Interview

羊文学 『若者達へ』と題された初めてのフルアルバムは、誰に向けて、どんな思いが歌われているのか?

羊文学 『若者達へ』と題された初めてのフルアルバムは、誰に向けて、どんな思いが歌われているのか?

羊文学が初めてのフルアルバムを完成させた。『若者たちへ』と題されたその作品は、真摯なメッセージ性を感じさせながらも、それは決して教訓的ではなく、分析的でもなく、もっぱら実感的な高揚や焦燥をクールに、あるいはあっけらかんと描いて印象的だ。
ここでは、その初めてのフルアルバムの制作をメンバー3人に振り返ってもらい、そこに込めた思いや工夫を語ってもらいながら、この注目作が伝える現代的な空気感がはらんでいるものを探った。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

いろいろな曲が入ってるということをちゃんと伝わるようにしたいなということは思っていました。

今回の制作はどういうふうに始まったんですか。

ゆりか 2月の時点で、夏にアルバムをリリースするというのは決まってたんです。決まってたよね?

塩塚 決まってたと思う。というか、最初から決まってたよね。シングル、シングル、アルバムで行こうって。

ゆりか 決まってた。

では、曲作りもアルバムをずっと意識しながら進めてきたんですか。

塩塚 そういうわけもでないです。私たちはCDのために曲を作るということはやらなくて、普段からずっと作ってて、そのストックがいまの段階でいっぱいあるので、そこから順番に出していこうという感じです。

では、今回のアルバムに入っている曲も作った時期はいろいろですか。

塩塚 そうですね。今年に入ってから作った曲もあれば、3年前に作った曲もありますから。

塩塚モエカ(Vo,Gt)

作った順番を確認したのは、過去2作品も含め、順番に聴いてくると、その流れのなかで徐々に変わってきている印象なので、例えば前作を踏まえて今作を作るといった気持ちの流れがあったかなと思ったんです。

塩塚 なるほど。流れを踏まえてというよりは、作品ごとにテーマがあって、1枚目はその時点での私たちがライブでやってる世界が伝わるように、いろいろなタイプの曲を入れました。2枚目は、その時点で自分のなかで流行っていたものがそのまま反映されていたり、本当にやりたいことをやったという感じの作品なんですけど、今回はアルバムということで曲数も多いし、それをどうやってひとつにまとめるかというのが問題としてあるなと思ってたんです。ただ、「若者たち」という、ライブでも昔からやってる曲が自分のなかですごく重要な曲だったというか、すごく存在の大きい曲だからそれをテーマにしたいなと思ったということと、去年大学のサークルの先輩がどんどん卒業していって、私はいまは休学してるんですけど、そうでなければ今度は自分がその学年になって、ここまでずっと学校に通ってたけど、学生生活というものも終わるんだなということに気づいてすごくショックだったんですよ。その後に、アルバムを作るということになったので、そういう気持ちも入れられたらいいなと思って、それでこういう内容になりました。

フクダさんとゆりかさんは、初めてのアルバム制作に向けて、何か考えていたことはありますか。

フクダ まず、メッセージ性の強い曲が多いなと思ってたんですけど…。1枚目は自己紹介的な部分もあったと思うんですが、その次に前作でやりたいことをやってみて、今回はアルバムだし、いまの時点での集大成というか、現状の僕らのすべてを最大限に詰め込めるといいなと思ってました。

ゆりか いろんな曲が入ってるという意味で、私のなかでは1枚目に近い感じなんですけど、そのいろいろな曲が入ってるということをちゃんと伝わるようにしたいなということは思っていました。それと、今回は夏の曲が多いですね。

ゆりか(Ba)

(今回は)基本的にはライブと同じような音作りだったと思います。

サウンドの面で意識したところは?

塩塚 私たちはまだライブが主体というか、これからもきっとそうだと思うんですけど、ライブがまずあって、その後にCDが出るという順序で活動しているから、ライブでこういうふうに見せたいと考えていることをできるだけCDに収めたいということは思っています。ただ、ライブのようにそれだけに集中して聴くんじゃなくて、CDだと歩きながらとか、いろんなことをしながら聴いたりするわけですよね。そうなると、ずっとうるさいと聴いていられないだろうから(笑)、引くところは引くということも考えましたけど、基本的にはライブと同じような音作りだったと思います。

ゆりか レコーディングはとにかく上手く弾いたほうがいいんだろうなという印象があったんですけど、今回は弾くときのアタック感とか勢いとか、全部ライブと同じようにやったんです。音質もライブのときみたいな音にしたし。

