黒選!メディアコンテンツ研究家・黒川文雄がテーマで選ぶ 3+1  vol. 38

Column

マリオだけじゃない!名作揃いの横スクロールアクションゲーム 3+1選

マリオだけじゃない!名作揃いの横スクロールアクションゲーム 3+1選

優しさの感情を持った青いレプリロイド!『ロックマンⅩ』

1993年12月17日にスーパーファミコン向けタイトルとしてカプコンから発売された『ロックマンX(エックス)』。

ファミコンで大好評だった『ロックマン』シリーズの最新作として登場。初代『ロックマン』から約100年後の未来という設定になりました。主人公となるエックスは親友のゼロと共に、ロボットたちの反乱に立ち向かうという、新たなロックマン伝説の始まりとなる作品です。

ステージのボスを倒して、そのボスの特殊武器を取得してほかのステージを攻略して行くスタイルはこれまでの『ロックマン』シリーズと同じです。敵ボスには弱点が存在し、ボスによって有効な武器があります。ボスを攻略する順番を予め考え、取得する特殊武器で戦況を有利にしながら進めるのも歴代『ロックマン』シリーズのお約束です。

『ロックマンX』になったことで壁蹴りやダッシュなど新たなアクション要素が加わりました。とくに壁蹴りによって、ボス戦での立ち回り方や攻略法に幅が広がりました。

敵ボスを倒す毎にその能力を獲得して主人公エックスは成長して行きます。
ライフ制のゲームで、ライフが尽きると1ミスとなる仕様です。ライフアップアイテムを獲得することによってライフを増やすことも出来ます。

また、隠れた所に存在するパワーアップパーツを入手することで強化が可能です。アームパーツを入手すると強力な攻撃の”スパイラルクラッシュバスター”が撃てるようになったり、ボディーパーツを入手するとダメージを軽減出来るようになったりします。隠された強化パーツを探すのもプレイヤーの楽しみの一つとなります。

本作も、アクションとしての難易度はこれまでのシリーズと同じく高めの作品です。やりごたえのあるゲームとして、当時の小学生を中心に人気のあるゲームでした。その人気に後押しされ、『X』シリーズは『X8』まで続き、今年で25周年が経過します。

これを記念して『ロックマンXアニバーサリー コレクション』の1と2が発売。

『ロックマンX1~4』を収録したアニバーサリーコレクション1と、『ロックマンⅩ5~8』を収録したアニバーサリーコレクション2が2018年7月26日に発売されました。対応ハードは、PlayStation4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)です。

さらに、オトクな『ロックマンX アニバーサリー コレクション1+2』という2本セットになったソフトも同時発売されています。

ゲームだけではなく、膨大な資料を揃えたミュージアムモードや懐かしの主題歌なども収録されていますので、当時の熱い思い出を蘇らせてみてはいかがでしょうか?

『ロックマンXアニバーサリー コレクション』オフィシャルサイト

それではよい週末をお過ごしください。See You.

文 / 黒川文雄


著者プロフィール:黒川文雄(くろかわ・ふみお)

1960年、東京都生まれ。
音楽ビジネス、ギャガにて映画・映像ビジネス、セガ、デジキューブ、コナミDEにてゲームソフトビジネス、デックスエンタテインメント、NHN Japan(現LINE・NHN PlayArt)にてオンラインゲームコンテンツ、そしてブシロードにてカードゲームビジネスなどエンタテインメントビジネスとコンテンツの表と裏を知りつくすメディアコンテンツ研究家。コラム執筆家。アドバイザー・顧問。黒川メディアコンテンツ研究所・所長。株式会社ジェミニエンタテインメント代表。
黒川塾主宰。ゲームコンテンツ、映像コンテンツなどプロデュース作多数。
< 1 2 3 4
vol.37
vol.38
vol.39