Interview

未来は俺らを待っている──climbgrowの熱き咆哮。彼らが繰り出す『CROSS COUNTER』には一発で叩きのめされる!

未来は俺らを待っている──climbgrowの熱き咆哮。彼らが繰り出す『CROSS COUNTER』には一発で叩きのめされる!

このアルバムの曲をライヴで披露できることに、やる気が湧いている

ちなみにライヴではもうやってるんですか?

近藤 「LILY」「未来は俺らの手の中」はやってます。

ライヴでの手ごたえはどうですか?

杉野 「LILY」「未来は俺らの手の中」はタイプが違うので。「LILY」は盛り上がりますけど、「未来は俺らの手の中」はお客さんもちゃんと聴いてくれている感じがしますね。

「未来は俺らの手の中」は希望を感じさせる内容ですね。曲に導かれてこういう歌詞になったんですか?

杉野 この曲は歌詞から作りました。ツアー中で、ホテルとかだとギターに触れないので歌詞を書いていたら出来たんです。今回は弾き語りで作った曲が多かった。いつもはスタジオでセッションふうに合わせて歌を乗せていくことが多いんですけど。

ということはある程度、完成された状態でバンドに持っていって?

杉野 そうです、わりと出来上がった状態で。

今回はそのほうがやりやすかったんですか?

杉野 うーん、どちらがやりやすいということもないですね、どっちもどっちというか。

しかも「未来は俺らの手の中」は素直な歌い方、癖のない感じの歌い方ですよね?

杉野 単純に歪み過ぎてても合わへんと思ったので。

明るい内容だから、ストレートに歌ったほうが伝わる?

杉野 はい。

個人的にこだわった部分というと?

谷口 苦労した点はないんですけど、「GOLDEN HOUR」は展開が好きで。2番の終りあたりが好きな展開です。こだわりというか、こうきたらきれいにいくな、こうきて欲しいなというところにうまくハマりました。

近藤 こだわりは、全曲似たような感じにはしたくないので、毎回、曲のイメージを考えます。「BABY BABY BABY」はあえてダサかっこいい感じにしたいと思って、ギターソロをわざとくさい感じに弾いたんです。それがなんかいい感じにマッチしていて。爽やかすぎるのも違うし、ロックすぎるのも違うし、歌謡曲っぽい感じにしたくてやりました。最初に上がってきた弾き語りを聴いて、そこに寄り添っていく感じでした。

今回は、さっきの話みたいに弾き語りの段階から決めていくことが多かったんですね?

近藤 そうです。「GOLDEN HOUR」以外はそうでした。「GOLDEN HOUR」はセッションっぽく、ずっと鳴っているフレーズから出来たので。

田中 僕は「LILY」でいかに疾走感を出すかにこだわりました。ドラムとの兼ね合いで、いろいろ調整しました。

1曲目の「革命を待つ」は、どうしてあんなに短いんですか?

杉野 「未来は俺らの手の中」のイントロという感じで作ったんです。別の曲なんですけど、これも含めて一曲と言っても過言ではないので。

出来たときにそういうイメージだったんですか?

杉野 コードが一緒なので、これをやってから「未来は俺らの手の中」をやったらかっこいいかなと思って作りました。

かなり長いイントロだったんですね。でも、物語が始まる導入部になっていて。6曲ともいろんなタイプだし、聴かせどころが多い内容ですね?

杉野 わりとレンジが広いですね。アルバム通してそういう感じになりました。

『CROSS COUNTER』というタイトルを付けたところから、いい流れで出来たミニアルバムですね。

杉野 そうですね。レコーディングも苦労することなく録れました。予定より早かったのかな。

何日ぐらいで録ったんですか?

近藤 5日もらって、4日で録って。

それは早いですね。それだけ全員のイメージが共有できていた?

杉野 最初から構成を練ったりしていたので。ギターソロが決まってなかったところは、苦戦した?

近藤 その場その場でやりました。構成が決まっていればラクなので。

次に繋がるいい自信作になったんじゃないですか?

杉野 そうですね、次にまたいい作品ができそうです。

そして、10月から全国ツアーが始まりますね?

杉野 やる気が湧いてますね。新曲は全部やりたい。すでにチラホラはやっているんですけど、まだ全曲はやっていないので。

谷口 今回は結構な本数を回るし、新しいところにも行くし、大阪と東京でのワンマンも控えているので、動員を増やしたいですよね。新規のお客さんを増やしたいなと思います。

近藤 茨城、札幌、長崎は初めてなんで、長崎はチリンチリンアイス、茨城は納豆……札幌は魚が食べたい。

谷口 何? 食い物の話なの?(笑)

近藤 いや(笑)、本数が多いので、バテないように頑張りたいです。

(笑)。では最後、田中さんに締めていただきましょう。

田中 全部回って、セミファイナルとファイナルのワンマンで自分たちがどれだけ成長しているか、それを確認したいです。

杉野 いや。「裸でベースを弾きます」って言って(笑)。それをファイナルまでに仕上げたいですって。

一同 (笑)。

杉野 でかい数珠のネックレスと裸でベース弾いてたらかっこええやん(笑)。「あいつがいっちゃん、クロスカウンターやで!」ってなる(笑)。

田中 いやいや! キャラ違っとるやん、それ違う路線(笑)。ツアーを通して成長していけたらと思います。

climbgrow〜「CROSS COUNTER」release tour〜

10月12日(金)滋賀 B-flat
10月14日(日)名古屋 APOLLO BASE
10月16日(火)静岡 UMBER
10月17日(水)千葉 DOMe柏
10月22日(月)大分 T.O.P.S Bitts HALL
10月23日(火)兵庫 神戸 太陽と虎
10月24日(水)金沢 vanvan V4
10月25日(木)新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10月31日(水)札幌 COLONY
11月2日(金)京都 MUSE
11月5日(月)広島 Cave-BE
11月6日(火)香川 DIME
11月8日(木)山口 周南LIVErise
11月9日(金)大分 clubSPOT
11月10日(土)長崎 Studio DO!
11月12日(月)福岡 Queblick
11月13日(火)福岡 小倉 FUSE
12月4日(火)仙台 enn3rd
12月5日(水)茨城 mito LIGHT HOUSE
12月13日(水)大阪 心斎橋 BRONZE(セミファイナル・ワンマン)
12月17日(月)東京 下北沢 SHELTER(ファイナル・ワンマン)

climbgrow(クライムグロー)

杉野泰誠(vocal, guitar)、近藤和嗣(guitar)、田中仁太(bass)、谷口宗夢(drums)。 2012年に結成。「閃光ライオット2014」で準グランプリを受賞し注目を集める。2013年10月に全国流通盤ミニアルバム『Enter Here』を発表。2016年9月に配信リリースされた「BLOOD MONDAY」が「ぱちんこCR蒼天の拳天帰」挿入歌となり、iTunesミュージックビデオ部門デイリーチャート20位を記録。2017年7月にビクターエンタテインメント内のロック部門Getting Better Recordsが新設したインディーズレーベル「Narisome Records」より、『EL-DORADO』、『FREEDOM』の2作品をリリースしている。
オフィシャルサイト

フォトギャラリー
< 1 2