(金)静岡県 静岡市民文化会館 中ホール
3月17日(日)愛媛県 新居浜市市民文化センター 大ホール
3月21日(木・祝)京都府 ロームシアター京都 メインホール
3月23日(土)和歌山県 かつらぎ総合文化会館 大ホール
3月30日(土)東京都 福生市民会館
4月6日(土)神奈川県 カルッツかわさき
4月7日(日)栃木県 栃木県教育会館
4月12日(金)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
4月17日(水)東京都 中野サンプラザ
4月20日(土)福岡県 福岡市民会館

ザ・クロマニヨンズ

甲本ヒロト(vocal)、真島昌利(guitar)、小林勝(bass)、桐田勝治(drums)。2006年7月23日13時41分、〈FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006〉にて出現。同年9月にデビューシングル「タリホー」を発表。2018年は8月29日にシングル「生きる」をリリース、11月より全国ツアーを開催。

オフィシャルサイト

画像ギャラリー
< 1 2