それは、誰かからのアドバイスですか。

ゆりか エンジニアの人に「全然ライブと違うね」と言われて…。

塩塚 エンジニアの(吉田)仁さんは、前回と同じなんですけど、前回はまだライブを見てない状況で録ってもらったんです。でも、その後リリース・パーティーに来てくれて「ああ、こういうことなんだ」と納得いったみたいで、だから今回のレコーディングのときには「もっとアタックを強く弾いたら、ライブっぽい音になるよ」と言ってくれたんです。

僕なりに解釈すると、「レコーディングだからって、よそゆきの演奏をしなくていいんだよ」という話かなと思ったんですが。

ゆりか そうですね。ちゃんと強く弾いたほうが自分の色が出るということだと思います。実際、そういうふうにやってみたら気持ちよくやれたし。やっとどういうふうにやればいいのか、わかってきた感じです。

フクダさんは、今回の音作りに関してはいかがですか。

フクダ バンドをやってる人が「かっこいい」と言ってくれるような曲もあるし、バンドをやってないような人が聴いても聴きやすい歌ものがあったり、すごくバリエーションが豊かだなと思うし。それから、ドラムの話になっちゃうんですけど、ライブとは違う機材を使用して、特に「夏のよう」という曲ははっぴいえんどを意識したチューニングでやりました。

前作は曲ごとにチューニングを変えたという話をしてくれましたが、そういうふうに曲ごとにドラムを考えるのはレコーディングならではの作業ですよね。

フクダ 1曲1曲、この曲はこういう感じにしたいとイメージが自分のなかにあって、それに基づいて取り組むということをレコーディングでは意識しているんですけど、それは確かにレコーディングならではかもしれないですね。

塩塚 スネアのチューニングをいつもは超高くしてるじゃん。それを今回、仁さんに「下げてみたら?」と言われて、その下げたチューニングでほとんど録ってなかった?

フクダ そう、大人な感じというかね(笑)。サウンドにすごく馴染む感じになったね。あと、1曲目と10曲目はリバーヴが効いてて、フワーッとした感じになってますね。

フクダヒロア(Dr)

周りの人のことを思って生きていきたいとつねに思っていて…、できてないんですけど、そういう気持ちが曲にも出ちゃうんでしょうね。

ゆりかさんの話にもあった通り、今回は夏を感じさせる曲が多いですが、曲を選ぶ際に「今回は夏っぽい曲を選ぼう」という意識ははたらいていたんですか。

塩塚 それはすごくありました。みんな、あまり気づいてないですけど、私たちは季節感というのはけっこう重要だと思っていて、「日本でやってるんだから、季節を大切にしよう」と私は思ってるんです。だから、ライブでも夏しかやらない曲、冬しかやらない曲があるんですよ。で、前作からMVにもなった「マフラー」をこのアルバムに入れるのがいいとスタッフからは言われたんですが、それは「冬の曲だから」ということで断って(笑)、「涙の行方」にしたっていう。もうひとつ選曲に関して言えば、私自身が大学を卒業するという事実に直面したときに…。別に大学を卒業したから何かがすごく変わるということではないと思うんですけど、それにしても卒業した先のことはわからないから、いままでに考えてきたことのまとめというか、自分が若者というものに対して持っているイメージ、刹那的な考え方とか将来に向かっていく気持ちとか、そういうことを書いた曲を選びました。

自分のなかの若者に対するイメージを書いたということですが、塩塚さん自身が若者ですよね。

塩塚 そうなんですけど…、自分自身のことを書いたのは「ドラマ」という曲で、「若者たち」は2年くらい前に「恋人たち」という映画を見て書いた曲です。その映画に出てくる人たちは、若者もいれば中年の人もいるんですけど、みんな心の中に隙間みたいなものがあって、それでもいちばん大切なものを必死に守ろうとしている映画だなと思って、そのときの気持ちを忘れたくないから作ろうと思ったのが始まりだったんですよ。私は、自分がいちばん大切なものを大切にしたいんですね。“自分が、自分が”という感じなんですけど、でもこの曲の主人公は好きな人がいて、それまでは“自分が、自分が”と思ってきたけど、その好きな人のことを大切にしたいとあるとき気づいて、それまでは自分の名誉とか夢とか、そういうことばかり追いかけて生きていたけど、あるとき気づいたことによって、そうじゃない生き方をみつけたというか…。「若者たち」というタイトルにしたのは、自分のことしか考えないで生きていた若者があるとき気づいて、そこから大金持ちになったりするわけじゃないけど、自分なりの幸せをみつけていこうと決意した日の歌、みたいなイメージなんですよね。

「Step」という曲には♪すこしくらいは優しくなりたい♪というフレーズがあり、「若者たち」には♪優しくなれるように♪というフレーズがあります。つまり、“自分が、自分が”という生き方よりも人を思いやる生き方のほうがより良いということを、その「恋人たち」を見たときにはっきり意識したということでしょうか。

