Interview

音楽的に音を鳴らすことを極めた、ココロオークション。音そのものが景色となる、革新作『Musical』

音楽的に音を鳴らすことを極めた、ココロオークション。音そのものが景色となる、革新作『Musical』

ココロオークションがメジャー初となるフルアルバム『Musical』をリリース。3枚のミニアルバム制作後、試行錯誤しながらも様々な音楽的アプローチを取り入れて作り上げた、バンドの新たな一歩を記すアルバムの完成だ。“情景を音にする”、という彼らの鮮やかな手法がまぶしい、渾身の一枚に仕上がった。

取材・文 / 岡本明 撮影 / 関信行

景色が見える程度のサウンドでは物足りない。その音が景色そのものにならないと

2016年のメジャーデビューからミニアルバムを3枚リリースして今回のフルアルバムに至るわけですが、この流れは意識していました?

大野裕司 そこまでは意識していませんでした。ミニを3枚出してからフルがいいと考えていたわけではなくて、そのときにストックしていた曲、やりたい曲を並べて見たときに、フルアルバムというパッケージで出したいと考えました。

フルアルバムということになると、意識の仕方は違うと思いますが。

大野 でも、ミニアルバムを作っているときよりも、フルアルバムだからこういう曲も必要だとか、そういうことは意識しなかったんですよ。今ある中で一番いいと思える曲を選んで入れるだけだったので。逆にミニアルバムとかシングルといったパッケージだと、曲数が少ないぶん、全体の流れとか曲調のバランスを考えて調整しますけど、フルアルバムというパッケージだと、そういう制約はちょっとゆるくなって。

粟子真行 懐が深い感じがしますよね。

大野 なので、フルアルバムだからということで曲を選んだというより、曲を出すためにフルアルバムにした感じです。

粟子真行(vocal, guitar)

タイトルの『Musical』は、一般的な“ミュージカル”という意味ではなく“音楽的”ということで、音の羅列に息吹きを与えて芸術作品に仕上げたい、という意識があったそうですけど。

粟子 レコーディングに取りかかったときから言っていましたね。日頃からスタジオでも“もっと音楽的に音を鳴らしたい”っていう意識をメンバー間で共有していて。それをずっと考えながら作った作品です。最初からこのタイトルがあってそうしたわけではなくて、僕らの中にずっとあったものですね。

自分たちが音楽に向かう姿勢とか、キーワードというか?

大野 そうです。

その言葉をあえてここで付けたのは、それだけ強い思い入れがあって、ですか?

大野 真理というと大げさですけど、真理に少しずつ近づいている実感がメンバーそれぞれにあって。モノづくりをするということを俯瞰して見れるようになる、そういう感覚になったのは初めてのことで。モノをつくる人としてそれは正しい進化だと思うし、そういう感覚があったので、タイトルでも大丈夫かなと思って付けています。

井川聡 大野くんから最初に説明を聞いたとき、舞台のいわゆる“ミュージカル”じゃないんだって僕も思いました(笑)。でも、たしかに今の僕らは、自分が出す音に対してこれまでと姿勢が変わってきたんです。考え方、音づくり、それらをひっくるめて音楽に対する向き合い方が変わってきた時期なので、単なる“ミュージカル”の意味じゃなくて“芸術的に”という意味の説明を聞いたとき、なるほどなと思いました。

姿勢が変わってきたというと?

井川 わかりやすく言うと、今まで何となくしていたことを、すべて意識してやるようになったということです。何も考えずに音を出していたのを、こう出すから良くなるとか、こう出すと素敵だなって前より考えるようになってきていた時期なので、そういう意味合いですね。

テンメイ メンバーそれぞれが音楽的に成長したから付けられたタイトルだと思います。アルバムをまとめた意味ではなくて、一曲一曲に物語が詰まっていて。これを伝えたいからこういうふうに音を生かして、だから、こういう曲になっている。一曲一曲が力を持って伝わるようになっていると思います。何よりも大事なのは音楽をつくるということであって、それを題した、いいタイトルになったと思います。このアルバムで僕たちの音楽が見えて欲しいですね。

大野裕司(bass)

冒頭と途中にインスト曲が入る構成ですけど、これもあらかじめ考えていて?

