Review

『スプラトゥーン2』ソロプレイでオススメの遊び方3選

『スプラトゥーン2』ソロプレイでオススメの遊び方3選

3.ハイカラスクエアを楽しむ

アクションに疲れたときには、マルチプレイやヒーローモードを離れ、ハイカラスクエアを歩いてみるのも楽しいものです。

ハイカラスクエアは先に述べた通り、本作の各ゲームモードへアクセスするためのメインメニューのような存在。

ここではほかのプレイヤーが作成したキャラクターがNPCとして登場しており、装備しているギアの構成や、手書きメッセージなどを見ることができます。 

メッセージのネタや内容は十人十色。クールなジョークも、パッション溢れる熱い叫びもあります。しかし書いているのはみな同じ『スプラトゥーン2』プレイヤー。本作を遊んでいる人なら、共感できる内容ばかりです。

手書きメッセージの投稿機能は、ハイカラスクエア内のポストから利用可能です。プレイしていて思うところがあれば、自分なりの手書きメッセージを作成し、ほかのプレイヤーへと届けてみてはいかがでしょうか。

『スプラトゥーン2』プレイ画像 エンタメステーションレビュー

▲タッチパネルを使った手書き機能。コントローラーでの操作で書くことも可能です

『スプラトゥーン2』プレイ画像 エンタメステーションレビュー

▲試しにメッセージを作成してみましたが、筆が滑るうちに、よくわからないものに。とはいえ、世界にはきっと共感してくれるプレイヤーもいるはず……

このほか、ハイカラスクエア内の“イカッチャ”店頭では、本作の楽曲を使用したリズムゲームを遊ぶことが可能です。

たかがミニゲームと侮るなかれ、これがなかなか絶妙な難易度調整。リズムゲーム初心者から上級者まで、誰もが自分のレベルで楽しめます。楽曲のよさもあり、ついつい時間を忘れて遊んでしまう出来になっています。

本作のイカすサウンドを堪能して身も心もリフレッシュし、またつぎのバトルへ挑む英気を養っていきましょう。

『スプラトゥーン2』プレイ画像 エンタメステーションレビュー

▲作中の耳に残るBGMの数々が、いつでも好きなときに楽しめます。リズムゲームに自信のある人は、全曲制覇を目指してやり込んでみては?

どう遊んでも楽しいのが『スプラトゥーン2』!

今回はヒーローモードやハイカラスクエアの散歩など、ひとりで遊べる機能を中心に紹介してきました。

ソロプレイで遊べる要素が充実しているのも『スプラトゥーン2』のいいところ。マルチプレイとは楽しむポイントは異なりますが、本作の魅力を別角度から捉えることで、新鮮なゲーム体験が得られるはずです。

今回紹介した要素をひと通り堪能したあとは、ぜひマルチプレイにも挑戦してみてください。ソロプレイを経由することで、マルチプレイだけを続けていては見つけることのできなかった、また新たな魅力に出会えることでしょう。

『スプラトゥーン2』公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/switch/aab6a/index.html

© 2017 Nintendo

< 1 2 3