塩塚 私自身が“自分が、自分が”という人間だから、そうじゃなくて周りの人のことを思って生きていきたいとつねに思っていて…、できてないんですけど、そういう気持ちが曲にも出ちゃうんでしょうね。

人のことを思いやるというのは、長年にわたるテーマであるわけですね。

塩塚 だって、それは難しくないですか。

難しいですよね。そのことも含めて、このアルバムは全体的にあるメッセージというか、ひとつのトーンに貫かれている印象があって、それは例えば学生生活のようなあるフェイズが終わって、望むと望まないとにかかわらず次のフェイズに向かわなければいけない局面にさしかかっている人たちの音楽であるように感じます。

塩塚 そうですね。「若者たち」も「Step」もそうです。「天気予報」も自分が思い描いていた未来図と現状の落差というか、うまく重なっていないことに大人になっていく過程で気づいてしまったということを歌ってたりします。私自身が今まさに若者だから、いままで生きてきたり、見てきたりした若者の姿を切り取って描いているんです。そこには未来へ進んでいこうという気持ちや今の恋に感じる幸せ、青春が終わることへの焦燥感など様々な瑞々しい気持ちが込められています。そうした色々をここに詰め込めば、終わってしまう時間を永遠に眺めることができると思いました。これを聴けば、大人のひとは眩しい青春を振り返ることができ、逆にいま中学生や高校生でこれから“若者”と言われるような世代に突入していくような人たちは、“辛いこともあるけど素敵なときかも”と思ってもらえたらいいな、と。そして今まさに“若者”である人たちには、目下しんどくても同じようなことで悩む人の存在に安心したり、あるいはもう戻らない大切な時間なんだと気づいたりしてほしいです。だから『若者たちへ』というタイトルにしたし、全ての世代の人に“若者”というのはどういう時期なのかを改めて考えて感じてもらえるような1枚にしたかったんです。

例えば♪青春時代が終われば/私たち、生きてる意味がないわ♪と歌う「ドラマ」の主人公と、♪僕らはいつでも難しいことばかり考えてダメになる♪と歌う「若者たち」の主人公はかなりイメージが違いますが、どちらが本当の塩塚さんなんでしょう?

ゆりか どっちもあるよね?

塩塚 どっちもある。日によって(笑)。でも、そういうことってないんですか?

ありますよね。

塩塚 「若者たち」を作ってた時期は、曲ができなさ過ぎて、“バンドとか無理! やめてぇ”と思ってたんですけど、そういう時期には静かに隣りにいてくれる感じの曲を聴きたくなっちゃうし、それを通り越して、無理すぎてもうやるしかない!という状態になると、すごく激しいロックを聴いちゃうし。無理すぎてデカいこと言っちゃおうってなることがあるじゃないですか。「ドラマ」を作ってるときは、そういう時期だったんです。自分は無理かもしれないという気持ちも全部忘れちゃって、“私なら一大ムーブメントを起こせるかもしれない”なんて気持ちになることもあって、けっこう落差が激しい人間ではあります(笑)。

さて、初めてのフルアルバムが出来上がりましたが、その出来上がりに対する感想は?

ゆりか なんだか、ずいぶん前の出来事のような感じがするんですよね。

フクダ いろんな側面があって、人間味があって…。僕は“若者”に聴いてほしいですね。というか、前作よりも聴いてほしいという気持ちが強いですね。聴いてもらって、いろんなことを感じてほしいし、何かその人の人生に少しでも影響を与えられたらいいなと思います。

塩塚 いろんな曲が入ってるから、音楽を聴き始めたばかりでまだ自分がどんな音楽が好きかわからないコたちに“こんな音楽があるんだ”というのを知ってもらって、それをきっかけにして自分の好きな音楽をみつけていってほしいなと思っています。出来栄えについては、この時点での最大限は出せましたけど、もうちょっと演奏を上手になりたいなというのはあって、「これからもよろしくお願いします」という感じです(笑)。

その他の羊文学の作品はこちらへ

ライブ情報

『若者たちへ』リリース記念ワンマンライブ『“わたしたち”へ』

8月20日(月) 東京・代官山UNIT

羊文学

塩塚モエカ(Vo,Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピースロックバンド。2012年、高校1年生の時に結成。その後、メンバーチェンジを経て、2017年3月に現体制となり、現在は下北沢、渋谷を中心にライブ活動を展開中。2017年10月、デビューEP.「トンネルを抜けたら」をリリース。2018年2月、2nd EP「オレンジチョコレートハウスまでの道のり」リリース。

オフィシャルサイト
https://hitsujibungaku.jimdo.com

フォトギャラリー