大野 インストをインタールードとして入れたいと思っていて。“ミュージカル”という言葉のパブリックイメージは“演劇”の意味合いもあるわけですけど、もちろん僕らは“音楽的”という意味で付けていますが、同時に“ミュージカル”という言葉からインスピレーションを受けてもいて。舞台のように変化していく流れを作品の中にも作れたらなと思って、幕間の曲を入れました。作戦としては、インストのあとの曲が輝くようにという意味もあるし、アルバム前半と後半を区切る意味もあります。インタールードを入れられるのもフルアルバムの強みだと思うし、純粋に音として楽しんでもらってもいいかなと。そういう表現ができたから良かったと思います。

どの曲も生き生きしてますね。キラキラした感じがあって、全体に明るい印象ですけど。

大野 明るいとかキラキラしたイメージというのは、ココロオークションが内包していて、意図せずとも出てしまうところですね。こちらとしてはイメージしていないんですけど。でも、音の積み方とか、音に景色を与える方法論の中に、そういうキラキラしたサウンドが個性として埋まっているんだと思います。

音に関しては一曲ごとに緻密に練り上げていったんですか?

大野 はい、“景色の見える曲”というのがココロオークションの良さでもあるし、僕らもそういうことを意識して作っていたんですけど。でも、サウンドがどうこうと言っても、聴き手は、歌、つまり歌詞とメロディを聴きたいわけだし、それこそが歌が入っている曲の意味というか……そこで、どうサウンドを聴かせるかというときに、景色が見える程度のサウンドでは物足りないなと思ったんです。景色そのものである音、その音が景色そのものである、という次元にまで持っていってこそ、やっと景色になるのかな、ちゃんと背景になるんだろうなって思えて。その背景の中で歌を聴いてもらうというのがココロオークションらしさになればいいなと思ったんです。だから、サウンドにはそうとう時間をかけて、フレーズ一音一音の選定を細かくやりました。

井川聡(drums)

フレーズそのものですか、音色ですか?

大野 フレーズですね。音色はあとからどうにかなるんですけど、ある程度土台はフレーズで決まるので、どういうメロディにするかということが大事だと思います、景色を出すのは。

そこは難しくないですか?

大野 時間はかかりましたけど、かければかけるほどいいものになることを実感していたので、すべての曲において時間をかけました。ミニアルバムをリリースした過程で出来ていたり、作っていた曲もあったので、制作期間を考えると長いですね。

2年ぐらい、腰を据えて?

大野 そうですね、新曲の中には2年ぐらい前の曲も実際にあります。活動していくなかでいいなと思える曲をどんどんストックしているので、ミニアルバムのコンセプトに合わなくて当時はリリースできていなかった曲もたくさん入ってます。

結果、起伏に富んだ内容ですね。

大野 バラエティに富んでますね。

「妖精のピアス」とか、これまでになかったディスコ調になっていて。

大野 かっこよくなりました(笑)。この曲は、風景とか景色より音のかっこよさ、スピード感、そういうところも欲しいなというところで。こういう曲を作ろうと思って作ったわけじゃないですけど、出来てしまいました。

そうかと思えば、「コインランドリー」みたいに弾き語りメインの曲もあったり。

大野 それもいろんな風景を見せるための曲調の幅ですね。

テンメイ(guitar)

今回ならではの音づくりのこだわりというと?

テンメイ まずは大野さんの作ったデモがあって、そこに向き合うことから始まるんですけど、今回は圧倒的に音が積み重なっていました(笑)。その中で、自分がどう表現しないといけないかというのをすごく考えさせられたんです。自分が担う責任とギターの響きを大事にして、それを広げていかないと納得いくものができないなと思っていたので。でも、言わずとも噛み合う感じが今回はありましたね。いいテイクが録れたと思うとき、これでいいんじゃないかって確認しなくても思える。これまでは大野さんに任せっきりなところがあったんですけど、自分で表現するということや、サウンド面に関しての大野さんとの噛み合いもうまくいったのかな。出来上がった作品を聴いてみても、自分が表現したかったことがちゃんと聴こえるし、うまくいったなと思っています。

井川 今回の音づくりに関しては、大野くんのデモを聴いた段階で、自分でもあれを使おうとかこうしようとかスムーズに思い浮かべることができて、それを落とし込めたと思います。たまたまスタジオにあった小さいタイコを使ってみて、「これいいやん!」っていう奇跡的な出会いもあったり、楽しかったですね。「妖精のピアス」や「ハローグッバイ」とかで変わった音が入っているんですけど、そこで使って遊んでいます。

1 2 >