esゲーム記事執筆陣が総力でおすすめする“こだわり“ランキング  vol. 6

Review

『ペルソナ5』忘れられないキャラクター 5選

『ペルソナ5』忘れられないキャラクター 5選

1位 川上貞代 

堂々の第1位は、川上貞代! 主人公が転入したクラスの担任となる教師です。過去の記事で『ペルソナ5』のキャラクターに注目した際に彼女をプッシュしましたが、改めてランキングを考えた今回もやはり彼女を推さないわけにはいきません。

▲一見普通の教師である川上は、ここまでにランクインした女性キャラクターたちのようにキリッとしたビジュアルではありませんが、それもいい、いやむしろ、そこがいいのです

ゲーム序盤から登場する川上は、ワケありの転校生である主人公が自分のクラスに入ると聞いて露骨に嫌がるなど、第一印象で言えばあまり好感の持てるキャラクターではありません。しかし、プレイを進めて彼女の抱えている問題や教師として生徒のことをどう考えているかなど、その姿勢が見えてくるにしたがって、こちらの心はグイグイと彼女に引き寄せられていきます。過去に対する罪悪感から理不尽な状況を抜け出せずに苦労しているその姿には、主人公より年上のキャラクターながら「守ってあげなければ!」という想いが強く刺激されるのです。

▲休日に主人公たちと鉢合わせてウンザリな顔を見せる川上ですが、愚痴をこぼしながらも釣果は上々。少しも釣れないでいた主人公から「師匠と呼ぼう」という発言が出ると……

▲この照れっぷり! アンニュイさから飛び出す赤ら顔には思わず心奪われてしまうというものです

主人公が関わるキャラクターを苦しめている人物たちは、いずれもヒドい人間ばかりなのですが、川上のシナリオに登場する悪人もかなりのクズさを発揮してくれます。詳細は伏せますが、彼女の美徳とも言える責任感の強さを利用しているタチの悪さ、人としてあまりに矮小であまりに低俗な言動には心の底から怒りが湧いてきます。しかしそのぶん、彼女を救い出すことができたときの安堵感は大きく、苦難から解き放たれた彼女の姿はじつに爽やかなのです。

▲無理をしながら気丈に微笑んでみせるところにも彼女の善人さが表れています。悲しくも美しい……!

『ペルソナ5』のキャラクターたちは誰もが魅力的で甲乙つけがたいのは事実ですが、そのなかでお気に入りをひとり選べと言われれば、筆者は迷うことなく川上を……いや、貞代を選ぶでしょう。卑劣な人間に利用されるという悲劇的な状況のなかでも失われない健気さ、初登場のシーンからは想像もできない人間的な美しさを見せる彼女を愛さずにいられるでしょうか、いや、いられない! と思わず反語表現も出てしまうほどに愛しいキャラクターなのです。

『ペルソナ5』に登場するキャラクターの多くは純真さを備えており、その純真さにつけこまれて苦境に陥っています。理不尽な状況に追い込まれているからこそキャラクターの純真さはより輝き、その清さがあるからこそ問題を解決できたときの安心感、カタルシスが大きいのです。

▲本稿で紹介したキャラクターはまだほんのひと握りです。作中にはすばらしいキャラクターがほかにも数多く登場します

現在放送されているアニメで楽しむのももちろんですが、やはり筆者としては、物語を自分のものとして体験できるゲームというメディアで『ペルソナ5』をプレイしていただきたい。みずからの手でゲームを進めていけば、悪人に対する怒りも、そして交流する友人や恋人たちへの感情移入もより一層強くなり、悪人を成敗したときの喜びは例えようのないものとなります。

発売して約2年が経ったとはいえ、ゲームとしても物語としても最新の作品と並べてまったく遜色ない『ペルソナ5』。未プレイの人にはぜひとも触れてほしい作品です。本稿で筆者がピックアップしたキャラクターたちと触れ合えば「本当に最高じゃないか!」となるでしょうし、あるいは「このキャラクターをランクインさせないなんて、わかってないなぁ!」となるかもしれません。しかし間違いなく言えるのは、本作をプレイすれば必ず本作に登場するキャラクターたちの、そして『ペルソナ5』の虜になってしまうだろう、ということです! 

フォトギャラリー

■タイトル:ペルソナ5
■メーカー:アトラス
■対応ハード:PlayStation®4/PlayStation®3
■ジャンル:RPG
■発売日:発売中(2016年9月15日)
■価格:PlayStation®4/PlayStation®3 各パッケージ版 8,800円+税、各ダウンロード版 8,800円(税込)


『ペルソナ5』オフィシャルサイト
http://persona5.jp/

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

< 1 2
vol.5
vol.6
vol.7