Interview

黒島結菜×小瀧望×高杉真宙、映画『プリンシパル』撮影エピソードを披露!

黒島結菜×小瀧望×高杉真宙、映画『プリンシパル』撮影エピソードを披露!

小瀧の第一印象は「ちょっと怖かった」(高杉・黒島) 高杉は“ゆるふわ系”じゃなくて“なよだら系”

小瀧さんは映画初出演ですが、「ジャニーズWEST」のメンバーからアドバイスはありましたか?

小瀧 撮影前はなかったんです。でも今は、予告編で使われれている「なんか、おもしれえじゃん」ってセリフを、めちゃめちゃネタにされています(笑)。ライブ会場でも予告編を流させていただいているんですが、メンバーがイジリすぎていたので、そのセリフのところで会場がざわつくんです。映画を見てもざわつくんじゃないかと恐れています…(笑)。でも、いい感じにメンバーに温めてもらっているので、ありがたいです。

プリンシパル

メンバーからの応援は心強いですね。皆さん初共演だと思いますが、会う前と実際のお互いの印象を教えてください。まずは黒島さんについていかがでしたか?

高杉 お会いする前は、物静かな方なのかな? と思っていて、初めて会った時は全然話せなかったこともあり、静かな方だと思いました。でも実際に話してみるとしっかりとしていて、サバサバとは違いますが「Yes」「No」がはっきりした素敵な方だと思いました。

小瀧 最初に見たCMが女の子っぽい印象で、ドラマ『時をかける少女』でもキャピッて感じだったので、女の子らしいイメージでした。それが、お会いしたら、内面的にすごくあっさりしているなと。お会いしてみないと実は雰囲気が大人っぽいとかわからないなと思いました。

プリンシパル

では、小瀧さんはいかがでしたか?

黒島 音楽番組とかで拝見していて“アイドル感”が強い方だなと思いました(笑)。

小瀧 アイドルやらせていただいているので(笑)。

黒島 実際にお会いした時も「キラキラしている」と思っていたら、意外と真面目でした。関西の方なのでノリもよくて話しやすいけれど、ちゃんと考えているんだなって。

高杉 僕は、最初に会ったのは衣装合わせだと思うんですが、自分の人見知りのせいもあるんですが、背が自分より高くてちょっと怖かった(笑)。

黒島 私も思いました(笑)。

プリンシパル

高杉 それと、同い年なので、どんな風に声を掛けたらいいのか…。「尖っていたらどうしよう」とか考えていました。でも、それが全然なくめちゃくちゃフレンドリー。大人っぽさの中にある“場をまとめてくれる方”で、自分は助けてもらいました。

小瀧 恐れ多いです。

高杉さんはいかがでしたか?

小瀧 期待を裏切らない王子感。

黒島 (大きくうなずく)

小瀧 本当に、透き通っていますよ。

プリンシパル

黒島 「和央」そのまま。会う前から“和央だ”って思って、会ったらやはり“そのまま”でした。それと、今日が初めての取材なんですが、言葉のセンスが素敵(笑)。

小瀧 (うなずきながら)いろいろと経験しているからねぇ。

高杉 どういうことよ!ヤダこの時間(照れまくる)

黒島さんは和央の「ゆるふわ系」と弦の「俺様系」どちらがタイプですか?

黒島 自然喋れるのが好きなので「弦」のほうがいいですね。「和央」は影で見て「かっこいい!」って、ずっと拝んでいたいです(笑)。

では、小瀧さん、高杉さんはどちらのタイプですか?

小瀧 どっちかと言ったら「俺様系」ですかね。引っ張りたいタイプで、生意気で上から目線な感じです(笑)。

高杉 「俺様」ではないと思うんですが「ゆるふわ」でもない。どっちかと言ったら「ゆるふわ系」なんだと思いますが、ゆるゆるもふわふわもしてないです。自分でキャッチフレーズをつけるなら「なよだら系」かな(笑)?

黒島 なよっとだらだら(笑)。

「なよだら系」、イメージないですね(笑)それでは最後の質問になりますが、自身の演じた役で、ここだけは「見逃さないで」と思うシーンを教えてください。

黒島 「弦」とふたりで電車に乗っているシーンが個人的に好きなシーンです。「弦」が席を譲ってくれるんですが、そこで、糸真は初めて「弦」の優しさに気づくんです。一瞬なので“気づくか、気づかないか”くらいの反応をしているので是非見てほしいです。

もしかしたら、そこが作品のターニングポイントかもしれませんね。

黒島 そうですね。“あ! 意外といい人なのかも”って、「糸真」が気づき始めるくらいのところなので。

高杉さんはいかがですか?

高杉 靴下見せるシーンですかね。渾身の靴下をはいているので(笑)。

黒島 最初、パッて見せるだけだったし(笑)。

小瀧 何回かやり直したもんね(笑)。

高杉 もうちょっとこんな感じって。角度とか靴下をギュギュッて引っ張り上げて。現場でしか見せられない靴下もあったんです(笑)。

小瀧さんの「見逃さないで」と思うシーンは?

小瀧 「晴歌」との体育館のシーンは、高校生っぽさもありますし、青春っぽい感じで「弦」も正直。「晴歌」の、それを“受け止めるせつなさ”が魅力的だと思います。

プリンシパル

黒島結菜

1997年沖縄県生まれ。2013年映画『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』で女優デビュー。以降映画『ストロボ・エッジ』『あしたになれば。』『サクラダリセット』、ドラマ『ごめんね青春!』『時をかける少女』『アシガール』など多数出演。18年にはドラマ『SPECサーガ完結篇「SICK’S恕乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』(paraviのオリジナルコンテンツ第一弾として4月より独占配信)を控えている。

オフィシャルInstagram
@yuinakuroshima
黒島結菜スタッフInstagram
@yuinakuroshima_official

小瀧望

1996年、大阪府生まれ。ジャニーズWESTのメンバーとして2014年にデビュー。俳優としても活動し、2014年に映画『近キョリ恋愛』に出演。現在、ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ)にも出演中。歌やダンスだけではなく様々な分野で活動の場を広げている。

ジャニーズWEST オフィシャルサイト

高杉真宙

1996年、福岡県出まれ。2009年に舞台『エブリ リトル シング’09』で俳優デビュー。飛躍の年となった2017年は、『PとJK』『ReLIFE リライフ』『想影』『逆光の頃』『トリガール!』『散歩する侵略者』と6本の映画に出演。2018年も本作のほかに『世界で一番長い写真』(初夏公開予定)、『虹色デイズ』(7月公開予定)『ギャングース』(秋公開予定)といづれも主演映画が待機中。

オフィシャルブログ
https://lineblog.me/takasugimahiro/
オフィシャルInstagram
@mahirotakasugi_
オフィシャルTwitter
@MahiroTakasugi_

映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』

3月3日(土・ひな祭り)全恋応援ロードショー

プリンシパル

監督:篠原哲雄
脚本:持地佑季子
原作:いくえみ綾
音楽:世武裕子
出演:黒島結菜、小瀧 望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈、谷村美月、市川知宏、綾野ましろ、石川志織、中村久美、鈴木砂羽、白石美帆、森崎博之
配給:アニプレックス
©2018映画「プリンシパル」製作委員会
©いくえみ綾/集英社

映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』オフィシャルサイト
http://principal-movie.jp/

< 1 2